日本語は難しい。

日本語は難しい。

正しい日本語の使い方

稚拙ではなく、誰でも理解できる超素晴らしい文章を書けと言われてもなかなか書けないし、この人の文章力にはかなわないと読んだ人が思う文章を書こうと思えば思うほど、支離滅裂で自分が何を言いたいのかわからない文章を書き始める。このような事態を招かないためにも文章力にこだわり過ぎず、多少支離滅裂な文章になっても自分の書きたいことを書いたほうが他人の心を動かすブログになる。

心を動かすブログには二つある。文章が支離滅裂であっても内容がしっかりしているオリジナリティーのあるブログと文章力が立派で内容もしっかりしている完全無欠のブログ。文章が支離滅裂であっても内容がしっかりしている記事を書けば、読者が定着して人気ブログになれるし、文章力があっても中身がなければ人気ブログになることはできない。文章力が立派で内容もしっかりしている記事を書けば、ブログの読者のリピーターもついて読者が記事を拡散してくれることで被リンクが短期間で大量に獲得でき、投稿した記事すべてを検索上位表示することができて、知らない人がいないような人気ブログに短期間で成長する。

このような流れで、ブログは読者を獲得し、人気ブログに昇華していくので、人気ブログになるにはそれなりの才能が必要。人のこころを動かす内容の記事をかけなければ、いくら文章力があってもブログに読者は定着しないし、この記事は本当に素晴らしいと思い、ソーシャルで拡散しようとするサイト訪問者も出てこないので、被リンクと読者の両方を獲得できないという事態を招き、過疎ブログとしてブログ界に君臨する羽目になる。そうならないためにもそこらへんに転がっている記事内容を圧倒するオリジナリティーにあふれた記事を書く必要がある。

オリジナリティーにあふれたダイヤの原石のような記事を書けと言われてもなかなか書けないことに苦しみ、ブログを書くのが苦しくなってブログを辞めてしまう人も少なからずいる。そういう自分にはオリジナリティーのある記事が書けないからブログを辞めてしまう選択をする人にいいたいのは、そんなに素晴らしい記事を書くことに固執せずに自分の書きたいことを書いたらいいよ。オリジナリティーがあって人の心を動かせる文章が書けるならブロガーじゃなくて小説家で今頃飯を食っているはずだからね。小説家で飯を食えていない事実が自分には文章の才能がないということを物語っているのだから、そこまではハイスペックな文章もどうせ書けないし書く必要もないと思う。
スポンサーリンク



最後に、
まともな日本語で記事を書こうとすると一記事書くだけでもすさまじい時間を消費するし、疲労感も半端ないほど感じる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク