メルカリの手数料10パーセントのメリットについて書いていきたい。

メルカリの手数料10パーセントについて。

〔PR〕

フリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん

フリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

メルカリの手数料は10パーセント固定だけど、ヤフーオークションのように月額料金を取られるわけでもないのでおすすめ。ということで、メルカリの手数料10パーセントのメリットについて書いていきたい。

☆月額課金をしなくても普通に出品できるのはでかい。

月額課金のヤフーオークションだと毎月410円が経費として自分の元に降りかかってくるのは正直痛い。。

☆アマゾンは手数料が15パーセント以上のものもあるので、メルカリで出品したほうがお得な商品がある。

手数料のよしあしでメルカリで売るかアマゾンで売るかを判断していこう。

☆メルカリは今話題沸騰中なので、手数料分の値段を商品に上乗せしても普通に売れる。

いまのメルカリの話題沸騰中のときならば、少々値段が高く手も売れるので今メルカリを利用しなくていつ利用するという話になる。。

☆ヤフーオークションのほうが手数料が低くておすすめといわれているが、メルカリ人気を考えればメルカリのほうがおすすめ。

メルカリだとヤフーオークションで売れないものまでうれる。そのことからしても手数料を度外視できる面もある。

☆細かい手数料の計算をするより、利益を出すなら大量に商品を販売しなければならない。

とにかく商品を売って多額の利益を得るには、利益率も大事だけど商品をたくさんうらなければいけない。。メルカリであれば即効で商品が売れるので、モノをたくさん販売して多くの利益を得ることも可能になっていく。

☆メルカリの手数料には関係ないけど、ヤフーオークションは値段の吊り上げが可能。

ヤフーオークションは自分が儲かる値段まで複数アカウントをつかって値段を吊り上げて販売価格を高く設定することが可能。これはヤフーオークション運営には禁止されているが、ほとんどの業者がやっている。。

☆趣味でたまに物を販売している人からしたらヤフーオークションのように月額料金がかかる場所より、メルカリのような月額手数料が取られない場所でものを売ったほうが黒字化できる。

☆メルカリは手数料も取られて利益が減るので、在庫を抱えることなしでリスク0のアフィリエイトに比べたらリスクがでかい。

在庫を抱えるビジネスは商品が売れないということも普通に起こるし、売れ残ったら商品なんて損益でしかない。。それに比べてアフィリエイトは在庫なしでただ物をサイトでうるだけなので、赤字になることはない。そのことからしても損をしたくないならメルカリよりアフィリエイトのほうがおすすめ。

スポンサーリンク



最後に

メルカリの手数料も大事ですが、在庫を抱えないことも大事。在庫を抱えないために大事なことは自分が本気でほしいと思えるものを売ることに限る。自分が欲しいと思っているものは他人も欲しいとおもっていますからね。
www.anizm.xyz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク