ニート叩きについて

ニート叩きについて
ニート叩きする人の気持ちは僕自身もすごいわかるんだよね。
僕も仕事しているときは働いている俺って偉いんじゃないか。
仕事して苦労して辛い思いしている俺ってめちゃくちゃがんばってるのに、
ニートは俺が苦労しているというのに働かないとかなめてる。
あと働いているとこころによぎることがひとつだけある。
なんで俺が働いているのにこいつは働かないんだよと。

ここで冷静になってみると一つ気づくことがある。
働こうと思ったのは自分の意思だし、働いて得た賃金を募金したわけでもないし
すべて自分の快楽のために使っていただけだし、税金払っている俺すげえとか
思っているけど、税金払うのは図書館などの施設を使っているんだから
支払って当然なわけだ。
自分が落ちぶれたとき生活保護をもらうかもしれない。
そう思うと税金払うイコール保険なわけで特別ことではない。

働いているから偉いという価値観を持っているときに
一番嫉妬してしまう人というのは、
会社を経営していて毎日自由で大金を稼いでいる人だったりする。

僕の知人にも大金稼いで毎日遊んでいることを自慢して来る人がいるが、
働いているときにその自慢話を聞くと、こいつは楽しているのに
なんで俺はこんなに苦労しているんだという思いで嫉妬してしまう。

そこで嫉妬して自分も会社に頼らずにお金を儲けたいと思い、
自分でお金を儲けるということにチャレンジしたのだけど、
なかなかうまくいかなくて、さらに嫉妬心が増してしまう。

結局、他者の成功とか楽しているとかそういう部分に嫉妬しているだけだったりする。
本心はニートになったり金をたくさん稼ぎたいという思いに溢れている。
自分は一切努力していないのに金持っている知人に嫉妬してしまうし、
金持ちを叩くことはできないのでニートという自分より下の対象をみつけて思いっきり叩く。
今思えばそんなことせずに自分が成長するために行動すればよかったのに
下ばかりみて満足する自分ってすごいださいなと思ったりする。
あと誰しもが起業したり新しいチャレンジをするときは無職になるということを
この年になって知ったし、無職から成功している人を見てきたので、
ニートだからこそ成し遂げられることがあるんだなと思った。

ネットのアフィカスニート叩きについて

youtuberはニートとかアフィカスはニートとかいう言葉がすごい並んでいるけれど、
叩く時間があるなら自分もユーチューブで動画投稿したり、ブログをやればいいだけの話。
やってもいないのに楽してお金を儲けているというのが思考停止だし、
やらずに機会損失しているのは本当にもったいなと思う。
会社で働いていなくて大金を稼いでいる人に嫉妬するのは自由だけど、
嫉妬する暇があるなら休日つぶしてアフィでもやればいいのに、
遊びたいから馬鹿にするアフィリエイトやってないんだろ。
楽して稼いでいると思うならアフィをやって休日に楽すればいいのにと思う。
現実のアフィは記事を書いても書いても成果が出ないことがあるので、
とても苦しく辛い作業だということがまっているのだけど。

ニートやったり働いたりといろいろ繰り返している僕がいうのはなんだけど、
ニートしながらアフィする方が結構辛いし、記事を書いても利益が出ないと、
普通に働いたほうがいいんじゃないかと思うことも多々ある。
だけど、アフィでの収入は働いてからも消えるものでもないし、
会社員としての収入に追加されるものなので、夢をもってつい頑張ってしまう。
そんなものだったりする。

ネットでアフィカスニートと叩いている人やつらはアフィやっている人が
すべてニートだと思っているようだけど、兼業でやっている人がほとんどだし、
アフィリエイトというのは会社員以上に明日稼げなくなる可能性があるものだから
専業でやっている人は少ない。

そしてアフィカスと叩くのはアフィで儲けている人に嫉妬してその人が組織で働いておらず
ニートと決めつけて叩いている嫉妬心丸出しの行為だったりする。

人というのは匿名だと嫉妬心が丸出しになるのでネットの書き込みは人の本性だなと。

僕もネットで凄い誹謗中傷されることは多いけれどリアルでそんなに誹謗中傷されることはない。。
ネットで匿名だと、自分が安全な場所にいるし、やり返されることがないので強きになるのだろうね。

最後に言いたいのははたいていた時に見えなかったものがニートになると見えるし、
働いていると日々の仕事に追われるので思考停止に陥っているときが多い。
思考停止に陥るとアフィで利益をだしている人の苦労について考えず、
会社に行かずにお金を稼げていいなといういい部分しかみないで、嫉妬して
ものすごい勢いでたたくのだろうと思ったりするのだけど。

www.anizm.xyz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク