ブログなんてものは好きに書けばいい。

ブログなんてものは好きに書けばいい。

文章力を磨いてからブログを書けと言われることが多いのですが、
だったら芸能人はブログに感想文を書いているだけの記事で、
文章力もへったくれもないわけです。
芸能人という特別な能力を持った人でもクソみたいな記事しかかけないというのに、
僕のような小説家でもない、一般人にハイレベルな記事を求められたら困る。
たとえば
亀田史郎さんのブログなんて写真にコメントを一言添えるだけで終了。
角田信明さんのブログも写真のせてコメントを一言添えるだけで終了。
海老蔵さんのブログも写真をのせてコメントを一言添えるだけで終了。
亀田興毅さんのブログなんかも写真のせてコメントを一言添えるだけで終了。
後その他の芸能人もそんなもん。
要するに、
ブログなんてもんは自分のリア充アピールをして
俺幸せだろうとアピールする場所なわけで、
高度な文章を書いて自分の文才を争う場所ではないわけです。
文章力が低いとか誤字脱字がひどいという人がいますが、
だったらブログよりも書籍をよめばいいわけで、
どこの馬の骨かわからない人のブログを読むのは時間がもったいないと思いますよ。

逆にプライベートを切り売りしているブログのほうが面白い

重要な役に立つ情報を発信していないブログであっても、
自分でしか体験しえないことを書いていればつい読んでしまうわけです。
だから、役に立つ情報<自分の体験と読者が判断することが多いので、
役に立つ情報が書くことができないからブログの更新を当分しないのではなく。
くだらない好き勝手なことをつらつら書いていけばいいと思うんですよ。
それくらい適当のほうがブログが続きますし、変にプレッシャーもかからないし、
自然体の自分をブログに出せると思うわけなんですよね。

スポンサーリンク



最後に、
ブログに慣れてくるといい情報を発信しなければいけないと追い詰められますが、
皆ブログを始めたころなんて駄文連発して自分のリア充自慢していたでしょ。
その気持ちを思い出して適当に駄文連発したほうがブログは楽しめるとおもうんだよね。
いちいちいい文章書か書ないといけないと追い詰めるよりも、
駄文ぐだぐだ楽しく書いたほうが、文章はへたかもしれないけど、
人を引き付けることを書けると僕は思っている。
たかだかブログなんだからそんなに熱くなるなよって話です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク