カフェインの効果。

現代においてカフェインは、コーラやコーヒーやお茶やエナジードリンクなどの飲み物に含まれており、多くの人が摂取する成分の一つ。ってことで、カフェインの効果についてかいていきますね。

1.物覚えがよくなる。

いままでなら記憶するまでに時間がかかったことでも、短時間で記憶することができてしまいます。このような効果が存在するため、一夜漬けでテストで良い成績を残したいという人はカフェインを摂取しましょう。

どれくらいの量のコーヒーを飲めばいいの?ということについては、カフェインのとりすぎは体に良くないので、缶コーヒー一缶程度をのんでおけばOK.一缶程度で物足りないと感じたら、もう一缶追加しましょう。

2.運動で高パフォーマンスを発揮する事が可能に。

カフェインを摂取することで、自分自身の持久力が向上して、普段よりも長い間、高パフォーマンスを発揮する事が可能になります。このような効果が存在するので、質の高いトレーニングをしたいときはカフェインが含まれたジュースをのみましょう。

ただ、運動の前にカフェインを取る習慣つけてしまうと、カフェイン中毒になってしまうので、運動するたびにカフェインをとることはやめましょう。何事もほどほどが一番です。

3.精神的なイライラが吹っ飛ぶ。

カフェインを摂取することで、いままで思い悩んでいた悩みが全て吹っ飛び、俺はいままで何について悩んでいたのだ?といいテンションになります。このような効果があるので、イライラしたときこそカフェインを摂取すべし。

4.眠気が吹っ飛ぶ。

10時間寝たのに、体がだるくて眠いというときには、カフェインを摂取して目をさまそう。カフェインを摂取すれば、いままでの眠気やだるさがどこかへふっとんでいってしまい、新しい自分に生まれ変わる事が可能。

5.体の疲れがぶっ飛び、速攻で、げんきになる。

カフェインを摂取することで、体の疲れが吹き飛び、あの体の疲れは何だったんだ?ということになる。ただ、カフェインが切れると、疲れが体にどっと押し寄せてくるということを忘れてはいけない。

6.めちゃくちゃトイレにいきたくなることも、

カフェインを摂取すると、突然尿意が襲ってきてトイレに行きたくなる。そのため、トイレにどうしても行きたくないときはカフェインが含まれた飲み物を飲んではいけない。

7。片頭痛を治す効果も。

カフェインには頭の痛みを抑える効果があるので、頭痛がひどいときにカフェインはおすすめ。カフェインが頭痛に効果的だからといって、カフェインを摂取しすぎると頭痛がひどくなるので、注意が必要。

カフェインを摂取するデメリット

カフェインは摂取することはメリットばかりではなく、デメリットも存在します。今回はカフェインを摂取するデメリットにも触れていきます。

1.貧血状態になり、突然意識を失うことも。

カフェインを多量に摂取してしまうと、貧血状態になって意識を失ってしまうことも。カフェインが原因で貧血にならないように、普段からカフェイン摂取量には気をつけていきましょう。

2.頭痛が起こる。

カフェインには頭痛を抑える効果がありますが、人によってはカフェイン摂取が原因で頭痛を引き起こししまいます。

3.吐き気がする。

カフェインが多く含まれた飲み物を短時間に多量に摂取すると吐き気が止まらなくなるので、注意が必要です。

4.血圧が上がり、脳に関わる病気を発症してしまうことも。

カフェインを多量に摂取してしまうと血圧があがり、クモ膜下出血や脳梗塞などの命に関わる病気を発症する確率が上昇します。

カフェインは毒にもなりうる成分なので、カフェインの摂取し過ぎには注意を払っておきましょう。

最後に、

カフェインを適度に摂取するのが健康への近道。

おすすめの缶コーヒーをランキング形式で紹介していく。
コーヒー効能・効果
エクササイズコーヒーは体に良くて美味しい。
コーヒーの飲みすぎは体に害はないのか?
片頭痛をコーヒーでなおそエクササイズコーヒーお試し1000円キャンペーン実施中。う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク