五寸釘ほなみという女性の発言について思うこと。

五寸釘ほなみという女性の発言について思うこと。
SEALDs 民主主義ってこれだ!


この発言を見たときにぞっとした。
そもそも自分には全く関係ない人の家庭の問題に首を突っ込んで敵意むき出しにするのは怖い。
別に世間に謝る必要もない。でも奥さんに謝ることは大切だけどね。
人間だれしも完璧ではないので人生で一度くらい不倫することはある。
五寸杉さんはいかにも自分は不倫も人生で一度もしないと決めつけて、
他人の過ちを許そうとしないところはまだ子どもだなあと思う。
後、乙武さんは自民党から出馬していないし、する予定だけだっただけだし、
何でもかんでも自民党を叩くためにむりやりこじつけるのはどうかと感じる。
集団的自衛権が決まったから戦争に一般市民が行くわけでもないし、
徴兵制がはじまるわけでもないのになんでもかんでも拡大解釈しすぎ。
集団的自衛権なんてくだらんことに身をいれていないで自分の人生について
直視して浪人ニートなってとっとやめて大学にいったほうがいいよ。
デモやるだけ無駄。そんなに日本を変えたいなら政治家にならないと意味がない。
そういうことに気づかないでデモやるって頭弱いのかなと思ってしまう。
まあどうでもいいけど。


ただ考えが右翼よりというだけであったことがない人にてめーと暴言を吐くのは人として狂っているし好きになれない。
同姓になりたくないなら結婚せずに同棲していればいいだけの話。
結婚というのは一つの家族であり、共同体を形成することだから、
姓が同じになるというが、そこまでおかしいことだとは思わない。
逆に家族同士姓が違うと愛する男性の姓にしたくないって、
相手と本当の意味での家族になりたいと思っていないのではないのかと考えてしまう。
それにしてもほなみんは話したこともあったことない人に気持ち悪いと言い放つなんて、
気持ち悪いといわれたらどんだけ人がきづつくか考えたことがあるのだろうか。
ますます右翼とか左翼以前の問題に人としての道徳を身に着けるべきじゃないのか。。


面識がない人であり、年上にむかっててめーとかキモイとかいうのはあまりよろしくないし、
竹田さんには竹田さんなりの価値観があり、五寸釘ほなみさんとは育ってきたバックボーンがちがうので、
意見がかわるのは当たり前なんだからもう少し寛容になりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク