女性に媚びる必要は無いよなという話。

[Tシャツ魂] 媚びる 筆で書いた文字Tシャツ (S, 白Tシャツ×黒文字(前面))

男性が女性から好かれるためにデートで食事代を払ったり、ショッピング代を払うことはほんとに無意味。女の子に物を奢ってあげたり、飯を奢ることなんて自分がわざわざやらなくても、他の男が勝手にやってくれることなんだからさ。。他の男ができることを自分がわざわざ女の子にやってあげる必要なんてない。。

女の子に食事や物を奢ったからデートできるっていうのは、男自身に価値があるわけではなく、女の子に食事や物を奢る男に価値があるといことにつながるわけ。だったら、デートする相手は食事や物を奢りさえすれば、自分以外の男でもいいということにつながるよね。

根本的な問題は女に物を奢るということにあるわけではなく、自分に魅力が無いということを補うために、女に物を奢っているという行動にある。その根本的な問題を解決するには、自分自身が魅力的な人間になって物を奢らなくても女性に会ってもらえる人間に成長することが大事。

僕自身もバカな男なので、女に食事を奢ったりプレゼントをすればするほど好かれると思っていた時期がありました。でも、相手には好きになれないといわれて振られた。このときに思ったのは男性は女に物をプレゼントしたり食事を奢ったからといって魅力的な人間にはなれないし、物を奢るだけの魅力0の人間を好きになる女なんてどこにもいないよなということ。

僕も女性に振られたことがきっかけで、女性に物を奢るのがスマートでかっこいい価値感が一気に崩れ去り、物を奢らないでも会う価値のある男にならないといけないなあという価値観に変化した。そんな価値観に変化したのはいいのだけど、人と関わるのがあまり得意ではないので、信頼できる女性とも出会えていないし、彼女もいないという悲惨な人生を送っている。

スポンサーリンク



最後に、

お前が誘ったんだから、食事も奢れよーというのは対等でもなんでもないし、奢ってくれなければ会ってすらくれない女に、奢ってまで会う価値はない。その女に会わなかった時間を有効活用して自分が魅力的な人間になれるように努力したほうがいい。なんでも言い合える対等な男女関係を構築していくならば、奢る必要もないし、いかなるときも割り勘でいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク