他人の不幸は蜜の味

他人の不幸は蜜の味。

無欲のすすめ 無宗教な日本人の生き方 (角川oneテーマ21)

他人がFXで損したりする話を聞くとざまああああと思ったりする人がネット上には多くいます。逆にそういう人でもFXで1億儲けたという話を聞くと楽して儲けやがってくそがああああと怒りくるうわけです。そんなに喜怒哀楽激しくしていたら精神的に疲れるので他者を気にしないのが一番幸せになれると思いますけどね。

ネット民は他人が損した話を聞くとざまあと思うことが習慣化している気がします。そういうことに反応しないで他人は他人、俺は俺と思えば、他人が損しようが、儲けようがどうでもいいと思えるようになることで、嫉妬することもなくなり、幸せにに生きていけるのではないでしょうか。

結局他人の不幸は蜜の味と思っているやつらは一生誰かの幸せに対しては嫉妬して生きていかなければいけないので、余計なことに気を回して嫉妬疲れして自分も不幸になっていくのです。

じゃあお前はどうなんだよといわれると、

僕自身も他者に嫉妬しすぎて最近心の調子がよろしくないので、本当に他人に嫉妬することを辞めるトレーニングをしていこうとしている途中です。勝ち組にいくら嫉妬しても疲れるだけで何も生み出さないし精神に異常をきたし、ろくなことがない。なので極力はてなブログでも月収100万円儲けましたとか、毎日キャンピングカーで旅をしている記事を読まないことを徹底しようと思う。後ははじめしゃちょーの超リア充動画をみないようにするとか。。それができれば、僕が他者に嫉妬するネタが完全に断たれるので毎日無心状態になり幸せになれるんじゃないかなあ。。
スポンサーリンク



最後に、
他人がどうこう、友達より俺の方が上だ、下だとかそういうことに興味関心を示さないで、自分のやりたいことに熱中して生きていくのがベストだよね。

もう他人についてどうこう考えるのにも疲れたし、自分さえ毎日遊んで暮らせてストレスフリーの生活をおくれているならその生活に満足しなければいけない。

後、ビジネスの世界のことはよくわからないけれど、無欲で他人のことなんてどうでもいい。自分のやりたいことができればそれでいいという気持ちで仕事をしている人のほうが成功者になっていると思うし、欲があるやつほど、目の前の金ばかり追いかけてしまい、規模が小さいビジネスしかしなくなり、成功から程遠くなってしまう。

そう考えると無欲で他者を気にしないというのは人生で成功したり生きていくうえではとても大切な要素だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする