ニートの人生は悲惨だ。恐ろしい。恐ろしい。

f:id:akihiro5:20161104020034j:plain
ニートになると金もないので、遊ぶこともできず、毎日部屋に引きこもって何のためにいきているのかわからない人生を送ってしまいます。そんななんのために生きているかわからないニートの悲惨な人生について書いていく。

高校を卒業してニートになってしまった18歳ニート

俺の名前はゆうと。高校を卒業したのはいいのだが、バイトもしたくないので今ニートをしている。

ゆうとは思った

まだ、僕は18歳、まだ働かなくても人生詰むこともない。親も毎月お小遣い15万円をくれるからまだまだ遊べる。しかも俺の親は大学教授でそこそこの年収もあって、そこそこの年金ももらえるから、60くらいまで働かないで生きていけるんじゃないのか?と。

お小遣いも15万ももらえているのに、なんで月収10万でバイトせなあかんのだ。。労働なんて親が貧乏の負け犬がやるもんで、俺みたいな勝ち組がやるものではない。そうか。ぼくは一生働かなくていいのか。これで一生自由人だとのんきに思っていた。。

このような考えを持ってしまったゆうとは50歳まで毎日親からお小遣いをもらい遊び倒していたが、50歳を迎えたとき親が寿命で亡くなってしまった。。

ゆうとはお小遣いはもらえなくなったが、親の遺産の一億もあり、年金も親が支払ってくれており老後も安心。ゆうとは一生働かずに楽しくくらしたとさ。めでたしめでたし。
終わり。

このニートに関してはまさに勝ち組の中の勝ち組。こんなニート早々いないよ。。

総括

この勝ち組のニートは親がお金持ちのせいで、人生で一度も労働の喜びを知らずに生きてきてしまったことだろう。。労働はなんだかんだ生きる理由を与えてくれる大切なもの。その喜びをしらずに、人生を終えるなんてなんとも悲惨な人生だ。恐ろしい。恐ろしい。

中学でいじめられて高校を中退ニート。

俺の名前は太郎。身長150センチ体重100キロで一度も働いたことがない40歳高校中退ニートだ。。俺がニートになってしまった経緯について書いていこうと思う。

小学生のときの運動会の集団ダンスでてをつないでいっしょに踊る女の子が俺とは手をつなぎたくないといって手をつないでくれなかった。。そのとき、おれが手をつなごうとしないと、先生が勘違いして先生にものすごく怒られたことがトラウマだ。。なんで手をつないでくれなかったって?そりゃあ、俺がチビでデブでアトピーで不細工だから。。女は糞だ、男を外見でしかみていない邪悪な生き物だよ。

中学生のときは身長が低くて太っていてアトピーで不細工のせいで、ヤンキー集団にあらゆる嫌がらせを受けて不登校になってしまった。だから、中学にはほとんど行っていない。。

高校のときもヤンキーシュ運団にこいつ覇気もねえ、きもいやつだといじめられてしまい、その嫌がらせに耐えれず、不登校になり、そのまま、高校を中退。

この後、親の仕事の都合でアメリカに移住したけど、いじめのトラウマのせいで、アメリカに行ったあとも5年くらい家にひきこもってしまった。。

日本に帰ってきてから17年以上引きこもっていて、社会的にはゴミになってしまった。。

だけど、なんの問題もない。こまったら生活保護をもらえばいいだけ。だから俺の人生はたぶん安泰だ。。親もお金持ちで遺産もあるし、食っていけるでしょ。

総括

ニートになってしまう人は過去にいじめにあい、引きこもりになっている人が多く、親もそれなりに金持ちが多い。個人的に思うのは親が金持ちで金があるなら無理に働かなくてもいいと思う。

でもね、仕事に一度も本気になったことがないやつの目は死んでるし、人生を大きな大志を持って生きていない。何事も大きな大志をもっていないやつの人生はつまらないし、悲惨だし、恐ろしい未来が待ち構えているはず。

大学を中退して起業するんだといい続けるニート。

俺の名前はゆうま。大学を18歳で中退して今起業準備中のニート。

ゆうまは思った。

大学を卒業して就職とかださい。最年少上場したい。大学中退するしかない。。

ゆうまはそう思ってすぐ大学を中退してしまった。。

ゆうまの大学中退後の生活は自堕落で、ウェブサービスをつくりたいという気持ちもどこかへ飛んでいってしまい、ひたすら本をよんだり、ごろごろして過ごしていた。

大学卒業から4年後ゆうまはウェブサービスをつくりたいということを忘れてしまい、親から貰い受けた300万の起業資金も全部使い切ってしまい、自宅に帰省し、完全なるニートになってしまった。。

当然4年間も遊んでいれば、労働意欲も皆無になり、バイトもせずに家に引きこもっているという結果を招いてしまった。。

総括

ゆうまは起業するということを言い訳にして働かない生活をしていたせいで、本当に働けない体になってしまった。。これでは親が死んだ後、生活保護という悲惨な人生を送ること間違いなし。恐ろしい恐ろしい。

新卒一年目で会社を退職して家に引きこもっているニート。

俺の名前はたくま。

たくまは思った。

今の会社を辞めたい。もう働きたくない。会社に行きたくない。遊びたい。あああああああと。

この辞めたい遊びたいという思いがこころを駆け巡った結果、たくまは会社を辞めて自由の人になった。。

たくまは自由の人になったのをいいことにたまに日雇いの仕事をちょこちょこして6年ほど遊び倒してしまった。

たくまはきづいたときには30近くの年齢になってしまい、彼女もおらず、独身、無職という4つの底辺コンボをかますはめに。。

たくまはこのままではいかん。と思ったのだが、心は弱体化しており、無職のプレッシャーに耐え切れず、うつ病を発症。そして生活保護を受給するという結末を招いてしまった。。

総括

たくまのように若いうちにしっかりと仕事をして安定した地位を確立しておかないと生活保護受給する未来しか待っていない。こんな未来になってしまったニートの人生は悲惨だ。恐ろしい。恐ろしい。

30歳で会社を辞めて起業に失敗したニート。

俺の名前は勇太郎。

勇太郎は悩んでいた。。

くそ、俺は会社を辞めて早く起業して成功したいんだ。おれはこんなもんじゃない。うおおおお、明日会社辞めて、即効で起業だああああああああああああああああああああああああああああああああ。

勇太郎は会社を辞めてしまった。。

勇太郎は飲食店関係で二郎系ラーメンのインスパイアで店を出して起業したが、ラーメンの味がまずく客がまったく入らず、倒産してしまった。。。その結果借金2000万を背負ったのだ。。

勇太郎は当然破産宣告をして借金2000万を借りた人に返さず、逃亡。。そして精神的にやんでしまい、うつ病を発症。勇太郎は生活保護の道へ。。。

勇太郎はうつと生活保護の二連発でついに修羅の道に入り、人の道徳を犯し、塀の中の人に。。

総括

起業して借金をしたらだめだ。。リスクを最小限にして起業しないと勇太郎のような悲惨な人生を送ってしまうことに。。恐ろしい恐ろしい。。

22歳早稲田卒ブロガーニートの末路。

22歳早稲田卒ブロガー夜木 神平。

30歳夜木 神平はブログで食っていけば働く必要がないとツイッターで散々あおっていたが、アンチにグーグルのペナルティーに当てはまる不自然なリンクを貼られ、サイトがペなってアクセスが0になり、収入が0になりニートに転落。。

それから彼はブログで飯を食っていくことを諦めた。当然22歳から一度も働いていないので、正社員でがむしゃらに働く根性もない。。

その結果、引きこもりニートとしていきていくはめに。

総括

一サイト特化型ブロガーはサイトがペナったら人生終了のお知らせが来てニートに転落。ブロガーはサイトがペなれば即効で無職。今後の人生はスキルなし、何もなしという悲惨な人生を送っていくこと間違いなし。恐ろしい。恐ろしい。

30歳youtuber炎上系youtube歯場他亜の今後。

30歳youtuber炎上系youtube歯場他亜とはyoutubeで毎日満員電車通勤乙ーーーーという動画をあげて炎上しているyoutuber.

歯場他亜は5年後、youtubeの新生たちに次から次へと視聴者を奪われ、人気がなくなってしまい、再生回数が激減し、年収1700万から年収100万に転落。。。

さらに10年後、ユーチューブがサービス停止し100万あった収入が0になり、歯場他亜は完全なる無職になってしまった。。

総括

歯場他亜は40歳のため、ニートの概念から外れてしまうという未来が待ち構えていた。。

22歳イケ面系youtuberマホト。

22歳イケ面系youtuberマホトもいまは若くてかっこいいが、歳をとればただのおっさん。当然若者に人気を取られてユーチューブでオワコンになるにきまっている。

正直、いま人気あるやつが一生人気を保ちつづけられる保障などどこにもなく、いつかはユーチューブで人気がなくなり、再生回数を稼げなくなり、むしょくになるのだ。。

総括。
youtuberは一番ニートに近い。ニートに近く、ニートになれば、スキル0で空っぽ。。。当然、空っぽの人間に待ち受ける人生は悲惨だ。恐ろしい。恐ろしい。

35歳年収3億カリスマ社長xevra.

hatena界で有名な35歳年収3億カリスマ社長xevra.

xevra社長の手がける動物ふれあいランドゼブラが倒産し、ゼブラ社長は借金5億を背負い、路頭に迷うことに。

路頭に迷ったが、ゼブラ社長は新たなプロレス団体ゼブラを立ち上げて人気団体にまで成長させ、借金返済に成功した。

総括

偉大なるxevara様はどんな困難がおきても、起業で成功して借金を返済するカリスマなのだ。。

スポンサーリンク


最後に
ニートの人生は悲惨だ。恐ろしい。恐ろしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク