この世に真の自由は存在しない。

この世に真の自由は存在しない。

f:id:akihiro5:20160421171130j:plain
ブロガーになれば真の自由になれるんじゃないかと思っていたけれど、
ブロガーはブロガーで毎日記事を書かないといけないし、
グーグルアドセンスの規約違反や他ASPの規約違反をしないように
記事を作っていかないといけない。
社畜は会社に飼われているが、ブロガーはグーグルとASPに飼育されている。
要するに社畜もブロガーも両方とらわれの身なわけですよ。
ブロガーといっても毎日相当数な記事を書かないと食っていけるほどの記事を書かないといけないし、
その記事を書いている時間を換算すると社畜の労働時間と同じくらいの時間になる。
そういう現実を直視すると、ブロガーになれば自由になれるとかウソ八百じゃねえか。
しかもブログメディアを複数運営していればすべてのブログを更新しなければいけないので
運営サイトを増やせば増やすほど作業量が膨大になっていく。。
これってもはや労働なんじゃないの?と疑問に思うときがある。
真の自由を獲得しようと思ったらニートになればいいというけど
親が死んだ瞬間人生おしまいなわけで、
真の安定を得ようと思った生活保護をもらうしかないけど、
生活保護も国の財政がやばくなれば打ち切られるわけで安定とは言えない。
本当に真の自由は資産10億くらいあって
何もしなくても生きている状態のことだよなあとしみじみ思う。
でもその10億を手に入れるために人の何倍も仕事をしてきたわけだから、
一時的には自由を手放していたということになる。
ということは生まれてから死ぬまで遊んで暮らすには親が相当な金もちじゃないと無理。
最後に、
ブロガーになる人のほとんどの理由が、金がほしい会社で働きたくないという理由なんだけど、
現実は会社員以上の作業量をして自由時間もほとんどないし土日もブログを更新し続けないといけない。
だとすると、ブロガーってブログとグーグルとASPに縛り付けられた奴隷だよ。。
僕も早く宝くじでもいいしFXで20億かせいで早く人生引退して自由になりたい。。
だけどそう思ってFXをやると秒速で退場するので、現実は甘くないわけですよ。
生活保護も一時期は理想とか思っていたけど、月11万ごときではどこにも遊びに行けないし、
毎日飯をくって寝るだけの生活しか待っていないと思うと全然理想じゃないよなと感じる。
自由になろうとおもったらどこかで大きく当てるしかないよね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク