ブログに書くネタがないときにありがちなこと。

ブログに書くネタがないときにありがちなこと。

ブログを毎日書いていると書くネタがなくなってくるので
ブログの書く画面に文字を書こうとしても何もかけないという事態が起こる。
しかも、無理やりひねり出そうと記事を書いていると
前、書いた記事と同じ内容のことを書いてしまっているということもたまにある。
同じ内容のことを書いてしまったら以前書いた記事に追加してやればいいだけ。
そうすると以前書いた記事の文字数も増えてコンテンツが強化されて
検索上位につながるからね。
ブログネタが切れたときは
ブログを書こうとしても何を書いていいのか全くというほど思い浮かんでこないので
ただただ時間だけが過ぎていってしまう。
そういう時はいいアイデアが思いつくまでの準備くらいに思っておけば気楽になれる。
要するに待つことも大事だってことだよ。
それか自分の過去にあった衝撃的な出来事を記事にする。
過去を振り返ると記事にできるネタが結構出てくるのでお勧め。
それでもネタが出てこないというときはストレスが溜まりすぎているという証拠なので
思いっきり遊んでストレスを発散してみる。
ストレスを発散するとポジティブになれるし、発想も豊かになるので
ブログを書こうという気持ちになれるし、ブログに自分の感情を吐き出したくなる。
適当にタイトルつけて自分の感情吐き出してれば一記事なんてすぐできる。
ブログなんてそんなもんだと思う。
役に立つ記事とか面白いことを書こうと追い詰めるからネタがなくなるんだよね。
もっと自然体で記事を書いていくことがとても大切だと思う。
それでもネタが出てこないというなら、
今日一日あったことを記事にしてみるなど、ブログを日記替りにすればいい。
そうすれば無理に面白いことをひねりださなくてもいいので、
毎日書くことがとても容易になっていく。
スポンサーリンク



最後に、
みんなに共感される記事を書こうとか、炎上したくないと思うと、
書くネタがなくなってしまい、ブログを更新することから遠ざかってしまうので、
適当に好き勝手なことをかくのが一番。
最近思うのは芸能人ブロガーもそうだけど、
ブログを更新するのに写真だけとか、役に立たないことをブログに書くことは見習いたい。
なかなか適当に記事を書こうと思っても、それなりのものを書きたいと思ってしまうので、
芸能人ブロガーみたいに、適当に記事をかけないという現実がある。
そういう固定観念みたいのをぶち破って、
適当な記事でもいいからどんどん投稿していければブログも続くし、ブログ更新も楽しくなるんだろうなと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク