片頭痛をコーヒーでなおそう。

やべーほど頭がいたい片頭痛がおきてしまった。そんなときはコーヒーを飲んで片頭痛を治してしまいましょう。ただ、片頭痛のときにコーヒーを飲みすぎると片頭痛が余計にひどくなってしまうので注意が必要です。今回はなぜコーヒーが片頭偏痛に効くのかについて詳しくかいていきたいと思います。

片頭痛は自分が予期していないときに突然起こり、頭を脈打つような痛みを感じてしまいます。なぜ、片頭痛が引き起こされるのかについては、脳の血管が大きく膨張してしまい、脳に刺激を与えるからだとされています。その拡大した血管をもとの状態に戻すには、カフェインが多く含まれているエナジードリンクやコーヒーを飲むことが最適とされています。カフェインいは膨張した血管を元の状態に戻してくれる効果があります。

コーヒーをのんで、カフェインを摂取しても、パソコンをいじったり、スマホをいじっているとなかなか頭痛がおさまらないという現実があります。そのため、片頭痛時には、カフェインを摂取して部屋を真っ暗にしてパソコンもスマホもいじらず、頭痛が治るまで眠るということが大事になってきます。自分もカフェイン摂取後、一時的に頭痛が治まってきたのをいいことに、スマホやパソコンをいじってしまい、頭痛がひどくなってしまうことがあるので、頭痛時は安静にしていなければいけないといつも思いますね。

カフェインが片頭痛にきくのは頭痛の痛みが軽いうちで、頭痛の痛みが強くなるとカフェインでは頭痛の痛みを抑えることが難しくなってしまいます。そのため、頭痛のいたみが痛いときはコーヒーではなく、医者で処方された頭痛薬を飲んでおくといいでしょう。

例外として、カフェインを摂取すると頭痛と吐き気を催してしまう人もいるようなので、100パーセントカフェインが頭痛に効くとはいいずらい現実があるのはいうまでもないでしょう。このような現実があるので、自分の体質と相談して、頭痛時にコーヒーをのむかどうかを決めるのが一番ではないでしょうか。

カフェインを摂取しすぎるのは体にはあまりよくない

カフェインを大量に摂取してしまうと、カフェイン依存症になってしまいます。カフェイン依存症になると毎日カフェインを体に取り入れないと精神的に安定しなくなってしまったり、体調がわるくなってしまうなどの問題が引き起こされます。このような問題を引き起こしかねないカフェインを大量に摂取すると体にどういう悪影響がおきるのかについてかいていきます。

1.頭痛が悪化してしまい、一日中寝込むはめになる。

2.吐き気がとまらなくなる。

3.精神的に不安定になってしまい、考えなくてもいいことについて長時間かんがえてしまうようになる。

4.興奮が収まらなくなり、冷静な判断ができなくなる。

5.腸の調子がわるくなってしまい、トイレに何度も行く羽目になる。

カフェインを摂取しすぎるとこのような問題が発生するので、カフェインの摂りすぎはあまりよくないといえるでしょう。ただ、カフェインは適度に摂取すれば、頭痛を押さえ込んでくれる特効薬なので、カフェインをとりすぎなければ、体にプラスに働きます。

最後に、
コーヒーを適度にのんで、片頭痛をなおしていきましょう。

関連記事
おすすめの缶コーヒーをランキング形式で紹介していく。
コーヒー効能・効果
エクササイズコーヒーは体に良くて美味しい。
コーヒーの飲みすぎは体に害はないのか?
エクササイズコーヒーお試し1000円キャンペーン実施中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク