奥田 愛基について言いたいこと。

奥田 愛基について言いたいこと。

SEALDs 民主主義ってこれだ!

現在の日本では沖縄にアメリカ軍基地があるおかげで中国、韓国、その他の国の抑止になっているし、アメリカ軍基地がなければ自衛も全部自分たちでやらねばいけないので、莫大な防衛費用がかかってしまいます。ということからしても日本の防衛上、アメリカ軍基地は必要不可欠。そして、アメリカ軍基地があるおかげで自衛隊は戦地にいかなくて済んでいるし、憲法九条を維持できている。そういう現実を無視して、アメリカ軍基地は沖縄にでていけ。集団的自衛権反対と奥田愛基君は発言している。後、集団的自衛権に反対するならアメリカ軍基地のおかげで憲法九条が維持されている現実を直視して、アメリカ軍基地を日本にもっと増やすべきといわないと論理的におかしくなってくる。アメリカ軍もいらない、憲法九条改正にも反対ということを実現したら、尖閣があっという間に中国に占領されて、そのうち沖縄も中国固有の領土とかいいはじめてとられてしまう現実がある。結局、アメリカ軍基地を追い出したら自衛しないといけないので憲法改正は必須になってくるし、アメリカ軍基地を沖縄に残せば憲法九条を維持できるなど、どちらか一方を欲すれば、どちらか一方を捨てざる得ないということなのです。憲法九条も維持、アメリカ軍もいらない、中国にも攻撃されないというすべてがそろう平和の世の中はぜったいに来ない。俺はそう思う。

後、学生なんだから政治活動に夢中になってデモしている暇があったら勉強の一つや二つや自分でビジネス立ち上げたり、夢のあることをやったほうがいい。デモやったって政治は何も変わらないのだから。本当に政治を変えたいならしっかり勉強してしっかりじぶんで ビジネスをやって成功して、人間として何倍も成長してから政治活動をしたほうがベスト。能力が低いのに、政治活動しても現状をなにも変化させることもできないし理想を語っておわるだけ。
ビジネスの世界もそうだけど、理想だけでうまくいくほど甘くないし、自分の能力というのも成功するかしないかに大きくかかわってくる。

しかもシールズの奥田 愛基は安倍首相に馬鹿かと言い放つなど、自分より歳が相当上で社会人経験も豊富な人に対して尊敬の念もいだかないなど人間的に問題がある。本当にシールズは怖いもの知らずで無知な共産主義のバカがデモをして、人をののしるだけの団体。本当に戦争が起こるのは指導者がすべて悪いのはなく、その指導者を支持した国民もわるいのだから指導者がすべて悪いというのはおかしいと思う。戦争できる国家である国であっても平和な国はいくらでもあるし、指導者が戦争しないように外交をしていけば憲法九条がなくても安全な国作りはできる。そして、日本が竹島を韓国にとられた時もアメリカは何もしてくれなかったので、沖縄のアメリカ軍も実は役にたたない現実がある。そう考えると集団的自衛権から憲法を改正していく流れはおかしくないのかなと思う。

僕は思うんだよ。政治でもそうだけどどれか一方を選択すればもう一方を失う。なにもかもそろう理想なものなんて存在しないということに。それに気づいてしまうとデモをしている人をみるたびにあなたたちの希望が叶えば、他の人の希望がかなわなくなるというのに、他人の不幸を考えない人たちなんだなと。この具体例で多いのは沖縄にアメリカ軍基地はいらないと発狂している方々。アメリカ軍基地がなくなったら、憲法九条を改憲して自分の国は自分で守らないといけなくなり、軍事費にいまよりも多くの金を使わないといけなくなるし、自衛隊員も戦地にいって命を失うことになる。そういう事態を招くということも考えずにアメリカ軍はあああああといっていると思うとこの人たちはなにも考えてないんだなと思う。

最近、奥田愛基がつくったかどうかはしらんけどシールズ琉球というのもあるらしい。活動内容は沖縄にアメリカ軍基地はいらないという内容だそうだ。
それってただのヘイトスピーチだよね。アメリカ軍が犯罪を起こすからでていけ。すなわちアメリカ人は犯罪犯すとんでもない人種だといっているのと同意なんだからそう考えれば考えるほどただのヘイトスピーチじゃねえかと思うわけです。
スポンサーリンク



最後に、
シールズ奥田愛基君の本質はアメリカ軍は日本に要らない出て行けというヘイトスピーチをする差別主義者でもあるし、憲法九条改正反対集団的自衛権にも反対といい、指導者がしっかりしていれば戦争にならないということすら考えられない思考停止人間だというのはいうまでもない。
そしてシールズ全般に言えることなのだが、自分と考えが違う人の価値観を認めずに人を罵倒しすぎ。デモの前に年上への敬意と、他人の価値観を認めることをしていかないと、視野が狭くなるし、自分の価値感がすべてと思うとんでもない人間になってしまう。だからもっと寛容になりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク