将来が見えない

将来が見えない

派遣社員契約社員、アルバイトだと仕事はとても楽だけど、
将来が見えないという現実がある。
安心は月収50万くらいないと買えないし、
月収20万しかもらっていないと将来に不安を覚えてしまう。

割とフリーランスで月10万円でぬるく暮らしていくというのが
はてなブックマーク界では正解のように扱われているが、
フリーランスの10万は生活保護の10万と違って
いつ収入がなくなるかわからないので、
不安の中生活していかなければいけないので
楽そうに見えて精神的には結構追い詰められていることもある。

派遣社員でいくら頑張っても正社員を超えることもでき梨
雇用形態の性で努力が実ることがないと思うと
やる気もなくなり将来が見えなくなってしまうだろうし、

契約社員だと3年たったら捨てられる。
しかも3年間くそ安い給料でこきを使われて、
いらなくなったらポイ。
将来が見えるなんてものではない。
アルバイトは給料が安すぎて将来が見えないとかそういう土台にすら立っていない。

結局将来が見えるよいうに生きようと思ったらブラックでもいいから
給料がたくさんもらえる正社員にならないと将来なんて見えないだろうなと。
かといって激務に耐えるのも精神的に辛いので、人生とは地獄かもしれない。

ミニマリストはほんとに気楽なのか

ミニマリストは月収10万から20万の収入で気楽に暮らすというものだけど、
正直、貯金ができないので、お金がないという不安で気楽になれないと思う。
お金というのは不思議なのものでお金を持っているだけでは幸せにはなれないが
お金を持っていると安心が買えるので不安になることはない。
正直僕自身がお金に固執しているからそう思うのであって
お金に固執していない人からしたら自由のほうが魅力的に感じるのだろうか。
お金に縛られるとなにかを見失っている気持ちになってしまうが、
どうなんだろうなとおもってしまったりする。
ミニマリスト=持たざるものであるからほしいものが買えないし
お金がないので自分の欲求をかなえるということもできない。
そういう風に考えると不幸なのかもしれないけれど、
ミニマリスト=仕事をしないことに幸せを感じる、
明日になにもないことこそがこの世の幸せだと思っていると思うと、
それはそれで幸せなのかもしれないと思ってしまう。

将来が見えないのは当たり前なのかもしれない

将来なんて見ようとするのではなくて、自分が頑張ろうと思えることを死抜きで頑張る。
まり余計なことを考えないで無心で行動する。
そうするとおのずと将来が見えてくるのかもしれない。
未来がみえないから人生はわくわくするのだろうし、
未来が見えたらつまらない人生なのかもしれない。

どんな成功者でも最初は底辺をはいずり回っているわけで将来が見えていないし、
だけどいつか成功すると おもって頑張ってきたから成功している。
そう思うと未来を見ずに今できることがなんなのかを分析して努力する。
それこそが成功することへの最短経路なのではないだろうかとおもってしまった。

新しい仕事に挑戦するときもやったことがないから成功できるかなんてわからないけど、
やってもいないのにできないと決めつけるのは速すぎるし、
なにしろ、やってからいろいろ決めないと自分の可能性は狭めていることになるし、
どうせ俺なんてと思って逃げていてはだめだと思う。
俺ならできると思って挑戦していかないと。

最後に、努力が報われないから将来が見えないと思うのだけど、
絶対成功したら努力なんてしない訳で、
見えないからこそ人は努力するのではないのかなと感じた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク