MEGWIN著YouTubeで小さく稼ぐを読んで思ったこと。

MEGWIN著YouTubeで小さく稼ぐを読んで思ったこと。

基本的にMEGWINって皆がyoutubeをやっていないときに動画を上げたから人気がでたし
ライバルが少ない中で面白いことをやったから再生回数を稼げた人なのかなと僕は思っている。
基本的にこの本をよんでも大物youtuberにはなれないだろうし、買うだけ無駄。
こんな本買うくらいなら体をはって動画の一本や日本を投稿したほうがいい。
現にmegwin自体もつまらなくなってきて稼げなくなってきているのだから、
常に面白い動画を上げない限りはyoutubeで稼ぎ続けるのは難しいのではないだろうか。
megwin自体がユーチューブで稼ぎ続けることのムズかしさを感じているだろうし、
そう思うと趣味でyoutubeをやるのがいいんじゃないのかなと僕は思いますが。
多分この本を読んだ読者はyoutubeで誰ひとり成功していないだろうし、
メグウィンの二番煎じをやって成功できるほどyoutubeの世界は甘くないし、
ほとんどの動画投稿者が底辺youtuberとして君臨している。
結局大物youtuberに媚をうって視聴者を分けてもらって売名するというのが
一番早い成功の仕方ではないだろうか。
面白い動画をアップしてもみてもらえなければ伸びることもないのだから。
ブログも一緒で被リンクがついていない弱小ブログがいい記事を書いても
注目されないで沈んでいってしまう。
基本的にこの手の本はメグウィンの自慢したいだけの本ではないだろうか。
ユーチューブで稼ぐってことがどういうことかを知りたいなら
買ってもいいほんじゃないのかなと思いますが。
この本には成功の秘訣なんて一切書いてないし、答えも書いてありません。
成功したいなら自分の頭で考えてどうすればいいのかを考えていくしかない。
基本人に頼ろうとする人で成功した人はいないですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク