人気アニメワンピースに登場するポートガス・D・エースの詳細について

人気アニメワンピースに登場するポートガス・D・エースの詳細について

力に屈したら男に生まれた意味がねェだろう」
「おれは決して人生に”くい”は残さない…!!!」という名言を残している。

白ひげ海賊団二番隊隊長であり、仲間と家族を大切にする情に厚い男である。
白ひげを海賊王にするというのが将来の夢と公言している。
しかし白へげは黒ひげにやぶれてしまったのでその夢はかなわなかったのである。
オレンジの帽子をいつもかぶっており、そばかすが顔にあり、
一度みたら忘れないキャラクターである。。
腕にはACEという刺青が入っている。AとSの上に×がつけられており、
サボとの別れを暗示しているのではないかといわれている。

エースの父親は“海賊王”ゴール・D・ロジャーであり母親はポートガス・D・ルージュである。
海賊からしたらすさまじい血統なのだが、一般社会では呪われた血統であり、
エースは自分が生まれてよかったのだろうかと悩まされていた。
モンキー・D・ルフィと革命軍参謀総長サボとは血がつながっていなくても兄弟である。
モンキー・D・ガープの孫として育てられたが、ガープは基本いそがしい為、
育ての親はカーリー・ダダンである。

あれだけエースだけはしなないといわれていたのに死んでしまった主要キャラクターであるのはいうまでもない。
そしてエースが死んでから物語は急激に動き出したのである。

ポートガスDエースのプロフィールについて

本名はポートガス・D・エースである。
世間からは火拳のエースと呼ばれている。
懸賞金は5億5000万ベリーである。
年齢は20歳である。
身長においては185cmである。
所属している団体については白ひげ海賊団である。
能力についてはメラメラの実(自然系)である。
出身地は南の海である。
誕生日については1月1日である。
声優については大人のエースを古川登志夫が演じている。少年期を阪口大助さんが演じている。

エースの性格について

少年期は父親がロジャーであることを理由にまわりから避けられて差別されて育っていたため、
とてもひねくれて素直じゃない子供であった。 ルフィーと一緒に暮らすうちに明るくなっていった。
ルフィの恩人に対して礼をしっかりしていかねばならないと考えており、マキノからしっかり礼儀を教えてもらっている。
自ら海賊団を立ち上げるころには相当丸くなっており、仲間思いの素晴らしい人間になっていた。
そして白ひげ海賊団に入団してから性格はさらに丸くなっていき、
どんな相手であってもフレンドリーに接するいい男に成長していったのである。
性格の良く誰かのために動ける男の中の男に成長していったのである。
ルフィーの仲間も「礼儀正しいな」「俺はてっきりルフィに輪をかけた身勝手野郎かと」と発言していた。

宴がとても好きであり、自分が入団していない海賊団の宴にも勝手に参加したりする。
ルフィーを超えるといわれる食欲を持っており、ワンピースで一番食べるキャラクターなのでは?
基本無銭飲食を繰り返しているため、飲食店からしたら来てほしくない客である。

心の奥底において自分が「愛する者」を失ってしまうということを恐れてしまっており、
敵から逃亡しないというのにも理由があり、自分が逃げることによって仲間がきづつくことを恐れているからである。
だから自分より強い敵が現れても逃亡すことはいっさいない。
自分より他者を守るという姿勢を崩さなかったために、黒ひげに負けて海軍にとらえられてしまうという道を歩んでしまう。
そしてマリンフォード頂上決戦では命を落としてしまう。

エースが用いている技について

陽炎
体中に炎をまとわせて敵に攻撃する。

火拳
火力を自分の限界まで高めることによって炎を増大させ拳に炎をまとわせる。
「火拳のエース」とエースが周りから言われている理由にもなった技である。
そしてサボもこの技を使える。

炎上網
腕から炎を放って敵の進行を遅らせることができるのである。

火銃(ヒガン)
両手の指から銃弾のごとく火を放つことができる。

炎戒(えんかい)
自分の体の周りに炎で作られた円を作る。

火柱
自ら火柱のように燃えることができる。
その威力は建物ひとつを跡形なくしてしまう者だったりする。

蛍火
ホタルのように光り輝く小さな炎を散弾する。

神火 不知火(しんか しらぬい)
日本の炎のやりを作りだし、敵になげつける。

十字火(じゅうじか)
両手を十字架のようにクロスさせ、十字架の形をした炎を放つ。

炎帝
黒ひげを倒すために作ったエースの最終奥義。

鏡火炎(きょうかえん)
敵の攻撃をうけとめるために自分の体の前に炎の壁をつくる。

エースの来歴について

生まれてすぐに母親と離れ離れになってしまう。
ロジャーの遺言の通りにガープの故郷で
女山賊ダダンに預けられるのである。

ダダンのアジトゴミ山でサボに出会い、一緒に海賊になろうと誓うのである。
シャンクスと出会うことになって海賊にないたいと言い出したモンキー・D・ルフィもダダンのアジトで生活するようになる。
はじめはルフィーとはあまり仲が良くなく、いじめの対象としていじめていたが、時間がたつにつれて仲良くなっていった。
しかしサボが父親(アウトルック3世)に引き取られた後、サボが家出して海賊を名乗り、
「17歳になったら海に出るぞ」とルフィにいって海賊になるという決意を固めた。
そして月、17歳になったエースはコルボ山の海岸から皆に見送られて海賊として町を旅だった。
ルフィなど仲良くしていた面子に見送られて海に出ることを決意したのである。。

海に出て立派に海賊をしているときにメラメラの実を食べたことによって悪魔の実の能力者になる。
そしてスペード海賊団を設立して船長になる。
グランドラインで大活躍していることが海軍の目にとまり王下七部海に勧誘をうける。
しかしシャンクスは政府の犬になるという選択をとらなかった。
其のあと白ひげ海賊団と戦うという選択をしようとしているところジンベイにとめられる。
その後現れた白ひげに直接挑むも敗北するが、白髭に気に入られてしまい、白髭海賊団の一員になった。。

白髭の寝込みや昼寝しているときなど100回以上攻撃するが、すべて失敗に終わる。
白髭は血がつながっていないエースを息子と呼んでくれたりしており、そう呼ばれるうちに白髭に心を開く。
白ひげ海賊団の一員になった。
白ひげ海賊団で功績をあげているうちに白髭に認められて2番隊隊長に昇格。

マーシャル・D・ティーチが6番隊長を殺してしまうという罪をおかして、それを処罰するために
マーシャルDティーチをおって白髭とはべつ行動をとる。。
ティーチを追いかけている途中にルフィーとの再会を果たした。

しかしティーチを見つけたもののティーチとの戦いに敗れてしまい、海軍に差し出されてしまう。

そして政府にとらわれてしまい、マリンフォードで公開処刑されることが決定した。

エースの最後について

戦争のおわりかけにルフィーとギルディーノの活躍によって海軍から救出することに成功した。
そして白髭海賊団や白髭海賊団の傘下の海賊たちを海軍の攻撃から守るために盾になった。
そしてマリンフォードから逃亡しなかった。
エースはその後、ジンベイとルフィーと一緒に船に向かってはしりだした。

ところがある言葉が耳に入ってきてしまい、立ち止まってしまう。

「”白ひげ”は所詮…先の時代の”敗北者”じゃけェ…!!!」

白ひげを誹謗中傷する海軍大将赤犬のことばを聞いてしまう。
エースは白髭に対する誹謗中傷を受け流すことができない。。
そしてエースの怒りは限界をこえてしまう。
そしてエースVS赤犬の戦いがはじまってしまう。 しかし赤犬にはエースの能力を効かない。

その時同じ時間にある出来事がおきていた。。
エースを救うために本気で動いていたルフィーに体の限界がおとづれる。
エースを止めようとルフィーも動こうとしたが、体がいうことをきかない。。
そして赤犬はルフィーの体を打ち抜こうと攻撃をしたが、エースがルフィーの盾になり打ち抜かれてしまう。

エースはワンピースの中でどれくらいの強さに位置するのか

センゴク=白髭=その他4皇=海軍大将>王家七武海=エース>その他ルーキーたち。
そういう構図なのではないのかと個人的には思っています。
王家七武海も海軍大将に手を出せないことからそれなりの強さを誇っているのではないのかなと。。
これからカイドウ、ビックマムの強さがはっきりしてくるので序列がしっかりしてくるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする