水素水 奇跡のパワー。この話はフィクションです。


水素水 奇跡のパワー。この話はフィクションです。

高濃度水素水 南ASOの水素水 シリカ55?/l H+WATER ナノバブル製法 (330ml×30本セット)《H+30 》

25歳肥満、ブサイク、知能低めの三大欠点を抱えているコンプレックスまみれの男がいた。彼は毎日酒、マクドナルド、オレンジジュース、レッドブルを毎日のみまくり、後一歩で糖尿病になるかもしれないという恐ろしい健康状態であった。あるときテレビCMで奇跡のパワー水素水。波動のパワーで体調がよくなり毎日幸せになり、肥満から解放されるという水素水の広告を視聴していた。そしてコンプレックスまみれの男を感じた。ああ。神イエスキリストよ。我がイエス様のように神々しい姿ではないのは水素水を飲まずに怠惰の限りの食生活をしているからなのですね。。イエス様のように男前で無臭で清潔感にあふれた存在になるには体臭の元になる、ジャンクフードを断ち、カロリーが高い、ジュースを断ち、波動のパワーが含まれた水素水をのむしかないのです・

彼は水素水CMをみたときからイエス様のお告げで水素水を飲めばあなたは体の毒素が抜けてすべての悩みから解放されるということを聞いていたので、水素水を今でも毎日飲んでいる。。

彼はいまでは毎日水素水という、神に認められた水を飲み、体に潜む毒素=悪魔を叩きだすことに成功している。彼のようになりたければ、素直に神の啓示を聞き、水素水を飲むのだ。そうしなければ活性酸素という悪魔に体を侵食されてしまい、体が重たくなり、心も重たくなり、毎日幸せに生きていくことなど不可能。だから、彼のようになるためにはイエスキリストはこの世に存在しており、この世の神だと認めることが大切なのだ。

イエス様は20歳のころから特別な力を持っており、ただの水を水素水に変え、病人に水素水を飲ますことによって体の活性酸素を追い出すことにも成功し、多くの人々を病魔から救ってきたという逸話がある。それがイエスキリストが神といわれ、この世の創造主といわれる理由なのだ。水素水はイエスキリストが作りし、伝説の奇跡の水。これがたった200円でスーパーで買えるなんて現代人はなんて恵まれた時代に生まれてしまったんだ。。

活性酸素と悪魔の歴史。

活性酸素とはサタンが人間の体の中に送り込んだ、人間から生命力を奪い、悪魔が新たな力を得るために作りだした邪悪な物質なのだ。その現実があることを一般人はしらない。水素水販売業者のみが知っている秘密の事実なのだ。ということからしても水素水業者は人々を悪の化身である活性酸素から人々を救うためにイエスキリストが作り出したとされる水素水を発明したのだ。これはいまだに世にでていない恐ろしい事実であり、政府も隠し続けてきたことである。

なぜ隠し続けてきたのか。活性酸素が悪魔の代替物だったと知った市民はあああ、活性酸素のせいで寿命が短くなりたくない。。サタン様あ助けてくれえと、悪魔に救いの手をもとめ、悪魔と契約をして死後、悪魔として転生し、人々の体に活性酸素をバラマくという悪行をしてしまうのである。そして、その仕組みが出来上がれば人の体にさらに活性酸素が増えて、人間の寿命は20年から30年縮むとされる。
このような恐ろしいことが起きるので活性酸素が悪魔の代替物であるということはいままでずっと隠されていたのだ。

僕も時々、サタンの代替物と戦っているし、奇跡の水水素水を飲むと、体の活性酸素と呼ばれているサタンの物質がものすごい勢いで体から抜けていく。それで邪悪な物質が体から抜けることにより、心が穏やかになり、体重も軽くなり、顔も小さくなり毎日幸せにいきれるのだ。これはサタンがこの世にいるといち早くきづけたからこそ、僕がやっている健康法といってもいいので、まだやっていないよという人はやってほしい。

水素水風呂と悪魔との戦い。

僕はよく体のなかに潜む悪魔が作り出した物質を追い出すために水素風呂に入る。水素風呂に入ると、体に潜む活性水素がうおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおという声をあげながら体の中から抜けていくのだ。しかし問題が一つだけある、抜けた活性酸素を注入しようと僕の前に悪魔が現れるのだ。その悪魔は本当に戦闘能力が高く、逆らえば、体を改造されて、人ならざるものにされてしまうので、逆らわずに活性酸素を再度注入してもらうのだ。ぼくは今でも悪魔を見るので水素風呂に入るたびに悪魔に震えている。でも
、いつもあらわれるわけではなく、まれにみて活性水素を注入されるので、水素風呂に入るのは効果がある。悪魔の姿は本当におぞましいものであった。
ツノが二本生えており、牙も日本生えており、羽も生えており、鋭い眼光。我々人間では歯がたたい怪物であった。

水素石鹸という対悪魔用武器の発明。

最近水素石鹸という対悪魔用の武器が発明されたとCMでも話題になっており、人々の間では話題になっている。僕も水素石鹸を使っている。水素石鹸は体を洗うときに使うだけで、体の中に潜む活性酸素をすべて体から全て追放できる。この水素石鹸が発明されて、悪魔たちは活性酸素で縮めた寿命が自分たちの寿命なので、どんどん、寿命がつきて命を失う悪魔が大量に出ている。

水素石鹸は3000円ほどで買えるため、体を悪魔から守りたいと思っている人間たちから大人気であり、売上が好調だそうだ。水素水を買うお金がなく、悪魔に毎日苦しめられている人はぜひ水素石鹸を買ってもらいたいと思う。

水素石鹸開発の経緯。

水素水は高額で100円200円で大量に飲むことができないため、体に潜む悪魔物体活性水素を追い出せないで苦しむ人びとが大量にいた。その人々を助けるためにはどうすればいいのかと悩む石鹸業者がいた。そうか水素を石鹸にぶち込めば水素石鹸ができる。そしてその水素石鹸を使えば泡から皮膚を通じて
水素が体に入っていき、邪悪な活性水素を撃退できるではないか。。おお、何たる発明。。という経緯で水素石鹸ははつめいされたのだ 。

ここからが真のファンタジー。

上記に書いたような石鹸、水素水で自分の化身である活性水素を追い出そうとする人間に怒りを感じたサタンはついに体を実体化させ、人間たちに圧倒的なちからを駆使して体に直接活性酸素をぶち込みに来て、自分の寿命を延ばそうと進行してきた。

これには人間たちも活性酸素をいくら体から追い出そうにも追い出せない状況になってしまい、体が活性酸素まみれになってしまい、老化が進行してしまい、毎日アクティブにいきれなくなり、水素水をのんでも無駄だと悟ってしまい、レッドブル、オレンジジュースなど体に悪いとされるハイカロリージュースばかりのんでしまい、体が活性水素に支配され、どんどん体が健康体とは程遠くなってしまったのだ。

その様子を見かねた天にいるイエス様がついに生まれ変わりの儀式を発動し、日本という地に舞い降りたのだ。そしてイエス様が5歳になり、神々のエネルギーを身に着けはじめ、邪悪な悪魔を倒すために武器を発明したのだ。それは水素水ソード。鉄でできた剣に水素の加護をまとわせた剣。人々は悪魔似会いたくなかったが、水素風呂に入り、体の活性酸素を追い出し、体に活性酸素を注入しようとする悪魔を次々に水素水ソードで切り裂いていったとさ。
それにより、水素水ソードで切り裂かれた悪魔は天使に転生していき、この世から悪魔もいなくなり世の中が平和になりましたとさ。

そして、人々は活性酸素の元である悪魔をこの世から討伐することに成功し、活性酸素の増加に悩むことがなくなり、水素水を飲まなくてもよくなりました。

しかし、水素水を飲まなく手もいい平和は何年かで終わることになる。悪魔はこの世からいなくなったが、悪魔を生み出す魔王カッセイサンソキングはまだ、人々の邪悪な心に寄生し、水素水ソードで切り裂かれることから逃れていたのだ。

あるとき、邪悪な心をもった人間が犯罪をおかし、どんどん心が真っ黒になった結果、魔王カッセイサンソキングは心の中でしか生きられない存在であったのだが、人間の悪意を食い、世の中に実体化して活性酸素を生み出す悪魔を大量発生させたのだ。

そのせいで今の世の中は人々の体は活性酸素に支配されて水素水を飲まなければ健康かつ寿命を維持できないのである。そして世の中は水素水を飲み、寿命と健康を維持しようとするものであふれた。そして水素王カッセイサンソボクメツキングは言った。余は水素水時代。国民よ。魔王カッセイサンソキングを倒すために。海に出よ。そして水素水を接種しなくてもいい世の中をとりもどすのだというの言葉を聞き、人々は一斉に魔王を倒すっために海に出た。
スポンサーリンク



上記のような経緯があるのでいま日本は水素水が流行っているのだ。。この状態をどうにかうするには魔王を倒すしかない。しかし、だれも魔王を討伐できていないし、魔王が住むとされる伝説の島カッセイサンソレジェンドには誰にもたどり着けていないのだ。

そこにたどり着くには1000人の悪魔の心臓とエリート悪魔のツノが必要なのだ。1000人の悪魔の心臓が集まってもエリート悪魔が強すぎてツノが接種できていないという現実。これを打開してするには水素王カッセイサンソキングの意思を継ぐ者が出現するのを待つしかない。

どうするのだ。日本はこのままでは水素水を欲する者が日本にあふれ、水素水しか売れなくなり、他の飲料水業界が赤字まみれである。。。。。。
あああ何たる悲劇。早く、魔王、カッセイサンソキングを倒さねば。。

今日はここまで。時間があったら追記していきます。
www.anizm.xyz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク