FX専業トレーダーになるために重要なこと

月200万稼ぐ専業トレーダーが教えるFXの兵法:利益を継続させる3つのテク 2017-1改訂版

FX専業トレーダーになりたいとトレードをしている人ならば、一度は誰しもが思います。専業トレーダーになりたいと思えば、思うほど、はやく億という金額をかせがんといかんと思い、ハイレバレッジで毎回トレードするようになります。最終的には一度のミスで、0カットになり退場という目をくらうことも日常茶飯事だったりします。

上記のように、専業トレーダーになりたいと思ってトレードをすると、即効で退場してしまうので、お金なんていらないただゲームをやっているんだという感覚でトレードするのがいいかもしれません。でも、ゲームをやっている感覚でトレードしてしまうと適当にポジションをとってしまうので、おすすめできませんね。今回はFXの専業トレーダーになるために重要なことや専業トレーダーに関する情報についてがつんとかいていきます。

FXの専業トレーダーになるために重要なことについて。

FXの専業トレーダーになるために重要なことがいくつかあるので、紹介させていただきますね。

☆為替チャートばかりみない。

為替チャートをみているといつもトレードチャンスのような気がしてきて適当にポジってしまいます。僕もチャートを見ているとポジリたくなるので、一日2回くらいしかチャートはみません。

☆もうここが天井だろう。天井とったどーというときほど、天井ではないことを頭に入れておこう。

自分が天井だと思ったらあと一段、二段は上にぶち抜くだろうと思っておくことが大事。そう簡単に天井なんて取れない。

☆損切りは早くしたほうがいい。

なんの根拠もなくスケベ心で、ポジションを取ってしまい、損益が拡大してきたら素直に損切り。無理にポジションを保有していても損が拡大していいことなんてないからとっとと損切りして、次のチャンスに備える。

☆損切りしないスタイルなんですよーという人はすぐに相場から退場する。

よく、ぼくはね、損切りしないスタイルなんですよーという人がいますが、損切りしないで相場で生き残っている人はほとんどいない。その理由は相場は突然5円から10円短期間で動くことも頻繁にあり、10円も損切りしないでもっていたら大きな損を被ってしまうから。

☆FX以外にビジネスをする。

FXで20万稼いで、専業トレーダーをしているならば、リスクヘッジのためにFX以外のビジネスをはじめよう。さすれば、FXに対する執着心もへり、チャンスのときだけポジションを持つようになり、勝てるときだけポジションを取るトレーダーになり、更なる利益拡大を図れる。

☆一度のトレード枚数を固定する。

いまがチャンスだ。50枚全力ロングうううというノリで、トレードしていると予想をはずしたときに資金を全部溶かして相場から脱落します。そんなおぞましい目にあわないように、毎回のトレード枚数は固定しよう。毎回のトレード回数を固定して相場での勝率を上げれば、専業トレーダーになれる日も近いかも。

FXの専業トレーダーにならないほうがいい理由についても。

FXの専業トレーダーは会社にいかなくてもいいという理由からかなり楽しているんじゃないのかと思われがちですが、意外とデメリットも多いので、FXの専業トレーダーのデメリットについてかいていきます。

☆FXの専業トレーダーは正直しんどいからならないほうがいい。

収入がトレードだけだと、トレードがうまくいかなくなったら、ご飯が食べれないよー。どうしようということも少なくないわけです。そんな不安なメンタルで毎日いきるのはしんどーい。

☆FXは今勝てているのは運がいいから。

今トレードで勝てているのは自分の手法が今の相場に合っているから。その事実を受け止めて安易に専業トレーダーになるのはやめておこう。後、何年も兼業でトレードで勝てるようになってから、専業トレーダーにシフトするほうが安心。

☆収入源がFXしかないという現実は結構きつい。

FXはほかの仕事と違って種であるがなくなれば、本当にゲームオーバー。その理由は、紹介ビジネスであれば、0から金を生み出せるけど、FXは自分の金を転がしてお金をもうけるので、自分の金がなくなった時点でおしまいだから。

最後に一言、FXしか収入源がないというのは自分が思っている以上に厳しい現実。

☆毎日固定給が入ってこないこともある。

会社員のように会社にいくだけで金がもらえる仕事とは違い、FXの専業トレーダーはトレードをして、トレードで勝利しなければお金がもらえません。今日はトレードで10万勝利したからといって次の日も10万円儲かる保証がない世界で生きるのは結構辛いです。

☆会社員のように毎日お金がもらえるという感覚を持っている人もFXの専業トレーダーにはなってはいけない。

会社員感覚があると、毎日1万円稼がないといけないと思い、適当にポジションをとってしまいます。適当に取ったポジションで勝てるわけもなく、どんどん適当に取ったポジションが真っ赤に染まっていき、きづいたときにはロスカット。

☆FXで楽して金を稼ぐことを覚えてしまうと、汗を流して働いて生きるということに嫌気がさしてしまう。

楽して金を稼ぐということを一度覚えると人は働きたくなくなり、一生外の世界で働けない体になってしまうことも。

FX専業トレーダーになるメリット

専業トレーダーになれば、会社にいかなくてもよかったり、毎日家ですごすことができます。そんな専業トレーダーのメリットについてかいていきますね。

☆毎日遊んで暮らせる。

FX専業トレーダーになれば、毎日遊んで暮らせるので、仕事というわずらわしいものをしなくてもいい。

☆毎日映画、アニメを見放題。
Fトレードチャンスがくるまでは、映画、アニメを見ながら時間をつぶそう。

☆会社にいかなくてもいい。

専業トレーダーになれば、会社にいかずに毎日まったりとトレードにいそしむことができるので、人間関係に悩むこともない。

☆利益損失がなくなる。

仕事をしているとレートを確認することができず、トレードチャンスを逃してしまいますが、専業トレーダーになれば、朝から晩までレートを確認できるのでトレードチャンスを逃すことが一切なくなります。

FX専業トレーダーの年収。

FXの専業トレーダーの年収は億を稼いでいる人から月20万くらいしか稼いでいない人までいます。正直な話、FXで月に20万円稼ぐのはリスク管理さえできていれば、そんなに難しいことではないですが、FXで月に億稼ごうと思うと一部の才能がある人しか無理。億トレーダーであれば、毎日30万という金額を一日に稼ぐことができますが、普通の専業トレーダーは一日一万円利益をあげられればいいいほうでしょう。

僕の知り合いの億トレーダーのひとで一日に数十万円を稼いでいる人がいます。その人は一度のトレードで100ロットは当たり前なので、儲ける時は数百万を一瞬で儲けるみたいですが、損するときも数百万円単位で損するみたいです。知り合いの億トレーダーの人もそうですが、FXの世界は一つ選択を間違えれば、一瞬で億という金額を失ってしまう恐ろしい世界。まあ、損したくない安全思考の人はFXなんてやらないほうがいいよね。

いうなれば、大きなお金を損するというリスクを抱える代わりに、多くの金を稼げるというのがFXの専業億トレーダーなのです。

FXの専業トレーダーにありがちなこと。

今回はFXの専業トレーダーにありがちなごとを具体例をつかってパターン別に紹介していきます。

☆深夜3時にポジション取ってしまった。これは糞ポジをつかんだからもしれんから相場のレートをずっとみとらないかんなあと思っているうちに朝の9じになってしまい、見事に昼夜逆転。

☆雇用統計後の動きを見ているうちに朝担ってしまった。見事に昼夜逆転。まあ、FXをやっている人は雇用統計後の動きがつい気になってみてしまうよね。どう動くか観察するのも面白いし。

☆深夜の三時にFOMCがあるから寝れない。FOMCの後の動きをみていたら、朝の9時になってしまった。FOMCの発言をチェックしたり、動きを確認していると気づいたら朝の9時になってしまっていることもよくあるよね。

☆ISMの後にポジションを取って、2時間後にリカクして12時くらいに寝ようとするも、相場の動きが気になってねれない。

FXの専業トレーダーの生活リズム。

私が専業トレーダーという名の無職をしていた頃は、9時から16時までほとんどトレードしないで、夜の21時から23時の間にちょっとトレードをしておしまいということも少なくなかった。ということで、自分自身のFXの専業トレーダーだったころの生活リズムをパターン別に紹介していく。

☆パターン1.

朝9時に起床

朝9時から12時まで、二度寝

12時から午後16時まで、アニメ鑑賞。

17時にヨーロッパの経済指標でスキャる。

18時から24時まで、なにもしない。

24時に就寝。

当然朝は全然相場がうごかないのと、適当にポジションを取るリスクを考えて何もしない。昼も基本的に横横なので、相場をあまりみない。17時にヨーロッパの指標でスキャルピングをして、20PIPSくらい抜く。その後は勝ち逃げの要領でトレードはしない。

☆パターン2.

朝から晩まで相場のことを忘れて遊び倒す。トレードするチャンスがない日は基本的にポジらないで相場から離れるということも大事。

☆パターン3.

朝9時の指標でトレードするために朝7時に起床。

朝9時から12時まではトレード。

朝12時から18時までは昼寝とアニメ鑑賞。

18時から21時の間に食事と風呂を済ませる。

22時に発表の指標でトレードをする。

基本的にはチャンスがないときはトレードしないで何もしないということが大事だし、材料がないときに適当にポジションをもつと糞ポジになることが多いのでなにもしないということも大事。

パターン4

朝9時におきて相場のレートをチェック。

朝9時12時まで、ニュースやマーケット情報をくまなくチェック。

12時から18時まで、FX系の情報ブログやサイトを読みまくる。

18時から24時までは、トレードをするチャンスが来るかどうか様子見。

このパターンに関しては基本的に相場の情報を得ながら様子見をしていくというスタイル。むやみやたらにポジションをとるという初心者とレーダーが犯すことはしない。

FXの専業トレーダーに安易になるのは危険。

専業トレーダーになれば、収入源が一つになってしまうので、儲けなければいけないという欲がでてきてしまい、トレードが順調に以下なくなることもあるので、儲かるからという理由で安易に専業トレーダーにならないほうがいい。

専業トレーダーとして生き残るために大事なこと。

FXで勝利で大事なのは、トレードスキルでもないし、頭の良さでもなく、リスク管理です。リスク管理ができなければ、一度のトレードで失敗しただけで自分の資金を0にしてしまいます。リスク管理というのは誰でもできるものではなく、あまりに強欲な人や儲けたいというよこしまな心を持っている人はいつまでたってもリスク管理ができません。その理由は強欲な気持ちをもっていると儲けたいと思ってしまい、へんなところでポジってしまったり、儲けたいという気持ちが強いので、損を認めることができず、どんどん含み損をふくらませてしまい、気づいたときにはロスカットになってしまうからです。

FX専業トレーダーといえば、黒猫アイランドさん。

黒猫アイランドさんは学生のときに資金80万円からFXをスタートして今では億という金額をさらりと稼いでしまうカリスマ天才トレーダー。黒猫アイランドさんはツイッターやブログなので、FXのトレードのコツを公開しているので、これからFXを始めようかなという人は黒猫アイランドさんのブログやツイッターを読んでみてください。

僕も黒猫アイランドさんのブログを呼んだり、経済指標について勉強するようになってから、適当にポジションを取ることをやめましたからね。
スポンサーリンク



最後に

儲けたいというよこしまな心を捨てよう。

www.anizm.xyz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク