中谷正義選手の生き方に憧れている。

中谷正義選手の生き方に憧れている。

f:id:akihiro5:20160410192924j:plain
中谷正義選手とは、井岡ジム所属でOPBF東洋太平洋ライト級王者のボクサーである。
近畿大学卒業後、10戦10勝無敗KO勝利5という成績で25歳の時に
OPBF東洋太平洋ライト級を獲得。
僕はボクシングファンなので彼のブログを見ることが多い。
ブログは下記のリンクから見れます。
ameblo.jp
中谷選手が自分に嘘をつかないで毎日しっかり練習するということをブログで書いており、
その記事を読んで僕は自分に嘘をついて生きているなということに気づかせてもらった。
今やりたいことがあるのに皆が就職しているから就職する生き方を選択してしまった自分。
会社に行きながら毎日やりたいこともできないことにフラストレーションをかんじて過ごす日々。
毎日がつまらない。
そしてつまらない人生だなと思うたびに
フリーターでもいいから自分のやりたいことを本気でやりたいと思うことが増えた。
そして会社をやめて今は好きなことをやって生きている。
最初からやりたいことがぶれずに決まっているなら好きなことだけをして生きていけばいいと思う。
会社員になって好きなことを中途半端にやっても本気でやっているやつらには絶対勝てない。
本気でやって自分に嘘をついていない人は、誰よりも練習しているし誰よりも努力して後先考えていない。
そうやって後先考えないで行動できる人っていうのが一流になれるんだなと思うと自分が情けなくなる。
中谷君のチャンピオンじゃないときは周りからなんで就職しないんだといわれていたけど、
俺はボクシングで世界チャンピオンになるという強い意思があってぶれなかったからチャンピオンになれている。
そう思うとはてなでよく言われる一度は就職した方がいいよっていうのは間違っていると思う。
就職して自分を失っている間に、本気でやりたいことやっているやつらに差をつけられて、
いざ会社をやめて本気で向き合おうとしたときには大きな差をつけられている。
そう思うと、会社員になる生き方だけが正解ではないんじゃないのかなと思う。

スポンサーリンク



最後に、
就職っていうのは自分に限界が見えて夢も何も見えなくなってからでも遅くないと思う。
若いうちが一番可能性にあふれているのにすべてを諦めてしまうのは本当にもったいないしバカなことだと思うよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク