ニートが働きたくない理由について書いていく。

ニートが働きたくない理由について書いていく。
基本的に社畜になりたくないと
思っていままで生きていたし、
これからもできる限りはなりたくないと
思っている。
でも3年くらいは就職したほうが
いいんじゃないのかとも思っている。
社畜になってお金がほしいとかではなくて
スキルとか行動力はつくから
働けばなにかすごいものが得られるのでは
と妄想することもある。
だけど毎日自分のやりたいことが
できなくなると思うと、
就職したくないなあと
思ってしまうことも結構ある。
僕みたいに一度も就職していない人
の幸せについて書こうと思う。
基本的に仕事という仕事は
一切していないので、
朝から晩までアニメ漬けであり、
流行っているアニメから昔のアニメまで
広く深く、様々なアニメを見倒しているので
アニメには詳しいし、
働いていないからこんなアニメに
出会えたのか、
ラッキーと思うことも結構ある。
自分自身、アニメを見るのがすきだし、
アニメをみてない人は
人生損しているよと思うし、
こうやって悩みもなく
アニメ見れるのっていいなと思う。
後は、複数のブログを運営しており、
基本的に外では一切働いていないので、
ブログでの収入が僕のお小遣いとなっている。
まあ世の中でいう
アフィカスというやつである。
わりとブログで文章書くのも好きだから
何個もブログやっているし、
アフィに関しては詳しくなってしまった。
なんというか収益がほしくてやっているというよりは
アクセスが多いのをみてにやにやしてしまうからやっているのが楽しい。
そうじゃないと収益が少ないときに
やめてしまうかもしれないから。
お金じゃないところに
比重を置いているから
ブログも続いているのかもしれない。

あとは毎日の日課である
野良猫へのエサやりである。
私がエサやりをしないと
猫も食事量がへって困るので
行かねばならないという
使命感でやっている。

猫というのはとても冷たい生き物で
エサをあげるまでは
猫なで声をあげているのだが、
エサを食べた瞬間
急に冷たくなってしまうのである。。
なのである程度エサをやることちらつかせて
猫とある程度戯れたあとに
エサを上げるというのが
僕のスタイルだったりする。
猫も飼い主に捨てられて
明日も見えないだろうし、
私みたいなエサやりさんには
感謝しているのかもしれない。
あとは最近ホームレスに買われている猫が
可愛いので
それを見て触るのが楽しみだなと。

あとは基本的に暇なときに
映画を見入ったり、
朝から晩までサイクリングをしたりする。
休日は仲のいい友達と結構遊ぶこともある。

結局なにかに縛られないということが
一番の幸せだということにきづくと
働くことが人生における一番の苦痛だということにきづいてしまう。

社畜的な考えについて

僕自身もバイトをやっているときは
バイトやっていないやつは
屑という思考に支配されていたし、
社畜がなんで自分は
こんなに苦労しているのに
こいつは働かないんだと
思って
ニートをたたくという心理も
わかるんですよね。

人間自分が苦労しているときは
楽しているやつが
憎たらしくみえてしまうんですよ。

社畜になって働いている人が
偉いという基準になってしまうと、
自分自身がどんだけ仕事が
つらくても逃げ出せなくなってしまうし、
あまりいいことじゃないと思うんですよね。

辛くて、自殺しそうなら
仕事なんてやめて自分で金を稼げばいいし、
それができないなら
契約社員になって
労働時間をへらせばいいだけ。

正社員じゃない契約社員だと
3年後が心配だという人がいるけど、
其の3年あとに備えて
副業で食えるように
頑張ればいいんじゃないのと思う。
そうすれば会社に雇われずに
生きていけるから。

ニートだとブログでは簡単に言えるけど初対面の人にニートということはない。
普通にサラリーマンやっているよとウソをつくことだってある。
そうやって相手と同じことやっている人だということで
相手にも親近感を持ってもらって仲がよくなることがあるから
日本人の特性として共通点があると仲良くなりやすいよねえとことがいいたかった。

最後に。
仕事している人って本当にすごいよ思う。
毎日仕事行きたくないなと思っても
自分の意思を殺して毎日会社に行っているのだから。
普通にに仕事して普通に結婚する人生って簡単に見えて結構むずかしい。
一度もレールから外れることができないし、逃げることが許されないから。
就職して新卒で3年以内にやめる人が多い中で、10年仕事を続ける人って
根性があると思うし、いやなことを投げ出さないということで尊敬します。

www.anizm.xyz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク