最近SEOがよくわからなくなってきた。

最近SEOがよくわからなくなってきた。

成果を出し続けるための 王道SEO対策 実践講座

最近検索順位もにちゃんねるまとめサイトにボロ負け、必死こいて書いた記事はワードサラダのキュレーションサイトにボロ負けしているということでなぜボロ負けしているのか分析してみたいと思う。。

キュレーションサイトに勝てないわけ。

★基本的に引用タグを使って情報をまとめればコピペとは認められず、ドメインさえ強ければ引用だけのコンテンツだけで上位表示できるという仕組みが今のグーグルにはある。

★グーグルの独自ドメインが引用コンテンツだけのサイトにペナルティーを与えるアルゴリズムを作らない限り、キュレーションサイトが沈むことはない。

★引用しつつ、自分の意見を少し入れるだけで付加価値のあるコンテンツだとグーグルが認めている現状もある。

★引用全面禁止にしたらインターネットの自由度がなくなるからつまらなくなる。引用があるから成り立つ記事もあるとグーグルが思っているので、これからも引用することがペナルティー要素になることはない。

キュレーションサイトに個人で勝つことは不可能だし、本気で勝とうとしたら一記事5000文字程度の質の濃い記事を40万記事くらいサイトにぶち込んでやるしかないと思う。。

にちゃんねるまとめサイトに勝てない訳。

★ある記事では相互リンクは終わったとかいうけれど、相互アンテナサイトが上位に来ている時点で相互リンクは効果ある。

★二チャンネルまとめサイトの記事がグーグルからペナルティーを食らわないのも、ネットの数多い情報から、いい情報をだけ抜出してまとめていることに対してグーグルは付加価値のあるコンテンツと認めているという部分が大きい。

★いくらコピペであってもコピペを貼る順番が変わったらグーグルはコピペだと見抜けないという現実があるので、コピペ記事が上位表示できている。

ほんとにグーグルがコピぺを付加価値のあるコンテンツと認めないアルゴリズムを作らない限りは、コピぺは良質なコンテンツと認められて上位表示されまくる。記事も大量生産できて上位表示もしまくりなまとめサイトはオリジナルサイトに圧勝。。。
スポンサーリンク



最後に、
相互リンクはダメだ、引用コンテンツはだめだという意見の記事を書いているSEO記事も多いですが、現状はコピぺ引用でも上位表示できているので、
SEO記事を読むたびにSEOってなんなんだと感じてしまう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク