人生とは等価交換。

人生とは等価交換。

Toka!!(トーカ!!) 0円起業を実現する新たな等価交換の仕組み

人生とは等価交換の繰り返しで嫌になることが多い。ということで人生における等価交換の瞬間とはどんなときか書いていきたい。

☆お金を得るために、自分の時間を捨てて労働する。

時間という対価を支払い、お金という対価を得る。この等価交換は明らかに時間の価値が高すぎるので成り立っていませんが。。なぜ成り立っていないかの理由については時間はお金で生み出せない貴重なものですからね。

☆自分が生きるために、多額の金額を払い臓器移植をして寿命をつなぐ。

現在の世の中は命をつなぎとめる臓器であっても、多額の金を支払えば手に入る。このような現実からしても人工的に作り出せるものでなくても金に置き換えることできてしまう。そう考えるとお金=臓器なのだろう。

☆原材料が安い食品が高い値段で売られるのも等価交換

食品が原材料の値段で販売されないのも作るのにかかった時間を値段に反映させているから。要するに食品が欲しいなら、かかった手間分の対価をお金で支払えよということ。

☆女性に食事を奢るのも等価交換

男性は女性に食事を奢るのも等価交換。食事を奢るという対価を支払うことで、女性の信頼を得ることができる。

☆学歴を手に入れるために必死こいて勉強して時間という対価を支払い、学歴という対価を得ることができる。まさに等価交換である。

☆就職活動も等価交換。

いい企業に入るために、就職活動という行為〔時間という対価を支払い〕をしていい企業〔利益を得る〕に入る。

☆起業も等価交換

誰かに雇われない生活〔自分の理想をかなえる〕を得るために、膨大な労働〔時間という対価を支払う〕をしなければいけない

☆夢を追いかけるのも等価交換

なりたい自分になるために自分磨き〔膨大な時間を支払い〕をして夢〔自分の理想を手に入れる〕をかなえる。

☆ニートの人生も等価交換

ニートという働かないという理想的な生活〔自分のほしい〕を得るために未来をすてる〔未来を捨てるという対価を支払う〕。

☆サラリーマンも等価交換をしている。

サラリーマンは老後の安心〔自分がほしい未来〕を得るために若い間の自由〔自分の時間を対価として支払う〕を捨てている。

☆ホームレスも等価交換をしている。

ホームレスは社会の何者からもしばられない生活〔自分が望んでいる未来〕を得るために、家も仕事も捨てている〔世間体を対価として支払う〕。

スポンサーリンク



最後に

人生とは等価交換の繰り返し。。

www.anizm.xyz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク