斎藤佑樹は今年 完全復活する。

斎藤佑樹 脳内力

斎藤佑樹は高校時代MAX148キロのストレートを放ち、コントロールもよく、変化球の切れ味も抜群で穴がまったくない投手。高校時代の斎藤佑樹が怪我なしで成長していれば、杉内俊哉になれていただろう。ポスト杉内俊哉になれていただろう投手でも怪我をしてしまうと、何年間も勝てない年が続いてしまうというのだから、怪我をすることは怖いよなあと感じるわけですよ。

今期の斎藤佑樹はいままでの斎藤佑樹とは違い、高校時代の史上最強のフォームを取り戻しつつあるので、まさかまさかのタイトル奪取もありえるかもしれない。今年斎藤佑樹が取れるかもしれないタイトルは最多勝だと思う。

自分は今年の斉藤佑樹の残す成績は防御率3点台、16勝7敗、奪三振150は残せると予想している。

斎藤佑樹はもうだめだというをいう人へ。

プロ野球選手になれている人は並の人では想像できないような努力をしている超人ばかり。そんな超人の斎藤佑樹に向かって今年もどうせダメだろうとか今年が最後の歳だとか失礼なことを言う輩が多い。こういうひどいコメントを見ていると思うことは、本気で努力したことが一度もないやつが本気であがいている人を叩くのってみっともないよなって。

斎藤佑樹は並みの投手じゃないよ。

斎藤佑樹はあの田中将大に投げかっている伝説的な投手だということを忘れたらいけない。あのマー君に打ち勝ったときの球速とコントロールとスタミナを取り戻すだけでプロで活躍できる存在。

斎藤佑樹の高校時代をパワプロ君のステータスに置き換えたら。

斎藤佑樹の高校時代をパワプロ君のステータスに置きかえると球速は148キロ コントロールA スタミナA 変化球はスライダー5、カーブ4、カットボール6という最強の選手データ。もうね、あの伝説の野球マスクを彷彿とさせてしまう存在だということを忘れたらだめだよね。高校時代の斎藤佑樹はこれほどすごい投手だったんだから、完全復活すれば、投手4冠もゆめじゃないよ。まさに神。

現在の斉藤佑樹をパワプロ君のステータスに置き換えたら。

球速145キロ コントロールC スタミナD  変化球はスライダー2、カーブ2、カットボール2というデータだと思う。開幕後の活躍でこの数字がどこまで大きく変化するのか、実はめちゃくちゃ気になっている自分がいる。
スポンサーリンク


最後に

斉藤佑樹は今年は絶対に完全復活すると僕は確信している。本当に頑張って欲しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク