たった2年で人気サイトに成り上がったにちゃんねるまとめサイトGOSSIP速報を分析してみる。

たった2年で人気サイトに成り上がったにちゃんねるまとめサイトGOSSIP速報を分析してみる。

にちゃんねるまとめサイトで
2014年にドメインを取得してたった2年で
ALEXATRAFICLRANK10000位を切ったGOSSIP速報さん。。
かれこれGOSSIP速報さんのことは2014年のときからずっと監視してきたので
どのようにアクセスをのばしたかについては結構分析したつもりなので、
その分析結果についてかいていきたいと思います。
まずはSEOチェキでGOSSHIP速報のインデックス数とALEXATRAFICLRANKを見ていきましょう。
f:id:akihiro5:20160411164734g:plain
ALEXATRAFICRANKは8070位。インデックス数は9万6500.
とにかくコピペサイトなので簡単に記事を量産できる分インデックス数が多い。
たった二年でイケダハヤトのサイトやログミー,nanapiを超えるアクセスを稼ぐとはすごい。
そしてALEXATRAFICRANKの推移を見ていこう。
f:id:akihiro5:20160411165106g:plain
一時期最高で6000位にいたというほどのアクセスを集めていたようだ。
nanapiの全盛器と同じくらいのアクセスを稼いでいるとかほんとにすごい。
まじでこのサイト一つだけで1億円くらい儲けているんじゃないのかな。
次にsimilarwebでアクセスがどれだけ稼げるかを見ていきたい。
f:id:akihiro5:20160411165429g:plain
ここ何か月のユーザー数が700万人越えというすさまじさ。
こんな数字に一度たりとも達したことないですわ。
これはまさにモンスターサイト。
次にどのサイトからトラフィックをあつめているのかを見ていきたい。
f:id:akihiro5:20160411165643g:plain
検索エンジンでの集客は全アクセスの16%しかなくて
ほとんどがreferrals相互リンクからのアクセスだということがわかる。
そしてDIRECT一方的なリンクが7パーセントほどで
ソーシャルでは記事の質がコピペのためあまり拡散されていない。
要するに大手まとめサイトや大手アンテナサイトと
相互リンクをしてもらうことに成功してアクセスを集めることに成功したサイト。
ふつう弱小まとめは大手まとめに相互を頼んでも無視されてしまいアクセス集めに失敗するが、
GOSSIP速報は大手さんにコネを持っていたため大手と相互に成功して
ここまで多大なアクセスを集めることにせいこうしたのだろう。
そしてアクセスランキングを見ても大手アンテナサイトからのアクセスがほとんどである。
f:id:akihiro5:20160411170222g:plain
上記の写真にあるアンテナサイトに登録するにはそれなりのアクセスを持っているか
コネクションをもっていない限り登録できないので、
ゴシップ速報さんがなんらかの方法で大手アンテナの人とコネを持ちアンテナ登録をさせてもらったのだろう。
相互リンクにおいても
f:id:akihiro5:20160411170558g:plain
f:id:akihiro5:20160411170638g:plain
名だたるラビット速報、ハムスター速報、かな速、ソニック速報さんから相互リンクを受けている。
これらの相互リンクサイトからのアクセスが7割をしてめているということは
二チャンネルまとめサイトでアクセスを集めるということに成功するためには
いかに大手に媚をへつらい相互リンクをするかにかかっているのだということがわかる。
ということはコネがない人がまとめサイトを運用してもアクセスがもらえないし、
被リンクがついていないとコピペで価値がないサイトとみなされて検索から飛ばされてしまうだろう。
まとめサイトは倫理的に他人のコンテンツで稼いでいるので一種の盗用であり犯罪である。
犯罪であってもいいから金がほしいなら大手に媚打ってリンクをもらい、アクセスをあつめて
まとめサイトを運用するといいだろう。

スポンサーリンク



そしてコピペで犯罪行為に加担しているというのにアドセンス広告が張られている。
グーグルさん。犯罪サイトをのさばらせないためにも広告をはがしてください。
個人的にまとめサイトをやるかといえば絶対にやらない。
コンテンツ盗用という犯罪行為に手を染めたくないし、
グーグルアドセンスをいつはがされてしまうのかと怯えながらサイトを更新するのは嫌だからね。
なんでこの記事を書いたかといえば、嫉妬とかではなくて
やり方さえしっかりしていればサイト運営で莫大な金を短期間で手に入れられるよということを
読者につたえたかったからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク