早稲田大学は情報商材詐欺師増産大学か。

早稲田大学は情報商材詐欺師増産大学か。

f:id:akihiro5:20160329035452j:plain
早稲田大学といえば、
最近出てきた八木仁平、イケダハヤト、与沢翼という三大情報商材詐欺師がいる。
ということで彼らがどうやって利益を上げているのかということについて書いていこう。
イケダハヤトといえば昔はブログで年収150万でまったり暮らしているといっていたが、
いまではブログで儲ける方法をnoteでうって荒稼ぎしたり、
ちゅうはやサロンとかいう有料塾を開き、情報弱者からお金を巻き上げて、
イケダハヤトのブログ塾という有料塾も同様に情報弱者からお金を巻き上げている。
イケダハヤトはnoteで3000円でブログで稼ぐ方法を売ることによって
他の情報商材より安くてお得で買ってもいいかなと信者に思わせて
購入させて大きな利益を上げているといっても過言ではない。
有料サロンも月額6000円で習い事くらいの値段なので、
誰でも払える値段なだけに入会する敷居が低い分、
有料サロンに参加してしまう人が多くいる。
彼は会社に勤めない生き方している俺ってすごいだろとブログでいつも自慢しているが、
やっていることは糞の役にもたたないブログで儲ける情報を売っているだけの始末。
会社に勤めて社会の役に立つ仕事をしたほうがまだ有意義な人生なんじゃないのかと思ってしまう。
そもそも自己実現できないことを仕事にしてフリーになっても
何のために会社を辞めたのかもわからなくなってくるのでする意味はないと思う。

次に与沢翼について書いていこう。
与沢翼といえばアフィリエイトで儲ける方法という情報商材を高値で売りつけて
億マン長者になった詐欺師中の詐欺師である。
彼もイケハヤと同じ早稲田であり、早稲田っていうのはこうも胡散臭いのが
多いのかと思ってしまったりする。
彼自身年収3億も稼いでいなかったにも関わらず、
アフィリエイトで3億儲けているという金持ちのふりをして
情弱にほんとに稼いでいるすごい人がいるんだなと思わせて
情報商材を買わせるというスタイル。
そして情報商材が売れるうちに嘘が本当になる。
しかもその商材をかったバカ達は
与沢塾3期生のOOです。とユーチューブに動画を上げて
情報商材を買わせようと必死になっている。
そういう姿をみると情報商材を買った人にも同情できなかったりする。
結局自分を信じて情報を買ってくれた人を稼ぐことにできる人間にできなかったし、
その信者が情報商材を売って他の人から金を巻き上げようとしているのをみて、
クズがクズをだまして、だまされたクズが自分よりバカなクズをだまそうとしているんだなと感じた。
どちらにしろ与沢翼が詐欺師なのには変わりがない。その商材に再現性がないのだから。

最後に八木仁平君。
彼のブログ39マン円の内約を教えますという記事を読んだけど、
中身がスカスカでびっくりしたわww。
そもそも50万PVじゃあアドセンスびっしりはって8万稼ぐのが限界だろうし、
彼のブログを見たけどA8なんてどこにも張ってない。
要するに39マンのほとんどの収入がブログコンサル笑とnoteの売り上げによるものだろう。
それに気づいてないバカなはてな民が彼をブクマで頑張ってくださいと応援しているのは
いささか滑稽に見えてしまう。
正直彼も数年たてば与沢翼やイケダハヤトクラスの詐欺師に成長するだろう。
ほんとに何度も言っているけど、ブクマコメントで就職したほうがいいよっていう
人がたくさんいるけど、役に立たない情報を売るのをやめなといったほうが
彼がコメントを見たときに精神的なダメージを与えられるだろう。

自分の言いたいことを最後に簡潔にまとめると
情報商材販売で有名な人が3人も出ている早稲田大学はある意味すごい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク