僕だけがいない街2巻のネタバレと感想。

僕だけがいない街2巻の概要

  • 18年前に悟が戻ってしまう。
  • 雛月が誘拐殺人にあってしまった月や雛月が文集にてたすけを求めていることについて気づき、雛月を助けるためにアクションを起こす。
    • 過去に雛月をすくわなかったために母親が死んでしまったため、行動を起こそうとする。
  • 悟はいつも大事なところで手をぬいたりして周りとの輪を大切にするところを雛月に偽者といわれてしまう。
  • 加代を救うために誕生日会に誘おうとする
  • 加代が失踪する時期は3月だということはわかっており、誘拐されてしまった日は加代の誕生日の前という事実をおもいだしてことで、加代の誕生日がいつなのかをシロウト必死になっている。
  • 悟が浜田とのスケート勝負において明らかに手を抜いてしまっているというのを雛月にばれてしまい、雛月との距離がひろがってしまい、雛月の誕生日を聞けないという状況におちいってしまっている。
  • 八代の名簿をみることによって加代の誕生日が自分自身の誕生日の3月2日とおなじであるという事実をしり、加代が誘拐されていなくなってしまう日にちが3月1日であるということを知ることになる。
  • 加代と仲良くなるために雛月の家を訪問すると加代が母親からすさまじいほどの暴力を受けてしまっているということを知ることになる。
  • クラスの給食費が盗まれる事件がおきてしまったときに、美里が加代こそが給食泥棒だといっているときに加代をかばったことにより加代の信頼を取り戻した。
  • 加代と雪山にいってクリスマスツリーをいっしょにみにいこうねという約束を交わす。
  • 土曜日に雛月と科学センターにいっしょに行くという許可をとるために雛月家を訪問する。しかし雛月の母は一向にいっしょに言ってはダメだといいつづけて、悟と口論になってしまい、雛月加代に手をあげようとする。
  • 27日に加代と科学センターにいくということに成功したのだが、以前加代と同じ会話をしてしまったということを思い出して過去と同じことを繰り返しているのではないかと不安になる。
  • 白鳥潤と再会して彼が無実だということを実証しようと心で強く決心する。
  • 3月1日に雛月と一緒にいることによって雛月が殺されてしまうという未来を変えようとする。
  • 3月2日において雛月加代の誕生日パーティーを開催する
  • Xデーをクリアしたとおもっていたが、雛月は学校にはこなかった。。
  • 雛月加代を救い出すという目標は達成できないという結末をむかえてしまったのである。これで悟はリバイバルを繰り返すことになっていくだろう。

僕だけがいない街2巻アマゾンレビュー

主人公は28歳の売れない漫画家である藤沼悟。

周囲で事件が起きることがわかると自分の意思に反してでも過去に戻ることができるというリバイバルという能力を保有している。個人的な感想としては雛月を救うには3月2日の誕生日会の後に雛月を自宅に帰すべきではなかった。あの時自宅に帰さず悟の家で雛月を保護していれば助かったのではないだろうか。正直未来で殺されるということがわかっているなら警察に通報したり、悟と母親がタッグをくんで保護するなどいろ色策はあっただろう。結局悟の行動力不足と自分の力だけで物事を解決しようとしたのが悪かったのではないだろうか。未来は一人ではなかなか変えられないという厳しい現実をしることができた巻であった。後々のネタバレになってしまうが、ユウキさんを救おうと思うならユウキさんに未来のことをすべて打ち明けてしまって犯人にならないような行動をするべきだと説得するべきではなかっただろうか。そうすればユウキさんは犯人にならずに済んだというのになあと思った。未来という者は一人ではかえられないものだなと。この主人公はなにもかもひとりで解決しようとするところが欠点なんじゃないのかなと。でも何度でもリバイバルできるので、失敗すればやり直せばいいので、なんの問題もないんじゃないのかなと。

悟が成し遂げようとしていること。

  • 過去にした行動を変えてみればみらいもかわるんじゃないのだろうかとおもって今は違うアクションをおこしているということ。
  • 失踪事件の前にリバイバルしたからには自分がやらねばならないことがある。
  • 白鳥潤さんことユウキさんは絶対にむざいだから救わなければいけない。という使命感がある。

正直無罪の人が捕まってしまっているという状況を変えてほしいなとは思いますし、

真の犯罪者である八代がのうのうと生きてしまっているというこの状況は許しがたいですよ。悟が行動するかしないかで生き残ることができるひともいるわけですから、行動しなければならないという使命感に駆られてしまうという気持ちもわからなくはないですよね。結局自分が行動することが母親や誘拐された3人を救う唯一の手段ですから。

それしてもユウキさんは子供が好きというだけで警察に捕まってしまうというのはいささか不憫なんじゃないかと。証言だけで有罪にされたかわいそうな人なのかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする