文字数が少ない記事

文字数が少ない記事

f:id:akihiro5:20160413142939j:plain
文字数が少ない記事というのは基本的に上位表示しずらいけれど、
少ないということを言いたいことを短くまとめて記事にしているわけだから、
ぐだぐだ長ったらしい説明だらけの記事よりは読みやすいんだよね。
僕の場合で文字数を多くしようとすると、
前に言ったことをもう一度文章に書いてしまっているということもあるし、
無駄なこと書きすぎなんじゃないのかと思うことが多いわけです。
だったら1000文字くらいで言いたいことだけ書いて、
説明を多少はしょったほうが、重要な情報が訪問者に届きやすいでしょうし、
訪問者にも言いたいことが伝わるんじゃないのかなと思うわけです。
アフィリエイトをしていると検索順位に目がいってしまうので、
長文にしなければいけないという恐怖観念に駆られ、
余分なことを書いてしまいがちですが、
伝えるという点だけを重視すると文字数を少なくして
言いたいことのみ書くのがベストなんですよ。
だけど、ブログやっているとたくさんの人に見てもらいたいがために
文字数を増やしたり、どうでもいい感想文を書いたりするので、
伝えたいことがどうでもいいことの陰に隠れてしまうという結果を招く。
だから文字数が多いも少ないも一長一短なんだよなあと思うわけです。
だったらツイッターやればいいという意見もありますが、
ツイッターだと140字しかないので、
すぐに文字数がオーバーしてしまい、書きたいことがかけないので
ブログで記事を書いていくしかなくなくなるわけです。
最近すごく思うのは
趣味でブログやっている人の記事は無理やり文字数を増やさないで
書きたいことだけ書いているので記事を読んでいて面白いし読みやすいなと思うのですが、
ワードプレスでブログを書いている人のほとんどは
趣味ではなくアフィリエイト報酬目的で記事を書いている人が多いので、
余計なことを書き倒して文字数を増やしているので読みにくいというか、
最後まで記事を読まないで途中で離脱してしまうことが多いなと。
最後に、
ブログをやり始めは文字数が少ない=ゴミ記事だと思いがちでしたが、
ブログをやって様々な人の記事を読むうちに、
言いたいことだけ簡潔に述べている人の記事のほうが読みやすいなと感じるようになりました。
だからといってはなんですが、
文字数が少ないから記事にするのをやめようとするのではなくて、
文字数が少なくても言いたいことや伝えたいことがかけているなら
ブログ記事にしたら読者自身も読みやすいですし、
言いたいことを短時間で理解できるので
文字数が少ない記事でも記事にしていったほうがいいと僕は思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク