今は会社を辞めてブログで自由に生きていくのがトレンドらしい。

今は会社を辞めてブログで自由に生きていくのがトレンドらしい。

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

はてなブログを見ていると会社を辞めて自由にブログで食っていきます。イケハヤの弟子を見ていると10年やればなんでもものになるといって8か月もブログを頑張っても一日500PV位しかないのに、10年後には一日10万PVを稼げるようになっていると信じてやまない。そんなに自分の思い通りいったらみんな会社で働いたりしないって。それができないからみんないやいや会社で働いているんだから。

プロブロガーを目指しますという人は成功する未来しか見ていないけど、もっと失敗する未来を見たほうがいいと個人的には思う。厳しい現実は、ブログ運営には失敗がつきものだし、いつペナルティーを食らうかわからない、いつ、ASPから退会させられるかわからない。そんなASPに縛られてびくびく生きるのが自由とは思わないわけですよ。現実問題ASPを強制退会になったら震えが止まらないし、精神的にも本気で辛くなる。そういうこともあるんだということをしっかりと考えてブログで自由に生きていくのか会社でキャリアを積んで生きていくのかを考えたほうがいい。

ブログで食っていくということは今上位に来ているサイト、はちま、俺的、AKBまとメモリー、nanapi,イケダハヤトといわれる方々の検索順位を抜くにはどうすればいいのかがわかっていないとできないし、ブログは先行者利益がでかいものだから昔からあってリンクもたくさんついているサイトを抜くのはそう簡単にできるものではない。そういうことを理解しているとそう容易にブログで自由に生きていきますなんて言わないと思うのだけど。

本当にイケダハヤトさんやらはあちゅうがプロブロガーになれば自由だ楽しいということばかり煽って厳しい現実を煽る人が少ないから、アクセスを稼ぐ算段も全く付いていないのにプロブロガーになろうとする人が絶えない。今会社を辞めてブロガーになろうとする人は自分が後発組で不利だという事実をすっかりと忘れているし、はちま、俺的さんの順位を抜くのがどれだけ大変かもしらないままブログを始めている。

後、会社員の間にブログをしっかり運営して、厳しい現実をしって会社員の間にそれなりにアクセスを稼げるようになってから会社を辞めても遅くない。焦って会社を辞めてバイトもしないでブログで食っていくのはよくない。僕もバイトをしながらブログを書いているけど、バイトをしているたびに俺凄い底辺はいずりまわってんなとみじめな思いをすることによって、早くブログで稼ぎたいと本気で思うようになる。そう思わないと手抜き記事も増えるし、本気でブログを更新しようとする気にもならないし、SEOについて本気で勉強しようとも思わない。なんだかんだ社会とそれなりに関係をもって自分がみじめな存在であるということを自覚したほうがいい。イケハヤの弟子のサトモト君も何の努力をしなくてもイケハヤから10万もらえるからブログを頑張らなくても生きていけるし、まあいいかあと思って一日1記事薄い記事しか書いていない。これでは10年たっても稼げないから、バイトなり日雇いをして、もっと自分が底辺だと知るべき。そうなれば底辺から抜け出したくなってもっと記事も書くだろうし、SEOについてもっと考えると思うから。

僕が最近ブログで自由に生きていくという記事を見るたびに思うのは、ブログで食っていきたいといって会社を辞める人は果たして自分がイケダハヤトさんや八木仁平と同じくらい優秀で能力があるのかないのかについて真剣に考えているのだろうか。ほんとにイケダハヤトさんや八木君は能力が高いし、八木君に関してはたった一年でブログのPVを70万に伸ばしてブログ塾まで運営しているというスピード感。自分に八木君くらいの行動力とブログのPVを伸ばすことができる文才、煽り、SEO知識があるならプロブロガーを目指せばいいけどないなら思いとどまったほうがいいと思う。
スポンサーリンク


最後に、
イケダハヤトさんの5年頑張ればブログで稼げるようになると言う甘い言葉に乗せられて、会社で積み上げたキャリアもポイとすてて底辺ブロガーになってしまう人がたくさん出ると思うと、イケダハヤトさんがブログで自由に生きよう社畜乙としゃべることが他人の人生をぶっ壊すことに直結してんじゃないのかなと思うことも多い。。

もう一言いうとブログでイケダハヤトくらいの立場になるのはyoutuberのシバターさんになるくらい難しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク