オーディトリウム渋谷の映画館のドメインがはずれだったようだ。

オーディトリウム渋谷という映画館のドメインがはずれだったようだ。
f:id:akihiro5:20160416203923j:plain
去年閉鎖したオーディトリウム渋谷のドメインが中古オールドドメイン屋さんで
20万以上の値段で売られていたのだけど、
そのドメインは大外れだったようである。
f:id:akihiro5:20160416202532g:plain
元のページランクは5だったが、
120記事を更新してAlexa traffic rankでは1000万位。
戦闘力なら1000万のほうが魅力的だけど、
ランクが低い方がアクセスが集まっているので低い方が魅力的である。
なんでこのドメインがはずれだったのか?
f:id:akihiro5:20160416202846g:plain
ドメインというのは一度契約が切れて、
他のユーザーが再取得すると、
いままで集めたリンク効果がリセットされてしまうことがある。
このドメインは2015年の4月に再取得されているため、
ドメインの持ち主が変わったとグーグルに思われてしまい、
いままで集めてきたリンク効果がなくなってしまったのだろう。
すべてのドメインがリンク効果がなくなるわけではなく、
再取得でもリンクの効果があるときはある。
オールドドメイン購入は割と運があるのであたりはずれがでかい。
なので、損してもいいと思えるお金で購入するのがいいだろう。
f:id:akihiro5:20160416203217g:plain
このドメインのオーソティーは48でリンクもそれなりについていて
僕も当たりだと思って買おうと思っていたのだけど、
2015年の4月に再取得というのが心に引っかかって買わなかった。
オールドドメインを購入するときのコツは、
ドメインは基本的に再取得ではなくて、
初めて取得された年数のままwhoisにドメイン取得日が掲載されていることと、
ドメインオーソリティーの数値が高いことの両方ともそろっていれば
ドメインのはずれを引くということはないだろうね。

スポンサーリンク



最後に、
オールドドメインを買うときは慎重に購入してください。
割と適当に購入するとはずれを引きかねないので、注意が必要です。
でも映画館のドメインが 男の身体の悩み-解決屋とかいうサイトになってしまうのは残念だよな。
しかもこのサイトコンテンツが薄いし、また見にこようとは絶対におもわないからなあ。。。
検索順位も圏外に飛びまくっているし、20万円どぶに捨てたもんでしょ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク