ポケモンGO ジムリーダーという職業を作ったらどうだろうか。

ポケモンGO ジムリーダーという職業を作ったらどうだろうか。

ポケモンカード 【ピカチュウ】【キラ】PMSC-007-U ≪シャイニーコレクション 収録≫

いまのところポケモンGOでジムリーダーとして飯を食えている人は0人。ポケモンGOがこれほど人気で儲かっているのだから運営側もジムリーダーの座を守り切った日数によってお金を支払ってもいいのではないだろうかと思う。本当にジムリーダーの座を守り切ることによってポケモンGOで飯を食えるようになれば、本気でポケモンGOをやる人も増えて課金額も上昇して、運営もガチ勢もウハウハになり、ガチ勢ではない人も夢をみることができるのでハッピーになれる。ということでジムリーダーという職業を作るにあたってどういう基準でお金を支払うべきなのかについて書いていきたい。

★ジムリーダーで一年で居続ける。
今のゲームシステム上ジムリーダーで24時間居続けるのは不可能なので、日付が変わって新しい日ににジムリーダーでいること=一日ジムリーダーでいることにすればいいと思う。 問題は田舎のジムなら楽勝じゃないかといわれてしまうので報酬を与えるジムは都心に一か所のみにしておけばいいと思う。そうすれば運営からしても報酬を払いすぎてパンクすることもないだろうし、トレーナーからしてもわかりやすくてすっきりする。

一年居続けたときの報酬は月収30万円と固定にすればいい。ジムリーダーで飯を食えるトレーナーが全国に3人くらいは発生する。

★ジムリーダーで居続けた時間で報酬を払う。

ジムリーダーでほぼ一度も陥落することなく1か月守り抜ければ、月収30万。条件、都心の一か所のみとする。

ジムリーダーで一か月のうち8割ほどまもりぬけば月収25万とする。条件都心の一か所のみとする。

ジムリーダーで一か月の内5割ほど守りぬけば月収5万とする。条件都心の一か所のみとする。

ジムリーダーで一か月のうち3割ほど守りぬけば月収1万とする。条件は都心の一か所とする。

ジムリーダーで一か月のうち1割ほど守りぬけば月収100円とする。 条件は都心の一か所とする。

こうすれば、プレイヤーもトップでいることに熱くなり、ジム戦も今以上に白熱することは間違いなし。

今のようにジムに3体の設置してあるポケモンに挑戦者が6体で挑めるようではすぐにジムが挑戦者のものになってしまい、ジムリーダーの座を守りぬくことは不可能なので、ジムに所有ポケモンを6体置けて挑戦者も6体で挑むシステムにすればいいのではないかと。

このシステムであればジムリーダーという職で収入が得れる人の数が増えて皆がWINWINになれるのではないかと個人的には思っている。

★ジムは都道府県ごとに一か所しか設置をしない。

ジムを都道府県に複数置くということをやめて県に一つしか置かない。ジムリーダーとして賞金がもらえる条件は一か月のうちに一番長時間ジムリーダーでいた人に固定する。報酬は30万固定。それ以外の人は一円たりともお金を得ることはできない。これが一番しっくりする気がする。本来ジムとはそんなにたくさんあるものではないからだ。ジムを一つにする代わりにトレーナー同士が直接戦えるゲームシステムを追加する。そうすればトレーナーがバトルできないフラストレーションを貯めることも一切なくなるだろう。
スポンサーリンク


最後に、
ポケモントレーナーとしてアカウントを売るのはただのゲームデータ売買でしかないので、ゲームの中で活躍してお金をもらえるシステムがあったほうが、ポケモンという好きなことを仕事にしていると言える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク