専業トレーダーで生きていきたいと思っていた頃。

超ど素人が極めるFX

学生の頃にハピタスでFXの口座を開くと1万円もらえるというキャンペーンにつられて、FX口座を開いてFXに挑戦した20歳の夏。あの頃の僕は、FXなんて上と下を当てるだけの簡単なゲームだろ、就職なんてしないでとっとと億万長者になってやるよ。と思っていた。しかし、現実は厳しく、資金10万円を2万円にすり減らして、ドロップアウト。

その後、アイフォレックスで40万を0カットにして、人生ってこんなに辛いものなんだろうかと思い悩んだ。40万を失った日から何年も経済指標やチャート分析をしたり、リスク管理について勉強しているうちにFXに勝てるようになり、収支をプラスにすることができた。

自分がFXで収支をプラスにすることができた理由は、相場で大きな金額を失うことで、ポジションを慎重にとるようになったのと予想を外したらすぐに損切りするようになったからだと思う。FXの収支はプラスにはなったけれど、FXを毎日やったり、ハイレバレッジで挑むことはしないので、大金持ちにはなれていないという現実がある。

なんで専業トレーダーになりたかったか?

FXの世界は自分の取る選択で、お金が増えたり、減ったりする自分の選択がすべての世界。FXという自分の選択がすべての世界に毎日入り浸り、自分がこの行動をとったから今回は儲けられたと利益が出た後に再確認したり、今回はどうして損をしてしまったのかと損をした後に再確認をしたりすることが好きだったから専業とレーダーになりたいと思っていたのはいうまでもない。

専業トレーダーになりたかったもうひとつの理由は若くして億万長者になりたかったという理由。若かった頃の僕はとにかく、金持ちがかっこよく見えて、億持っていれば仕事しなくていいからいいなあと毎日のように思っていた。でも、そんな金がほしいという気持ちでトレードをすると、金に目がくらみ、そんなところでポジションをとったらいけないだろうというところでポジションを取ってしまい、大損をぶっこくことも少なくなかった。

後は、黒猫アイランドさんという就職しないでFXで億という金を稼いで生きている人に憧れたことかな。

スポンサーリンク



最後に

FXはトレード中かなりストレスが溜まるので、あまりのめりこまないように。のめりこみすぎると、毎日為替レートが気になり、心が落ち着く時間がなくなります。そんなふうになりたくないのなら、FXをやらないほうがいいかもね。

www.anizm.xyz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク