大卒ニートにありがちなこと

大卒ニートにありがちなこと

大卒ニートになると基本的に働きたくないという気持ちが大きくなってしまう。
ニート全般働きたくないからニートでいるわけなんだけど。
そもそも働きたいて人生逆転したいと思ったらニートなんてやっていないわけで
つまり辛いことなんて一切したくなくて楽して生きていきたい。
そういう甘い気持ちがどこかにあるからニートなんだろうなと。
基本的に大卒でニートになる人は自分が子供のときから
親に甘やかされて育っているので、
いざとなったら親が助けてくれるという甘い考えがある。
なので親が死ぬか家族が死ぬかという一大事件がないと
外の世界にでて働こうという気持ちにならないのではないだろうか。
つまり、自分を守ってくれる存在がいなくなれば
死抜きで働くしかなくなるのでニートではいられなくなり、
しぶしぶ働くという選択をとるということなのだ。
一つだけここで言っておくと、
個人的にニートは別に悪いことではないし、
ニートできるうちはニートをして人生楽しめばいい。
まじで金がなくなってやばいなと思ってから働けばいいし。
金があるニートに働けといっても多分働かないだろうし。
金がほしいから働くのであって金という欲望が満たされているニートは決して働かない。
働いてもきつくなったら金もあるしとやめちまえといってやめてしまうだろう。

大卒ニートを脱出したい

大卒になってニートになってしまったら楽ということを知ってしまうので
今の楽な生活を捨てたくなくなってしまうので、就職活動をしたくなくなる。
基本的にそうならないためにはみんなと同じレールの上をはしり、
大学を卒業したら就職して働き、自由を満喫しないことが大切である。
自由はお金を得るよりも幸せなことであると感じてしまうと、
お金よりいまの自由がいいと思い、ニート生活を加速してしまう。
やはり仕事しようと思ったら楽をしたいと思うより、
お金を稼いで女性にもてたいとか、金持ちになって豪遊したいとか、
そういう目的をもっていないと厳しい気がする。
今はサラリーマンで奴隷だけどいつかはと思っていないと、
だるいと思って仕事をやめてしまうかもしれないし。
脱出するにもそれなりの心意気が必要なんじゃないのかなと。
それかとりあえず無心になって面接にいって、
余計なことを考えずにただただ働くというのがいいのではないだろうか。

大卒ニートが人生を成功するにはどうしたらいいのか

大学時代の貯金でFXに挑戦して一発逆転を狙うのもいいだろう。
私も大学時代に人生逆転したくてハイレバFXに挑戦したが、
見事に資金をとかしてしまい、残念な結果におわってしまったのだが。
私は才能のかけらもなかったが、天才肌のひとだったらうまくいくと思うので
挑戦したほうがいいと思う。
あとはアフィリエイト一択しかない。
家から出たくなくてお金を得ようと思うならアフィカスとして
毎日せっせと記事を書き、サイトに人を集めてお金を儲けるしかない。
時間だけなら人一倍あるので毎日記事をかけばうまいことお金を稼げるだろう。
アフィリエイトはニートが一番有利なので活躍できる可能性ありありである。

大卒ニートの親が死んだらどうするか

親が死んでしまったら大卒という唯一の武器を生かして就職活動するしかない。
高齢になっていたら生活保護をもらうしかないという二つの選択肢しかない。
どちらにしてもいい未来は残されていないのである。
若いときに親がしんでしまい、働かざる得ない状況になれば
就職という点ではなんとかなるかもしれない。

大卒ニートが思っていること

仕事をしたくないならなんで親は大学に行かせてしまったのだろうと思いますが、
立派なサラリーマンになってもらい、家に金を入れてほしかったのだろうと。
そういう当たり前の人生を送ることで親戚にも恥ずかしくないですし、
私の息子は仕事をしているとどうどうと言えるからなのでしょう。
世間がどうとかこうとか気にしているから働け働けといるだろうし、
私の家族にとっての世間とは親戚のことなので、
個人的には親戚なんてどうでもいいとおもうのですが、
家族からしたらどうでもよくないことなのでしょう。
世間体を気にしていたらやりたいことも何もできなくなるので
100害あって一利もない。
まあ、この先何年ニートやるかどうかも決まっていないですが、
自分にやりたいと思えることが一つや二つできたら就職するかもしれませんが。
そういう熱い思いがでてこないから困ってんだよなと。
アフィリエイトで飯くうっていってもやっていることはニートみたいなもんだし、
お金を稼いでもニートみたいなものだよね。
かといって人に使われていきていくのも辛い。
働かないというのが一番気楽なのかもしれないと思うこのごろであった。

www.anizm.xyz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク