ブログでフリーランスになることで一番やばいこと。

ブログでフリーランスになることで一番やばいこと。

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)
ブロガーで生き残っていける人はリンクを貼りまくらずに自然リンクを集められてはてなブログというレンタルブログではなく、ワードプレスという自分の庭で特化ブログを作って単価の高いキーワードで上位表示して月100万稼げる人のみ。

これができない人っていうのははてなブログのサービスが終了した時点で再起不能だし、はてなのようにバズりやすい仕組みがないワードプレスではどうやったら検索順位を上げていいのかわからなくなってしまい、はてなブログでブログ運営していた時はアクセスが増やせていたのにワードプレスで運営した瞬間アクセスが増やせなくなってしまう。

だったらどうすればいいのという人向けに。

他のブログを圧倒するコンテンツを作っていけばいいだけ。最近本当にリンクが効かなくて長文で中身があるサイトで検索上位が埋め尽くされているということはプロブロガーで飯を食っていきたいなら最低でも10000文字、最低でも20000文字を書いていけばいいと思う。

個人的な分析だけど今上位表示されていてあまりリンクが張られていないサイトの文字数が10000文字ほど、彼らと同じ文字数記事を書いても検索順位で負けてしまうことがあるので、40000文字は書いておこう。

一日20000文字かけるようになれば2日で40000文字コンテンツが出来上がり、他サイトにコンテンツで負けることはない。

長文、駄文は書く意味がないという人もいるけれど、現に駄文だろうが、長文長文が上位表示されている流れがきているのだからこのビッグウェーブにのるしかないでしょ。

この手法だとリンクを貼らないので質の低いリンクでサイトが飛ぶ恐れもないので、安心してブログ運営できるのでお勧め。僕もこの手法でワードプレスで特化サイトを作っていきます。
スポンサーリンク


最後に、
はてなブログがなき後に生き残れるのはコンテンツブロガー。一日10000文字すらかけないならプロブロガーなんて目指さずに、他のことでも収益を上げる方法を模索したほうがいい。この業界はガチでブログに執着している人のみが成功していると思う。

執着しなくても利益率が高い商品の記事を毎日1記事継続に書いて、それなりのコンテンツが書ければ、誰でも利益を上げれる時代が来ていると感じている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク