鈴木福はマジで能力が高すぎる。

鈴木福はマジで能力が高すぎる。

イヤイヤYO~!!(初回限定盤)(DVD付)

鈴木福くんはマジで能力が高すぎてビビる。若干12歳で全国区の知名度、そこらへんのジャニタレが相手にならない演技力、声優の仕事もしっかりこなしてるとか、アメーバブログで月200万稼いでいるなど、ブロガー、声優、俳優など三足のわらじを履いている。。本当に三足のわらじを履けるなんて神は鈴木福くんにどれだけの才能、どれだけの運を与えたのだろうかとおもってしまう。。ということで鈴木福君の高すぎる能力について書いていきたい。

★アメーバブログで月200万稼いでいる。
もうこれは本当にすごいね。大人のブロガーが月5000円稼ぐのにひぃひぃはあはあ言っているのに、鈴木福君はブログで月200万円を学校、俳優業、声優業もこなしながら稼いでいる。本当に片手間でブログをやって大金を稼ぐなんてすごい、天才、神の子。本当に尊敬します。

鈴木福くんがブログで稼げるのも知名度があってのこと。知名度がない人はただ記事をかくだけではブログではかせげない。だったらどうすればいいのか?
ユーチューバーになって鈴木福くんと同じ位有名になってブログを書けばいいだけである。そうすればSEOという知識が一切なくてもブログで稼ぐことが可能。現実問題、ユーチューバーで成功した時点で大金が入ってくるのでブログ書く意味はあるのかなあと思うわけですが。。

大半の人はユーチューブで有名になれないのでSEOをお勉強してブログを運営していく道に走るのですが、これを本気でやると人生ブログ、人生SEOというようになってしまい、他の分野で輝くことが難しくなってきますので注意が必要なのかなと思っています。ブログを本気で運営するということは自分の持っている夢を諦めるということにつながりますからね。

★全国区の知名度。
鈴木福?と聞いて鈴木福の名前を知らない日本人はいない。ということは大人になって就活に失敗しても知名度を生かしてブログやユーチューブで食っていけばいいし、知名度を生かして、再び俳優、声優業にリターンすればいいし、知名度を生かしてDJになればいいし、知名度を生かしてお笑い芸人になればいいしという感じで鈴木福君の人生は圧倒的知名度のおかげで、様々な選択肢を選ぶことができます。

大半の無能な凡人は社畜になるという選択肢一択ですが、鈴木福君は社畜になるのなんてコネと知名度を使えば簡単になれますし、他の業種に関しても知名度を使えば簡単になれてしまいます。そういう現実があるんだなと思うたびに俺も知名度ほし行けと思うわけです。

人生というものは一度大きく成功して知名度が日本国民に知れ渡れば、落ちぶれて再起するチャンスはいつでもあったりします。。

★俳優としてのスキルがすごい。

鈴木福くんは子供の頃から俳優をしているということは大人になってから俳優業をした人に比べたら経験もスキルもくらべものにならないくらい成長しているので、鈴木福君の演技力というのは大人になったら神の域に達していることでしょう。ということは大人になったときの鈴木福くんがどういう俳優になるのか今のうちからとても楽しみだったりします。

★まだ鈴木福くんは子供なのでやれば何でも一流になる可能性を秘めている。

子供というのは才能の塊です。子供のうちに才能のある一つのことを極めれば大人になったときに一流になるでしょう。鈴木福くんの才能は演技だけではなく、他の分野にある可能性も0ではないですから、演技以外の分野でい大人になってから活躍する可能性も0ではない。子供の場合いまから努力すれば一流になれますが、大人の場合だと今から努力しようとしたらすでに手遅れということも多いので、子供と比べた夢も可能性もない絶望が待ち構えています。

★鈴木福君はユーチューバーになるべき。

鈴木福くんのようにリアル世界でも有名で知名度あり、ファンも多く抱えているわけですからユーチューバーになればあっというまに有名になれるはず。しかもはじめしゃちょーのイケメン、かっこいいに対抗しうる要素、かわいいという要素ももっていますので簡単に有名なれるでしょう。

ユーチューバーで有名になっておけば就活で失敗したときの保険にもなりますし、本業の俳優業で稼げないときの保険にもなるので今からユーチューバーになるというのは素晴らしい選択肢ではないのかなと思うわけです。
スポンサーリンク



最後に

鈴木福君が将来どこまでBIGな存在になるのか今からワクワクしますね。鈴木福君は子供のころからスターとして大活躍できるということは僕ら凡人とは違う大きな才能を持っているということなので、大人になったら知能もアップし、才能と知能のコラボレーションをかますことでジャスティンビーバーを超えるスーパースターになれるかもしれません。今後も鈴木福君を要チェックやな★。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク