社畜的思考。

社畜的思考。

社畜になっても真の社畜になってはいけないと思う。
ここでいう真の社畜とは副業をしない社畜であり、
会社に依存して自分で収益をあげようとはしない人である。

よく社畜が給料がもらえなくなるから仕事を辞めることができないというけど、
それはあなたが社畜中に副業をして収益を生み出していないから
辞めることができないわけで、副業していれば
会社を辞めても収益がはいってくるから余裕で仕事を辞めれる。

結局社畜としてずっと会社に飼育されたいならそれでいいのだけど
されたくない、いつしか自由になりたいという意思があるなら
働きながら収益を得るために動いたほうがいい。

今の収益に満足せずに行動しないとなにもかわらないのだから。

こういう記事を書くと何をやればいいのかといわれるが、
誰もやっていなさそうなことをやるというのがいいだろう。
人のまねをしても絶対うまくいかないとは言わないけど、
まねをするにしてもはじめにそのビジネスを始めた人より
工夫をしない限りうまくいかないだろう。
要領よくやれば既存のビジネスに+アルファくわえられるから
二番煎じでも活躍できるのではないのかなと。

社畜をやめたら収入が基本0になってしまうけど、
0だからこそ、仕事しないといけないと思い、本気になる。
本気になれば何でもできるのだから。

逆に社畜をやめて月収20万もらってて本気になる人なんていないでしょ。

結局は底辺になることを恐れずに行動できるかが大事。

現状が壊れることを恐れないで自分の生きたいように生きていく。

あと社畜は努力しなくても会社にいくだけで収益が入ってくるから
ホワイト企業にはいればまじで人生ぬるげーになるので
いまの企業の居心地がいいひと はやめないほうがいいと思う。

ブラック企業でいまの会社に不満があるなら速攻でやめて
自分の好きなように生きたほうが生きやすいだろうから。

社畜でも自分の好きなことを仕事にしている人は続ければいいけど
そうではない人は起業して好きなことを仕事にすればいいと思う。

仕事をやめたら収入が0になるとかそういうことを一切忘れて、
自分の生きたいように生きるということさえできれば、
人生が100000倍くらい楽しくなるんじゃないのかなと思う。

人によってやりたいことは違うだろうから
自分が一番強い分野で起業することを目指せばいい。

www.anizm.xyz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク