僕のヒーローアカデミア オールマイトの個性の消失。

僕のヒーローアカデミア オールマイトの個性の消失。

僕のヒーローアカデミア コミック 1-8巻セット (ジャンプコミックス)
オールマイトの紹介をする前に、本当に僕のヒーローアカデミアは今現在アニメ化されており、本当に面白い漫画なので、まだ読んでないよという方がいましたら、アニメをみてもいいし漫画8巻を全部買って読むのもありだと思いますので、ぜひ一度アニメを見るか読むかをしてみてください。
ということでナンバー1ヒーローオールマイトの個性の消失について触れていきたい。

僕のヒーローアカデミアという漫画があるのですが、ワンパンマンと同じヒーローものであるのにもかかわらず、サイタマさんと同じ立場にいるオールマイトさんの個性ワンフォーオールがついに消失。正解に言うと、一秒ほどはオールマイトさんもマッスルフォームに変身できるのですが、1秒たつと元の変身前の体に戻ってしまうのです。これでオールマイトが平和の象徴で居続けることは不可能になり、オールマイトから能力を受け継いだ緑谷少年が早く成長して平和の象徴になれるかどうかがこれからの話のポイントになってくる。

なぜオールマイトの個性が消えてしまったのか?

オールマイトと対極する最強の個性オールフォーワンの能力者がついにオールマイトの前に現れた。戦いの流れの前にオールフォーワンの説明をしていき

オールフォーワンとはワンフォーオールが自らの肉体を強化するという個性プラス他者に与える個性であるのに対して、他人から個性奪い取り、他者に個性を与えるという個性である。つまり、オールフォーワンとは善人から個性を奪い取り、悪人に力を与えて世の中を混乱させるとんでもない個性なのだ。ワンフォーオールがなぜ生まれたのかにも触れておこう。ワンフォーオールはオールフォーワンの個性の持ち主が他人に個性を与える個性をもっている弟に、力をパワーアップさせる個性を伝授し、個性を与える個性と力をパワーアップする個性がまじりあってできた能力なのだ。

オールフォーワンの個性の恐ろしいところは個性を移すときに器である人間の体が個性を受け止められるレベルまで出来上がっていなければ、精神が崩壊たい。するか、体がぼろぼろになってしまう。オールフォーワンの持ち主は行き当たりばったりで無個性のものに個性をばらまいていたため、器が個性に耐えきれず、体や精神に異常をきたすものが大発生していたようだ。

簡単な説明はここまでとしてオールマイトの個性が消えた流れについて書いていく。

オール・フォー・ワンは他人から能力を奪えることから複数の個性を使うことができるハンターハンターでいうクロロの強化版みたいな個性なので、オールマイトは苦戦を強いられる。苦戦を強いられ、たった一時間の活動限界を超えて変身前の姿を世の中にさらしても戦うことを辞めずに、全力を出して戦い続けた。一時はオールフォーワンの個性の奴の勝ちかと思われたが、諦めずに活動限界を超えても全力を出し続けてオールフォーワンを倒し、捕獲することに成功。その結果オールフォーワンを使える限界時間はたった1秒になってしまい、完全に能力が消えたといっても過言ではない。

今後の展開として楽しみなのは緑谷少年がどうオールマイトに教育されて強くなっていくのかどうかが注目どころだし、緑谷少年がオールマイトの後継者だということが世の中にばれてしまうのかどうなのかもとても気になるところである。
スポンサーリンク


オールマイトの概要。

オールマイトいえば誰もが尊敬してかっこいいと思うナンバー1ヒーローであり、ヴィランをあっというまに倒してしまうことから戦闘能力のすさまじさがうかがえる。前髪がウサギのように常に立っており、金髪でボディービルダーのように鍛え上げられた肉体。常にポジティブである。自分がリスクを考えて動けない状況の時にリスクを考えずに友人の爆轟少年をすくうために無個性ながら飛び込んだ緑谷少年に感動し、ワンフォーオールの後継者に選んだのはいうまでもない。そして後継者に選んでから過酷な修行を緑谷少年に課している。

オールマイトの人間像。

正義感の塊であり、誰かのために動ける人間であり、学校の通勤中であってもヴィランが暴れていれば速攻で倒して世の中を平和している様子が正義感が何よりも強いという証拠である。正義感にあふれているので気難しい性格だと思われるが、誰とでも仲良くなれるくらいのフレンドリーさも持っており、冗談もたまにいう。

リアルでは最強のヒーローとして活躍しているが、オールフォーワンとの戦いで自分の活動限界を3時間になってしまったことは一部のヒーロー仲間以外には話しておらず、ワンフォーオールの能力のことも誰にも話しておらず、自分の個性に関してはほとんど非公開である。その理由として、ワンフォーオールという個性が悪に存在を知られてはいけないし、悪の手に渡るのをふせぎたいというものである。

外見からは想像つかないくらい感情的で、本来は雄英高校の教師となり、優秀で、正義感にあふれたものに自分の能力を伝授する予定だったが、ヒーローに大切な資質である自分を犠牲にしてでも他者を救うという行動をしている緑谷少年をみて心を打たれてしまい、無個性でヒーローとしての才能には全く恵まれていない、緑谷少年にワンフォーオールの個性を無償で与えてしまった。このことに関しては緑谷少年も自分よりもっと強い個性をもった人をえらべばワンフォーオールと強力な個性でもっと強いヒーローになれるのに、なぜ僕を後継者にと疑問にもっている面がある。

能力を伝授した緑谷少年もそれなりに問題を抱えており、自分の能力を爆轟少年にばらしたり、大けがを恐れずに全力で攻撃して病院に入院するなど、いろいろとぶっとんでいる。

オールマイトのマッスルフォームとトゥルーフォーム

オールマイトのヒーローとして仕事をしているときの姿がマッスルフォームで仕事が終わって貧弱になった姿をトゥルーフォームという。

5年前にオールフォーワンとの戦いでオールマイトは大きなダメージを受けてしまい、元は変身前からマッスルフォームだったが、今では変身前はトゥルーフォームである。しかも無理してマッスルフォームに変身してしまうと血を吐いてしまうことも少なくない。

人前に出るときは常にマッスルフォームであり、一日3時間しかマッスルフォームを維持できないため、マッスルフォームが解けそうになると人前から消える。この情報は一部のヒーロー仲間と勤めている学校の先生の一部しか知りえないことである。

オールマイトは最初から器が出来上がっていたので、ワンフォーオールの個性をすぐに受け継ぐことができた。

オールマイトの個性。

オールマイトの個性派ワンフォーオールといい体全体を強化することもできるし、一部分だけでも強化できるなど、応用が利く個性。オールマイトの体はワンフォーオールの個性を受け止める器が完成しており、ワンフォーオールの個性を使いこなしているので、どんな敵であってでも基本一撃で倒すことができる。

ワンフォーオールは何世代にも受け継がれてきた個性であり、無個性のものから有個性のものから持ち主は様々である。この引き継がれるということを悪に知られてしまえば悪側に力がわたってしまうということもあり得るのでこの秘密だけはだれもばらしてはいけない。

ワンフォーオールの個性の伝授は伝授するものが現ワンフォーオールの個性の持ち主の体の一部を食べることによって伝授できる。個性の持ち主がこの個性をこの人に伝授したいと思わない限り力が他者に伝授されることはないので悪に力がわたる可能性は少ないとされる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク