被リンクがすべて。

被リンクがすべて。

f:id:akihiro5:20160413195750p:plain
いつの時代も今の時代も検索上位表示させようと思った被リンクが必要。
そもそもいい記事だから拡散されて被リンクがつくのだから、
グーグルが被リンクをアルゴリズムから外すわけがないし、
どれだけいい記事をかいても、相手がさらにその上を行く記事を書いて
記事にリンクをつけていたら100パーセント相手サイトより上位表示することができない。
僕はブログの記事で何度もコンテンツは大事だと記事に書いてきましたが、
いいコンテンツを作るのは記事を拡散させるためであって、
ただただ駄文を書けと言っているわけではありません。
要するに拡散したいと思うような記事を書くにはそれなりの文字数がないと
いい記事を作ることはできません。
正直1000文字でいい記事を書こうと思ってもはしょりすぎると、
詳しく大切なことを読者さんに伝えることができないという結果を招く。
後、テクニックがわかると、いい記事をいかにつくるかという世界になってくるので、
SEOについて全くわからないよっていう人でも
ブログを書いていくならSEO知識を理解した後のことも考えて、しっかりした記事を書くことが大切。
そして、ブログを続けていくうちにSEOとはなんなのかがわかれば、
いい記事も書けているわけだから、
読者が拡散しようと思ってくれて被リンクが記事に大量につきますし、
上位表示も簡単にできるようになる。
僕が思う検索上位に表示するために必要なのは、
SEO知識、コンテンツ作成能力、ブログを毎日続けることの三つ。
このどれかが欠けると自分の思うとおりに行かなくなってしまうので、
全てを達成できるようにしておくということが大事。
はてな民のほとんどがバズれば上位表示できることができるということを知っているだろうけど、
できていないということは圧倒的にコンテンツ作成能力が欠けているということになる。
なので、バズれば儲けられんじゃん楽勝と思っていても
ゴミ記事しか作れなければ、そのバズるということを一生引き起こすことはできません。
ゴミ記事をツイッターやフェイスブックで拡散しようと思う暇人はいないからね。
よくイケダハヤト尊師が私のブログ塾に入れば稼げるようになるといっていますが、
文章を書くのは自分自身であるわけで、ゴミみたいな記事しかかけない人は
ブログ塾でテクニックをいくら知ろうが稼げない訳です。
上記の現実をしらないでテクニックをしれば何とかなると思っている人が
イケダハヤトさんのブログ塾にお金をおとしていくお客さんなのではないでしょうか。

スポンサーリンク



まとめ
ブログ運営はいい記事を書く→拡散→被リンク獲得→上位表示できる。
被リンクがついていなければ長文だろうが上位表示はできない。
SEO知識がいくらあろうが、
人が拡散しようと思えるコンテンツがつくれなければバズることはできないので
上位表示することは無理。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク