結婚式という儀式。

結婚式という儀式。

結婚式を開くには400万以上のお金がかかってしまう。
女が皆に自分の花嫁姿を自慢するためだけに
男は400万という1年の年収を支払い結婚式を開くのだ。
自慢とか見栄とかのために男が1年という時間を使って儲けたお金が
結婚式という私たちしあわせでしょという皆に
自慢するためだけの儀式に使われ、一日で400万が吹き飛んでしまうのだ。
400万あれば将来の子供が大学に行くための費用として貯金したり、
夫婦二人で海外旅行にいって素晴らしい思い出を作れるというのに、
糞下らねえ結婚しました幸せ自慢にお金を使うのは本当にもったいない。
まあ、
結婚式挙げて人に自慢する>子供の大学進学費用>海外旅行と優先順位がなっているから
皆結婚式を挙げてしまうのでしょう。
確かに結婚おめでとう、これからも幸せにといわれるのは気分がいいし、
結婚式を開けばその場では主役になれるので優越感も得られるし、
開きたくなる気持ちもわからなくはない。
個人的にはそんなくだらない自己満足、自己アピール幸せ自慢のために
一年労働して汗と涙の結晶で稼いだ金を捨てるべきではないと思う。
そして
400万というお金は1年という時間を犠牲にしてえられる対価であり、
400万円がたった人に認められるための一日と同等になるわけがない。
そういう犠牲があって400万というお金がようやく手に入ると思ったら
女性も結婚相手の男に結婚費用400万出させて結婚式を挙げようという気持ちにはならないはずだ。
スポンサーリンク



最後に、
結婚式とは俺たち私たちが幸せだよと他者に自慢するだけの儀式であり、
結婚相手の男の1年働いて得た金を一日で浪費してしてしまうとんでもない遊び。
そういう現実を男はわかっていながら結婚相手の女に気に入られたいがために、
結婚式を開いてしまい400万円を一日で失ってしまうのだ。
本当結婚式なんて開いたって手元には何も残らないし無駄極まりない。
結婚式を開くぐらいなら400万の車かったほうがまだまし。
車なら不必要だと思えば売れるし何も残らないということにはならないから。
結婚式にいくたびに思うのだけど、愛し合って幸せならもうそれでいいじゃないか。
結婚していないみじめな友人を呼んで、俺たちは幸せだ自慢をされても
呼ばれた方からしたら俺はこんなふうに本気で愛せる女性もいないしみじめだーと
思ってどんどん憂鬱になるだけだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク