これだけは読んでおきたいおすすめ漫画を紹介します。

これだけは読んでおきたいおすすめ漫画を紹介します。

第1位 GTO
GTO(2) (週刊少年マガジンコミックス)

GTOとは優羅志亜大学卒業の鬼塚英吉が生徒の抱える心の闇を解決していく。ということでGTOを絶対に読んだほうがいい理由についてもかいていきたい。

☆GTOを読むことで、正義とは何であるかを理解することができる。

☆鬼塚英吉が強くて優しくてかっこいいキャラクター。俺もこんな男になりたいと思える。

☆鬼塚英吉が他人である生徒のためなら命も張るところに憧れる。鬼塚英吉に憧れることで、人のためになることを少しは使用かなと思うようになる。

☆いじめの解決方法についてすべて書かれている。

第2位 おおきく振りかぶって
おおきく振りかぶって(27) (アフタヌーンKC)

王道野球漫画というよりは新感覚野球漫画といえる作品であり、野球の魅力、野球の面白さがふんだんに詰め込まれている。

第3位 彼岸島
彼岸島(1) (ヤングマガジンコミックス)

吸血鬼VS人間を描いた作品。ということで彼岸島を絶対によんだほうがいい理由についてかいていきたい。

☆吸血鬼が鬼畜すぎる。鬼畜過ぎる描写をみているとこんな糞みたいなやつにはなりたくないなあ、これからの人生もっとまともに生きようと思う。

☆吸血鬼になって血をすわないと邪鬼に変態する→邪鬼は戦闘能力が高く最強の存在であるので、俺も吸血鬼になったら血を吸うのをやめて
邪鬼になって最強の存在になってやるぜと妄想しはじめる。

☆彼岸島にはまるともし吸血鬼になったらどうやってこの日本で血液を確保しようかと真剣に考え始める。。

☆永遠の寿命について深く考えるようになる。

第4位 ワンパンマン
ワンパンマン 10 (ジャンプコミックス)

サイタマという一撃でどんな怪物でも倒せるヒーローが大活躍する漫画。ということでワンマンマンを読んだほうがいい理由についてかいていきたい。

☆ワンパンマンとは強さとは何かと考えさせてくれる名シーンが多く存在するので、読んだほうがいい。

☆人間から怪人に進化する手法のヒントをつかむことができるので、絶対に読んだほうがいい。

☆サイタマのような一撃で敵を葬り去るパンチを手に入れたいと思い、筋トレをするようになるので、マジで読んだほうがいい。

☆ジェノスみたいな全身サイボーグになって永遠の寿命がほしいと思うことも。。

第5位 グラップラー刃牙。
グラップラー刃牙 1 (少年チャンピオン・コミックス)

範馬勇次郎の息子範馬刃牙が最強を目指す物語。ということでグラップラー刃牙を読んだほうがいい理由について書いていく。

☆とにかく愚地克巳の空手界の最終兵器という響きがかっこよく聞こえて空手を習いたくなる。空手を習えば、自分に自信がつくし一石二鳥

☆ジャックハンマーのステロイドパワーのシーンを見ていると、どんな手段をつかってでもマッチョになりたいと思い始める。思い始めた結果、筋トレをし始める。

☆グラップラー刃牙を読めば、眠っていた闘争心が呼び起こされる。

☆グラップラー刃牙を読めば、強いやつと戦いてえと思い始める。その結果、弱いものいじめをしなくなる。

第6位 ブラックジャックによろしく
ブラックジャックによろしく 1

研修医斉藤 英二郎が医療の様々な部分に触れていく。ということでブラックジャックによろしくを読んだほうがいい理由について書いていく。

☆ダウン症は不幸か否かという回があり、ダウン症の人について深く考えるいい機会になる。

☆精神疾患患者のことを描いている回があり、精神疾患に自分がなったらどうするのかについて考えるいい機会になる。

☆ガンという病の恐ろしさについても描かれている。自分もガンで命を失うかと思うと震えがとまらなくなる。

☆肝臓移植で人を救うことについても描かれている。自分も大切の人を救うためなら移植でもなんでもしようという気持ちになった。

第7位 はじめの一歩
はじめの一歩(115) (講談社コミックス)

はじめの一歩とは幕之内一歩がボクシングと出会い、人間として成長して行き、世界チャンピオンを目指す物語である。ということではじめの一歩を読んだほうがいい理由について書いていく。

☆はじめの一歩で描かれているボクシングとはまさに弱肉強食の世界。はじめの一歩という漫画を読むことで、こんな弱肉強食の世界があるんだという新たな発見になる。

☆才能がにものはボクシングをやっても世界チャンピオンになれないということを教えてくれる漫画。

☆俺もボクシングやりてえと思い始める。

☆ボクシングの世界王者になって世界の頂をみてみたいとか重い始めることもある。。

第8位 ドラゴン桜
ドラゴン桜(1) (モーニングコミックス)

ドラゴン桜とは未来ある高校生が一年で東大に合格することを目指す漫画である。ということでドラゴン桜を読んだほうがいい理由について書いていきたい。

☆受験生のうちにドラゴン桜を読むと俺も東大に入学したいと思い始める。その結果、本気で受験勉強に取り組む。

☆ドラゴン桜を読めば、俺も頑張れば東大に入れるかもとポジティブになり始める。

☆受験とは効率というキーワードが頭から離れなくなり、効率を重視する生き方をしはじめる。

☆東大卒というプラチナチケットがほしいと思い始めて、東大以外の大学にはいきたくないと思う。

第9位 闇金ウシジマくん。
闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス)

アウトローの世界を描いた漫画。ということで闇金ウシジマくんを読んだほうがいい理由についてかいていきたい。

☆闇金ウシジマくんを読めば、債務者の悲惨な末路を知ることができるので、安易に借金しなくなる。

☆情報商材に関して触れている回もあり、情報商材を安易に買わなくなる。

☆とにかく、うしじまくんに登場するおかしなやつらが恐ろしい過ぎる。こんな恐ろしいやつに恨みを持たれないためにも、いつも謙虚に生きようと思い始める。

☆ 闇金ウシジマくんは人の本質がしっかりと描かれた漫画なので、人とはこんなに信用ならないんだなと思い始める。

第10位 トリコ
トリコ 41 (ジャンプコミックス)

トリコとは凄まじい猛獣を狩り、凄まじい猛獣を料理して食べることを描いた漫画。ということでトリコを読んだほうがいい理由についてかいていく。

☆トリコを読むことで、うまいもの食べてええええと思い始める。

☆トリコを読むことで、食事はうまいものを食ってナンボという思考に変化する。

☆とにかく、捕獲レベルが高い猛獣を倒したいと思い始める。

☆トリコを読むことで、食に関する興味がでてきて料理が趣味になる。

第11位  柔道部物語。
柔道部物語(4) (ヤングマガジンコミックス)

柔道部物語とは柔道部がいかにしごきが多く、危険な場所かと描いた漫画。ということで柔道部物語を読んだほうがいい理由についてかいていく。

☆柔道部とはしごきが蔓延している恐ろしい場所だということを知れる。

☆俺も柔道やり手ええと思い始める。

☆背負い投げこそ柔道の花の技だなと思い、背負い投げの練習をし始める。

☆やっぱり、男の青春は武道よと思い、柔道を習い始める。その結果、心も体も鍛えられて強い男になれる。

☆僕もこの作品を読んで、じゅやろうかなあと思ったのですが、結局は

第12位 ショー☆バン
ショー☆バン(16) (少年チャンピオン・コミックス)

中学野球を描いた野球漫画。ということでショー☆バンの魅力について書いていく。

☆様々な個性をもった投手が登場する。

☆中学野球の空気ってこんなもんなのかとわかる。

☆中学野球に高校野球と同じくらいの情熱があるとわかる。

☆俺も中学時代に熱くなれるものがほしかったなあと思える。

第13位 ダイヤのエース
ダイヤのA(1) (週刊少年マガジンコミックス)

名門野球部を描いた野球漫画。ということでダイヤのエースを読んだほうがいい理由についてかいていく。

☆名門野球部でレギュラーになるには才能と努力が大事だと描かれている。そのため、ダイヤのエースをよむことで努力がいかに大切なのかを理解できるというメリットがある。

☆球速が遅くてもバッターを抑えるムービング持ちの主人公が登場する。球が遅いなら他の部分をみがけということを暗示しており、自分も苦手な分野よりも得意の分野を本気で磨こうという思考になる。

☆とにかく高校野球とはいうのはこんなに熱いのかということがわかる。俺の人生もこのままではだめだ。もっと熱くなれるものをみつけなければいけないという思考になる。

☆王道野球漫画なので、だれが読んでもたのしめる。

第14位 ワンピース
ONE PIECE 83 (ジャンプコミックス)

ワンピースとはモンキーDルフィーが海賊王を目指す物語である。ということでワンピースを読んだほうがいい理由についてかいていく。

☆人の夢はおわらねえという名言がある。やっぱりね、人はいきている限りは大きな夢とか大志を持ったほうがいいと思うんですよ。

☆強さとは何かということを教えてくれる。

☆友情とか信頼がなんなのかについて理解することができる。

☆ただのバトル漫画ではなく、人の道徳とはなにかについて教えてくれる漫画。

☆人生を後悔しないように生きようと決意させてくれる作品。

☆人と人との縁をもっと大切にしていかないといけないなと決意させてくれた作品。

第15位 シャーマンキング。
シャーマンキング完全版 27 (ジャンプコミックス)

麻倉葉がシャーマンキングを目指す。ということでシャーマンキングをよんだほうがいい理由について書いていく。

☆シャーマンキングをよむことで人生どうにもならないこともあるんだということに気づける。

☆霊が見えるやつには悪いやつはいねえという名言がある。やべえ、俺霊がみえないから悪いやつだという自己嫌悪に陥る。

☆あの世とこの世を結ぶものシャーマンの実態を把握できる。

☆俺にも霊がみえるんじゃないのかなあという希望的観測を抱く。

☆スピリチュアルの世界観ってこんなもんなんだあということを知ることができる。

☆シャーマンキングを呼んでいるうちに俺にもシャーマンの才能があるんじゃないのかと思う面も。

第16位 ドラゴンボール
フィギュアライズスタンダード ドラゴンボール 超サイヤ人孫悟空 プラモデル

ドラゴンボールとは孫悟空があらゆる強敵と戦い、最強になっていく物語。ということでドラゴンボールを読んだほうがいい理由について書いていく。

☆ドラゴンボールの主人公孫悟空はいつも自分より強い存在に戦いを挑む。やっぱりね、孫悟空みたいに常に上をみている人しか進歩しないと思うんですよ。

☆強いやつと戦いたいという気持ちを持つことは大事。強いやつと戦いたいという気持ちを持てば、毎日本気で頑張れる。

☆最後は正義が勝つという展開が多い。やっぱりね、最後はいいことをしている人が勝つということがわかり、悪いことをしたらだめだと理解できる。

☆ドラゴンボールを読むことで、戦いとはなにかを理解できる。

☆戦闘で大事なことはすべてドラゴンボールから学んだ。

☆サイヤ人にうまれることがどれだけのアドバンテージなのかということに気づかされる。

☆ドラゴンボールを読んでいると地球人が才能がないゴミに思えてくる。

第17位 ヒカルの碁
ヒカルの碁 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ヒカルの碁とは進藤光がプロ棋士として大成するサクセスストーリである。ということでヒカルの碁を読んだほうがいい理由について書いていく。

☆囲碁に興味を持つ。囲碁に興味を持つことで囲碁のルールを覚えて実際に囲碁を打ってみようと思うようになる。

☆進藤ヒカルのように俺も夢をかなえてやるぞーという熱い気持ちになる。

☆イスミさんが中国棋院で苦戦していたシーンを読むことで、勝負にかつにはいかにメンタルを安定させるかが大事なのかを理解できる。

☆更なる高みを目指そうという気持ちになる。

☆僕には囲碁しかない。だからプロを目指すんだという気持ちを思い出す。

☆俺もヒカルの碁にはまって囲碁に興味がでたから囲碁でプロになるわといいはじめる。

第18位 ナルト
[asin:B01M1UPER3:image:large]

ナルトとはうずまきナルトが炎影になるまでを描いた痛快サクセス忍者ストーリーである。ということでナルトを読んだほうがいい理由についてかいていく。

☆ナルトとサスケのライバル関係をみていると、ライバルを作ることの重要性について気づかされる。

☆火影になるといって本当に火影になる夢をかなえたナルトをみていると、夢を宣言することは大事だと気づかされる。

☆サスケのように一度闇におちても光の世界に戻ってこれる。人は一度あくの道に落ちても改心すればやり直せる。

☆ナルトを読むことで本当の強さとは何かを知ることができる。

☆俺も万華鏡写輪眼を海岸できる日がくるのではないのだろうかと希望的観測をいだく。

☆ガイ先生のようなだれかのために命をはれる男になりたいと思い始める。

☆真の男とはなにかについて気づく。

第19位  僕のヒーローアカデミア
僕のヒーローアカデミア 11 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミアとは緑谷出久がオールマイトの個性ワンフォーオールを引き継ぎ、ヒーローアカデミアでヒーローになる勉強をする物語である。ということで 僕のヒーローアカデミアを読んだほうがいい理由について書いていく。

☆ワンフォーオールという一子相伝という設定がかっこいい。

☆ヒーローVSヴィランという対立図があってわかりやすい。

☆僕のヒーローアカデミアを読むことで、自分の心に眠っていた正義の心が復活する。

☆とにかくヒーロー物大好きな人はよむべき。こんな一冊。

☆オールマイトの能力さえありさえすれば、俺もスーパースターになれたのにと思うこともある。

☆オールマイトが男としてもかっこよく、こんな男になりたいと思ってしまう。

☆緑谷出久君のどんな局面でも諦めない精神に憧れる。

第20位  金色のガッシュ
金色のガッシュ!!(1)

金色のガッシュとはガッシュが魔物の王を決める戦いに勝ちぬき王になるサクセスストーリー。ということで金色のガッシュを読んだほうがいい理由について書いていく。

☆私は優しい王様になるという大きな大志をガッシュガ抱いている。なにかに挑戦するときは大きな大志をいだくことが重要だということにきづく。

☆雷帝ゼオンの圧倒的な力を目の当たりにせよ。

☆クリアノートというインフレ感満載の最強の魔物が登場する。こんなインフレ感満載な魔物が見られるのはガッシュだけ。

☆ガッシュのように強くて優しくなりたいものだなと再確認できる。

☆戦いを通じて成長するということがどういうことなのかを理解することができる。

☆誰かを救うために本気で行動しているガッシュをみていると自分も本気で行動しようと思ってしまう。

第21位 東京喰種
東京喰種トーキョーグール:re 8 (ヤングジャンプコミックス)

カネキという少年が体を改造されてしまい、隻眼のグールになってしまうという物語。ということで東京喰種を読んだほうがいい理由についてかいていきたい。

☆グールになると普通のご飯を食べることができない。。この描写をみるたびに人間に生まれてきてよかったと安堵する。

☆グールVS人間という構図がしっかりしていて面白い。

☆グールになるとクインケをもった人間たちに攻撃される。。このシーンをみるたびに、人間は共存共栄をしらんのかばか者めと思う。

☆人が突然グールにされたたどんな心情になるのだろうかということがしっかりと描かれている名作。

☆グールは空腹になると理性を失い、ひとを襲ってしまう。。こんなのろわれた運命を背負っているグールも大変だなあと思う。

☆ゲールの中にも人を襲わないいいグールもいるので、一概に悪いグールだとくくってはいけない。

第22位 BECK
BECK 全34巻完結セット (KCデラックス)

田中幸雄が南竜介のバンドに入り、音楽の才能を開花させていく物語。ということでBECKを読んだほうがいい理由についてかいていきたい。

☆とにかく人生に夢をもつことがどんなにすばらしいことなのかを教えてくれる漫画。

☆主人公の幸雄の才能がすさまじい。こういう才能にあふれた人がメジャーデビューするんだよなあということを理解できる。

☆BECKのバンドメンバーが皆個性的。

☆話のスケールがでかすぎて、圧倒される。

☆一つの目標に向かって本気になれる仲間の存在がいるのはでかい。

☆音楽というのは何かしらのメッセージをもっているんだなということにきづかされる。

第23位 賭博黙示録カイジ
賭博黙示録 カイジ 1

多重債務者のカイジがギャンブルで人生を逆転させていく話。ということでカイジを読むべき理由についてかいていく。

☆金は命より重いという名言がある。金は命より重いという価値観を自分にしみこませることで仕事をしまくって金を稼いでやるぞというモチベーションがでてくる。やっぱりこの世は金なのだ。

☆底辺におちぶれたカイジみたいにならないように、借金をしないようにしようとおもいはじめる。

☆カイジにでてくる屑債務者のようにならないように、毎日努力しようと思い始める。

☆ギャンブルの怖さと魅力についてしっかりと描かれている漫画。

☆カイジを読むと借金したら人生終わりのように思いがちだが、借金したから命をうしなうわけではないので、所詮借金くらいにおもっておけばいい。

☆借金をおもくいいすぎなんじゃないのかなと感じる作品。やばくなったら破産宣告でもなんでもすればいいんじゃないの?と思うわけですよ。

第24位 ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド 一から5巻
ジョジョの奇妙な冒険ファントムブラッド全知全能の書―バンダイナムコゲームス公式攻略本 (Vジャンプブックス)

DIOとジョースター家にまつわる因縁が描かれた作品。ということでジョジョの奇妙な冒険ファントムブラッドを読むべき理由についてかいていく。

☆DIOをジョースター家で育てたことからすべての因縁がはじまった。→人と人との縁がすべていいのものではないということを教えてくれる作品。

☆DIOの人に感謝するということを知らないという不遜な態度が魅力的。

☆DIOは恩をあだで返す糞野郎である。→恩をあだで返す糞がどんなやつかしりたいならジョジョの奇妙な冒険を読むべき。

☆人が人間ではなくなる過程がしっかりと描かれている。人であらざるものの実態を知りたい人は読むべし。

☆第一部なので戦闘能力のインフレもなく、物語で楽しめる。

☆あの史上最強の生物DIOがこのじてんではそこまで強くない。

第25位 ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド 戦闘潮流
ジョジョの奇妙な冒険(第1・2部) ファントムブラッド・戦闘潮流 文庫版 コミック 1-7巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)

カーズとジョセフジョースターのバトルを描いた作品ということでファントムブラッド 戦闘潮流を読むべき理由についてかいていく。

☆カーズという神を彷彿させる最強の生物の存在を知ることができる。

☆波紋の力という超パワーを渇目せよ。

☆とにかく、超パワーバトルがみれる。

☆カーズは惑星になって考えるのをやめたという名シーンあり。

☆人ならざるものが存在するときにキキを知ることができる。

☆ジョセフジョースターの戦いを通じて強くなっていく様子を見ることができる。戦いを通じて強くなるにはどうすればいいのかというヒントを手に入れられるかもしれない。

第26位 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース
ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース エジプト編 Vol.5 (紙製スリムジャケット仕様)(初回生産限定版) [DVD]

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダースとは、空条承太郎が自分の母親を助けるためにDIOをエジプトまで討伐していく物語である。ということでスターダストクルセイダースを読むべき理由についていかいていく。

☆DIOの最強のスタンドザワールドVSスタープラチナの頂上決戦を見ることができる。

☆DIOの集大成の作品であり、スターダストクルセイダースのDIOこそ最強。

☆JOJOの作品でもっとも注目度が高い。

☆様々なスタンド使いと空条承太郎のバトルを見ることができる。

第27位 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
ジョジョの奇妙な冒険(第4部) ダイヤモンドは砕けない 文庫版 コミック 18-29巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)

東方仗助が吉良吉影を討伐するまでの物語。ということでジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けないを読むべき理由について書いていく。

☆吉良吉影というサイコパスが登場する。こんなサイコパスリアル社会でもなかなかいないよ。こんなキャラクターが見れるのは、ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けないだけだ。

☆なんといってもハイウェイスターさんのリア充、いけてるキャラが最高すぎる。

☆吉良吉影が家族を持つことによって吉良吉影にも心情の変化が起こる。

☆正義は悪に勝つという漫画を楽しみたい人は読むべき作品。

☆次から次へと弓と矢でスタンド使いが生み出され、東方仗助に危機が迫る。東方仗助が自分を追ってきたスタンド使いを倒すシーンをみることで、自分に危害を加えるものに対する対処法のヒントを得ることができる。

☆吉良吉影のキラークイーンの強さを目の当たりにせよ。

第28位 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
ジョジョの奇妙な冒険(第5部) 黄金の風 文庫版 コミック 30-39巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)

DIOの息子ジョルノ・ジョバァーナが自分達のボスを倒すまでの物語。ということでジョジョの奇妙な冒険 黄金の風を読むべき理由についてかいていきたい。

☆とにかくDIOの息子が登場するだけでもJOJOファンからしたらわくわく要素満点。

☆第3部に登場したキャラクターも登場するので、第三部ファン必見。

☆あのDIOが子孫を残していたという驚愕の事実を知ることになる。

第29位 ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン
ジョジョの奇妙な冒険(第6部) ストーンオーシャン 文庫版 コミック 40-50巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)

エンリコ・プッチ神父が天国に行くために奮闘する物語。ということでジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャンの魅力についてかいていきたい。

☆なんといっても天国に行く方法という題材がかっこいい。

☆DIOの血を引くものたちが3人も登場するので、DIOファン必見。

☆メイド・イン・ヘブンという能力がチートすぎる。

第30位 進撃の巨人
進撃の巨人(21) (週刊少年マガジンコミックス)

進撃の巨人とは人類VS巨人を描いた作品。ということで進撃の巨人を読むべき理由について書いていく。

☆小よく大を制することに対する本質が書かれている。

☆人類が未知の生物と戦うときの解決策が書かれている。

☆とにかく巨人の顔が個性的でおもしろい。

第31位 ドカベン 
ドカベン (1) (少年チャンピオン・コミックス)

ドカベンとは個性豊かな野球選手が登場する野球漫画。ということでドカベンの魅力についてかいていきたい。

☆現実的な野球漫画であり、個性あふれる選手が活躍する。

☆岩鬼正美というパワー打者が登場する。しかも、岩鬼正美はマックス158キロを投げれる怪物である。

第32位 ドカベン スーパースターズ編
ドカベン スーパースターズ編 文庫版 コミックセット (秋田文庫 ) [マーケットプレイスセット]

ドカベン スーパースターズ編とはドカベンのプロ野球変である。ということでドカベンのプロ野球編の魅力についていかいていきたい。

☆ドカベン スーパースターズ編はプロ野球の面白さの醍醐味が詰まっているので、野球好きな人が読んだら絶対にはまる。

第33位 結界師
結界師 34 (少年サンデーコミックス)

結界師とは烏森の正統後継者墨村良守が様々な妖怪と烏森を守るために戦う作品である。ということで結界師の魅力について書いていきたい。

☆裏会メンバーが化け物だらけ。。もう人ならざるものも混じっている。

☆扇一族の方々は合体できる能力を持つらしい。

☆結界師は妖怪の種類も多いでてくる。

☆妖怪だけではなく、悪魔も登場する。

第34位 冒険王ビィト
冒険王ビィト 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)

冒険王ビィトとは、ビィト少年が暗黒の世紀を終わらせるといってヴァンデルを滅ぼす作品。ということで 冒険王ビィトの魅力についてかいていきたい。

☆ビィト戦士団が強くなっていく様子を体感できる。

☆7つ星ヴァンデルがビィト戦士団によって討伐されたときの感動が半端ない。

☆ビィトの短期間で成長しすぎ。

第35位 メジャー
MAJOR(7) MAJOR (少年サンデーコミックス)

メジャーとは主人公のゴロウがメジャーリーガーとして成功するまでを描いた野球漫画。ということでメジャーを読むべき理由についてかいていきたい。

☆ゴロウが右肩を壊しても野球をやめず、左投げにシフトチェンジして球速140キロを超える球を投げれるようになったシーンは感動的。どんな困難でも打開策はあるということを教えられた作品といってもいい。

☆ゴロウは日本のプロを経由しないでいきなりメジャー挑戦。この話の流れを読めば失敗を恐れずに挑戦する勇気をもらえる。

☆海堂高校を辞めて、野球部がない高校に転校して野球部を一から作り、海堂高校に弱小野球部で挑む。→強いものを倒すメンタリティーがなんなのかを学ぶことができる。

第36位 うしおとら
うしおととら 1うしお、とらとであうの縁 (1)[ビデオ]

うしおとらとはうしお少年が獣のやりを用いて白面のものを討伐する物語である。ということでうしおとらを読むべき理由についてかいていきたい。

☆白面のもののような邪悪な存在にびびらないで勇敢に戦ううしおの鋼のメンタルがすごすぎる。うしおのメンタルを見習わなければいけないと思い始める。

☆白面のものの悪巧みが巧妙すぎる。悪巧みを巧妙にするやつの思考回路を知ることができる。

☆白面のものの手下が不気味すぎる。不気味な絵をみているうちに不気味な絵になれることができる。

第37位 リアル
リアル コミック 1-14巻セット (ヤングジャンプコミックス)

戸川清春が車いすバスケットボールを通じて成長していく漫画。ということでリアルの魅力について書いていく。

☆主人公の戸川清春がナンバーワンにこだわりまくる。

☆とにかく、努力、根性。

☆障碍者だからという理由で努力から逃げていたら一流の車いすバスケットボールプレイヤーにはなれないからひたすら練習。

☆車椅子バスケという競技がいかに過酷かがしっかり描かれている。

第38位 スラムダンク
SLAM DUNK(スラムダンク) コミック 全31巻完結セット (ジャンプ・コミックス)

桜木花道がバスケに出会い大活躍していく漫画。ということでスラムダンクの魅力について書いていく。

☆スラムダンクの世界はとにかく熱い。

☆バスケを通じて人が成長していく様子がしっかりと描かれている。

☆スラムダンクに登場するキャラクターは皆個性的で、努力を惜しまない。

第39位 鋼の錬金術師
鋼の錬金術師全27巻 完結セット (ガンガンコミックス)

錬金術の世界観がしっかりと表現されている漫画。ということで鋼の錬金術師の魅力についてかいていく。

☆なにかを手に入れるためにはなにかを犠牲にする必要がある。等価交換。

☆賢者の石の万能感がやべえ。

☆賢者の石をつくるために多くの人の命が犠牲にされている。

☆七つの大罪のホムンクルスが登場する。

第40位 新世紀エヴァンゲリオン
新世紀エヴァンゲリオン コミック 全14巻完結セット (カドカワコミックス・エース)

地球を侵略してくる使途と人間が戦う漫画。ということで新世紀エヴァンゲリオンの魅力についてかいていく。

☆使途のほとんどが言語を話せない。使途には言葉が通じないので、地球を守るために使途を破壊するしかない。

☆シンジくんが体を失ってしまうシーンがある。

☆アスカの戦闘時の気合いの入り方がじんじょうじゃない。

第41位 弱虫ペダル
弱虫ペダル 46 (少年チャンピオン・コミックス)

小野田坂道〔天才が〕一年で自転車レースのインターハイを優勝する物語である。ということで弱虫ペダルの魅力についてかいていく。

☆小野田君の才能が圧倒的すぎいいい。

☆凡人がどれだけ努力しても天才小野田坂道には勝てない。残念。。。

☆登りで小野田君は特殊能力なしで、翼の生えたマナミサンガクに勝利。強すぎるだろ。。。小野田君。

☆俺は強いと連発する福富くんが意外にかつやくしない。

第42位 アカギ
アカギ 30 (近代麻雀コミックス)

アカギとは天才アカギが麻雀であらゆる打ち手をけちらしていく漫画である。ということでアカギの魅力について書いていく。

☆ワシズ以外の打ち手は全部雑魚。ワシズを輝かせるための材料でしかない。

☆アカギのいかなる苦難に追い込まれても平常心で冷静な判断を下すところがかっこいい。

☆ワシズ様の狂喜が半端ない。

弟43位 テニスの王子様
[asin:B01M1V0457:image:large]

テニスの王子様とは越前リョーマが全国の並み居る強豪を倒していく作品である。ということでテニスの王子様の魅力についてかいていく。

☆たかがテニスなのにすさまじい必殺技がある。。

☆テニスってこんなに、奥深いのかと思わせてくれる。

☆越前リョーマのまだまだだねという言葉が癖になる。

第44位 アイシールド21
アイシールド21 37 (ジャンプコミックスDIGITAL)

アメリカンフットボールを題材とした漫画。ということでアイシールド21の魅力についてかいていく。

☆アメリカンフットボールってこんなに奥が深いのかということに気づかせてくれる。

☆主人公がめちゃくちゃ足が速くて天才。。

☆神龍寺ナーガの金剛 阿含の俺が10人いればドリームチームだわという名言が頭から離れない。

第45位 リクドウ
リクドウ 9 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ある理由で少年院に過去に入っていたリクがボクシングを通じて人間として成長していく物語。ということでリクドウの魅力についてかいていきたい。

☆リクのライバルとされるボクサーが皆凶暴すぎる。

☆ボクシング漫画で一番リアリティーがあるのが、リクドウ。

☆リクドウを読むことで自分も何かに挑戦したいという気持ちが湧きあがってくる。

第46位 ロザリオとバンパイア
ロザリオとバンパイア 1 (ジャンプコミックス)

青野月音が妖怪の学校に通い、人間として成長していく物語でもあり、赤夜萌香というヒロインといちゃいちゃするラブコメ。ということで、ロザリオとバンパイアの魅力について書いていきたい。

☆ロザリオとバンパイアは強大な妖怪とのバトルあり、ラブありなのが最高。

☆とにかく、赤夜萌香というヒロインがかわいすぎる。

☆すとーりー後半になってくると青野月音も人間は慣れした戦闘能力を身に着ける。

第47位 とっても!ラッキーマン
とっても!ラッキーマン 1 (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫 か 53-1)

ラッキーマンとは追手内洋一という世界一ついていない中学生がラッキーマンに変身して世界を救うお話である。ということでとっても!ラッキーマンの魅力についてかいていきたい。

☆ラッキーマンは戦闘能力がほぼ一般人並。

☆ラッキーマンはどんな強い相手でもラッキーで勝利してしまう。

☆敵キャラのほとんどがラッキーマンに止めを刺されている。。

第48位 デスノート
DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)

夜神ライトがあるとき人の名前をノートに書くだけで、人の命を奪えるノートを手に入れてしまい、悪用する物語である。ということでデスノートの魅力についてかいていく。

☆夜神ライトの思い上がりが半端ない。

☆僕は新世界の神になるという名言があたまの中から離れない。

☆デスノートを使うことのデメリットがでかすぎる。。

第49位 遊 戯 王
遊・戯・王ARC-V 2 (ジャンプコミックス)

遊 戯 王とは遊 戯 王というカードゲームを題材とした漫画。ということで遊 戯 王の魅力について書いていきたい。

☆ペガサスが自分だけしかもっていないカードを使ってずるい。

☆遊戯王カードの奥深さが半端ない。

☆千年アイテムという古代エジプトのアイテムが作中に登場する。

第50位 家庭教師ヒットマンREBORN!
家庭教師(かてきょー)ヒットマンREBORN! (1) (ジャンプコミックス)

マフィアとしてツナが成長していく物語。ということとで家庭教師ヒットマンREBORN! の魅力についてかいていきたい。

☆とにかくREBORN! のスパルタぶりが半端ない。

第51位  最終兵器彼女
最終兵器彼女(1) (ビッグコミックス)

最終兵器彼女であるちせとしゅうじの恋愛を描いた作品。ということで 最終兵器彼女の魅力についてかいていく。

☆本当の恋愛とはこういうものなんだろうなあということが理解できる。

☆ちせののろわれた運命がすごい悲しい。

☆とても悲しい気分になるので、個人的にはなんども読み返したくはない。。

第52位 ワールドトリガー
ワールドトリガー 16 (ジャンプコミックス)

ネイバーVS人間を描いた作品。ということでワールドトリガーの魅力についてかいていきたい。

☆三雲修がネイバーと戦ううちに人間として成長していく。

☆空閑遊真がマジで強すぎ。

☆ネイバーにさらわれたものの行く末を知ることができる。

第53位 LIAR GAME
[asin:B01LZMF784:image:large]

LIAR GAMEとは人と人がだましあうゲーム。ということでLIAR GAMEの魅力についてかいていきたい。

☆勝者のみが大金を手に入れて、敗者は多額の借金を背負うという極端差がいい。

☆人間の薄汚さが垣間見えるシーンが多い。

☆人は自分が生き残るためなら、なんでもやる生き物だということを理解できる。

第54位 モテキ
モテキ 2 (イブニングKC)

藤本幸世にいきなり、モテキがやってきても持てまくる作品。

☆モテキを読んでいると、俺も人生でいちどでいいから持てまくりたいと思ってしまう。

第55位 げんしけん
げんしけん(1) (アフタヌーンコミックス)

オタクのサークル活動の現実を描く作品

☆げんしけんをよんでいておもうのは、オタクサークルの集まりっていいよなあと思う。

第56位 名探偵コナン
名探偵コナン(90) (少年サンデーコミックス)

工藤新一がある薬を飲んで子供に戻ってしまい、難事件を江戸川コナンとして解決していく物語。

☆悪の組織との対決はいつおわるのだろうかと思いながらいつも読んでいる作品。

第57位 未来日記
未来日記 コミック 全12巻 完結セット (角川コミックス・エース)

未来日記とは世界の王を決めるために未来日記所有者が戦う物語。

☆とにかくユノちゃんがかわいすぎる。

☆ヤンデレもいいかもとおもいかけてくる。

☆ユッキーとユノの恋の行方に大注目。

第58位 7つの大罪
七つの大罪(22) (週刊少年マガジンコミックス)

七つの大罪VS聖騎士を描いた作品。

☆世界観が洋風っぽくていいよね。ついつい見てしまう作品。

第59位 もやしもん
もやしもん(13)<完> (モーニング KC)” title=”もやしもん(13)<完> (モーニング KC)” class=”asin”></a></p>
<p>農業大学のリアルを描く漫画。</p>
<p>☆さまざまなキンが登場して実に興味深い作品。</p>
<p>第60位 北斗の拳<br />
<a href=北斗の拳 7巻

世紀末の世をケンシロウが救う話。

☆ラオウVSケンシロウは最高の戦い。

☆聖帝サウザーVSケンシロウの戦いは絶対に見ておきたい。

☆聖帝サウザーの人間性の破滅っぷりが半端ない。。

第61位 いちご100%
いちご100% 全19巻 完結コミックセット(ジャンプ・コミックス)

主人公の真中 淳平がとにかく美少女にもてまくって恋愛しまりという物語。

☆とにかく、西野つかさがかわいかった。こんなかわいい彼女がいれば、学生生活は輝いていただろうなと。

☆主人公が何又もかけていてうらやましくてしかたがない。。

☆主人公は映画監督の才能もあって、女にもててうらやましい。

第62位 ワシズ 閻魔の闘牌
ワシズ 閻魔の闘牌 8

あのワシズ様の若かりし頃の様子を描いた作品。

☆ワシズ様は若い頃はマッチョで頭脳明晰の完全無欠人間。

☆ワシズ様の若い頃からは邪悪な感じが一切感じられない。

☆ワシズ様に挑む敵も個性的なキャラクターが多い。

第63位 中間管理職トネガワ
中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)

利根川が会長の機嫌をとるために必死になる作品。

☆中間管理職トネガワを読めば、世間のサラリーマンがどれだけ上司のご機嫌とりに疲れているかが理解できる。

☆利根川さんもカイジにあれだけ偉そうなこといっといて、会長にはなにもいえないなんて情けない。

☆会長の理不尽シーンがたくさん見れて面白いのです。

第64位 しおんの王
しおんの王(1) (アフタヌーンコミックス)

両親の死をうけたショックでしゃべれなくなってしまったしおんが将棋界で成り上がっていく作品。

☆自分の両親の命を奪った方がまさかあの人だったとは。。

☆将棋漫画でここまで面白いのはしおんの王だけ。

第65位 ハチワンダイバー
ハチワンダイバー 31 (ヤングジャンプコミックス)

賭け将棋という裏の世界観を描く将棋漫画。

☆将棋好きなら絶対に面白いからとりあえず見よう。

第66位 魔法先生ネギま!
魔法先生ネギま!(1) (週刊少年マガジンコミックス)

ネギスプリングフィールドが立派な魔法使いになるために、学校で教鞭をとることに。。

☆とにかく、ネギまに登場する女子中学生がかわいすぎる。

☆ただの萌え漫画ではなく、バトル要素もあって普通にたのしめる。

☆ネギスプリングフィールドがお父さんに会えるかどうかもすごい気になる。

第67位 山田くんと7人の魔女
山田くんと7人の魔女(25) (週刊少年マガジンコミックス)

山田という不良と7人の魔女とのラブコメ。

☆白石うららがかわいすぎる。

☆山田君の体を入れ替わる能力が魅力的。

第68位 らんま1/2
らんま1/2 5 (少年サンデーコミックススペシャル)

らんまという水をかけると女になってしまう男性が、許婚のあかねの家に居候生活を描いた漫画。ということでらんま二分の1の魅力についてかいていく。

☆シャンプーという中国人の女の子がかわいいのでついファンになってしまう。

☆元祖無差別格闘流の八宝菜先生がぶっ飛びすぎ。。

☆元祖無差別格闘流の八宝菜先生は何日間ものまず食わずに生きていける生命力の持ち主。

☆早乙女玄馬が水をかぶるとパンダになるという設定。

☆らんまのもうひとりのいいなづけのうっちゃんがめちゃくちゃかわいい。。

第69位 犬夜叉
犬夜叉 30 (少年サンデーコミックススペシャル)

犬夜叉とは犬夜叉という妖怪が奈落という妖怪を撃退するまでの様子を描いた漫画。ということで犬夜叉の魅力についてかいていきたい。

☆犬夜叉がどこまで強くなるのかがすごい気になるので、ついつい読んでしまう。

☆奈落という妖怪がいつ覚醒するのかどうかが気になるのでついつい読んでしまう。

☆しこんのかけらを手に入れた妖怪は戦闘能力がぐーんと跳ね上がる。

第70位 みどりのマキバオー
みどりのマキバオー 文庫版 コミック 全10巻完結セット (集英社文庫―コミック版)

みどりのマキバオーとはミドリマキバオーが史上最強馬になるまでのサクセスストーリーを描いた漫画である。ということで、みどりのマキバオーの魅力についてかいていきたい。

☆競馬における馬同士のバトルがこんなに熱いものだったのかあということに気づかせてくれる。

☆マキバオーがカスケードというエリート馬に勝利するシーンは至高。

☆俺も馬を買いたいと思ってしまう。

第71位 寄生獣
寄生獣 完全版全8巻 完結コミックセット

寄生獣に取り付かれてしまった男の人生を描く作品。ということで寄生獣の魅力についてかいていきたい。

☆寄生虫の怖さを思いしれる作品。

☆未知の生物がこんなに怖いとは。。

☆寄生獣たちが冷徹で思いやりの心を一切もっていない。

第72位 キン肉マン
キン肉マン 41 (ジャンプコミックス)

キンニクスグルが悪行超人と命がけの過酷な試合をこなしていく作品。ということでキンニクマンの魅力についてかいていく。

☆キン肉アタルのアタル版マッスルスパークがかっこいい。

☆悪行超人が心を改心して正義超人になるシーンはいつみてもいい。

☆王位継承者編は何度みても飽きない。

第73位 キン肉マンII世
キン肉マン2世 究極の超人タッグ編 コミック 1-28巻 セット (プレイボーイコミックス)

キン肉マンII世とはキンニクスグルの息子キンニク万太郎が成長していく様子を描いた作品。ということで キン肉マンII世の魅力について書いていく。

☆キンニク万太郎がキンニクスグルの遺伝子をしっかりと継承している。

☆なんといってもアシュラマンが若返っている。

☆才能あふれる伝説の超人たちの息子がキンニクスグルの前に立ちはかだる。

第74位 モンキーターン
モンキーターン(1) (少年サンデーコミックス)

波多野憲二が競艇選手として大成していく作品。ということで、モンキーターンの魅力について書いていく。

☆競艇という世界が激しい競争の世界だということがしっかりと描かれている作品。

第75位  魁クロマティ高校
魁!!クロマティ高校(1) (週刊少年マガジンコミックス)

魁クロマティ高校とは全国の不良が集まるクロマティ高校に神山という優等生が間違えて入学してしまい、不良達と仲良く学生生活を送る様を描いた作品である。

☆ゴリラが学校の中を歩き回っているという普通の高校ではありえないことがクロマティー高校では起こる。

☆鉛筆を数十本食べる男がとうじょうする。。

☆正真正銘の悪たちのほとんどが皆ユーモアにあふれまわっている。

第76位 みつどもえ
みつどもえ 17 (少年チャンピオン・コミックス)

日本一似ていない三つ子たちのギャグマンガ。ということでみつどもえの魅力について書いていきたい。

☆どの回も全部面白く、笑わない回は一度もない。

☆個人的に丸井ふたば、丸井ひとはがめちゃくちゃかわいいと思うのでよんでいる。

☆丸井ふたばの馬鹿だけど純粋で器用なところがいい。まさに理想の嫁。

☆お父さんを不審者扱いする描写がツボル。

☆ひとはとさっちゃんの友情シーンは必見。

第77位 RIN
RiN(14) (月刊少年マガジンコミックス)

伏見紀人が漫画家として大成していく様子を描いた作品。ということでRINの魅力について書いていきたい。

☆伏見紀人は漫画家となることで、付き合う人もがらりと変わり、自分の住んでる世界が大きく変わっていく。

☆漫画家になるという大きな大志を抱き、様々な苦悩に葛藤する様子がしっかりと描かれている。

☆とにかくヒロインの石堂さんがすげえかわいい。こんなかわいい子と付き合いたい。

第78位 空手小公子 小日向海流
空手小公子 小日向海流(49) (ヤンマガKCスペシャル)

小日向海流が顔面あり思いっきり叩いてもいいとう空手の流派を習うことで人として成長していく様を描いた作品。ということで空手小公子 小日向海流の魅力についてかいていきたい。

☆フルコンタクト空手の顔面攻撃禁止というルールを取っ払った流派なので、試合が過激。

☆オープントーナメントの試合シーンが描かれており、胸熱。

☆主人公の先輩の武藤竜二が圧倒的に強い。おれも武藤さんのような男になりたいと思い始める。

第79位 クロサギ
クロサギ 全20巻セット (ヤングサンデーコミックス)

黒崎という詐欺師をだまして大金を得る詐欺師が活躍する漫画である。ということでクロサギを呼んだほうがいい理由についてかいていきたい。

☆クロサギに登場する詐欺の手口は様々なので、こんな詐欺の手口もあるのか気をつけなければと思ってしまう。

☆悪党が詐欺にあい、阿吽の呼吸になっているシーンをみたい人は絶対に読んだほうがいい。

☆黒崎は詐欺師でありながら常に詐欺被害者の立場に立ってくれるいいやつ。こんないいやつが登場するのもクロサギだけ。

第80位 地獄先生ぬーべー
地獄先生ぬ~べ~ (01) (集英社文庫―コミック版 (お60-1))

鬼の手を持つぬーベーが学校の先生として生徒たちを妖怪から守る漫画である。ということで、地獄先生ぬーべーの魅力について書いていく。

☆鬼の手を用いればほとんどの妖怪にぬーべーが負けることはない。

☆邪悪な妖怪がたくさん登場する。

☆リアルにいそうな妖怪がたくさん登場するので、妖怪が好きな人は絶対にはまる。

スポンサーリンク



最後に、
おおきく振りかぶっては一押しです。

www.anizm.xyz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク