グーグルのアルゴリズムがコンテンツ重視化していることについて

グーグルのアルゴリズムがコンテンツ重視化していることについて

最近オールドドメインSEOに強いドメインを使っているのに
被リンクもたいしてついてない雑魚サイトに負けることがあるし、
最近検索してみてもドメイン的にはたいして強くないサイトが上に来ている。
そういう状況を見て思ったのは被リンクをつけることに躍起にならずに
コンテンツ量をただただ増やすだけでも上位表示できるんじゃないのか。
被リンクがないなら20000文字書いて被リンクがついているサイトより
上位表示させればいいだけだし、無理に被リンクをつけル必要もないよなって。

最近ツイッターの引用だけでまとめた記事の検索順位が落ちてきたし、
わりと、被リンクだけでコンテンツが薄いサイトは上位表示されていない。
なので初心者でもいい情報をサイトに提供できる人が勝つ時代がきている。

多分この先コンテンツ重視の流れはどんどん強くなっていくので
被リンク対策よりコンテンツにお金をかけたほうがいいのではと。
オールドドメインを買えばすべてが解決する時代が終わりになることもありうるかもしれない。
そう思うとわくわくすると同時に楽できないのかと思ってしまう。

正直バズることなんて目指さなくてもコンテンツがしっかりしていれば上位表示できる。
はてなブログproで一年7000円以上払うメリットってないかもしれない。
被リンクをつけると上位表示はできるのだけど、コンテンツが薄いと
時間とともに落ちてきてしまうので、やはりコンテンツの量は大切である。

グーグルはユーチューブでも大きな利益を上げているしそれなりに調子がいいので
本業の検索エンジンの質を上げるためにどんどん資金を投入して
質のいいコンテンツを上位表示することができるようになってきているので、
引用で楽しようとおもわず、手書きで記事を書かないといけない。
しかしめんどくさがりなので引用を使いたくなってしまう。
そういう楽したいという気持ちに負けないということも結構大事だと思う。

これから数年のうちににちゃんねるまとめサイトや引用サイトの検索順位が
のきなみおちてくることが近い未来なので、自分だけしかしらないような
情報をどんどん記事に詰め込んでサイトを運営していかなければならない。
文字数がより多くて、様々なことを入手できるサイトが上位にくることは間違いないので、
大変かもしれないが、一記事に本気を詰め込む必要があるだろう。
記事量産から一記事に文字数を詰め込むサイト作りに移行していく必要があるだろうね。

どちらにしろ検索1ケタに表示したいなら検索順位上位に来ているサイトの倍は
文字数をふやしていかないと上位表示はできないだろうと僕は思っている。
書くことがないけど書かなければいけないとき、無理やりでも書くか、
他人の記事内容をリライトしてオリジナル感をだしていくしか方法はないのではないか。
リライトするときに気を付けるのはコピペにならないように、言い回しとか
文章構成も全部変えていき、自分の考えも追加していかなければいけないので、
オリジナル記事を書く以上に大変だったりするので、大きなストレスを感じてしまうことだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク