正社員になると持ってしまいがちな考え。

正社員になると持ってしまいがちな考え。

正社員が没落する ――「貧困スパイラル」を止めろ! (角川oneテーマ21)

正社員になると、安定とそこそこの給料がもらえて、周りからも正社員で働いて偉いねーと褒められるので、仕事を辞めたいと思っても周りの評価を落としたくないのと今の給料が0になるのが怖いという恐怖感が生まれてしまい、仕事を辞めることができなくなってしまう。ということで正社員になるともってしまいがちな考えについてかいていきたい。

★バイトには戻りたくない。

バイトは時給600円から1000円という低賃金で働かされて、給料もめちゃくちゃ低い。そんなゴミみたいな待遇に戻りたくないと思えば思うほど、正社員にとどまりつづけるのだ。

★25歳超えてバイトは甘え。

25歳でフリーターをやっていると世間から正社員にならないでいつまで遊んでいるんだといわれる。または、就職したら??といわれる。ここで言う世間とは、家族、友人、親戚。このように正社員が辛くてバイトに逃げると周りから甘えた人間だという風に見られてしまうという厳しい現実がある。

★正社員になるとバイトを見下す。

正社員になると俺は正社員で幹部候補。バイトのやつとは違う特権階級だぜえと思ってしまい、非正規雇用者を見下すものも出てきてしまう。大きな枠でものごとを捕らえると正社員も社長に雇われているので、フリーターと大差ないのだが。。

★周りの声がすごい気になる。

毎日辛い環境で働いて、逃げ出せないで毎日苦しみ続けてしまう人がでてしまうのは、正社員という肩書きにこだわりすぎてしまう部分があるから。なぜこだわりすぎるのかについての理由は、仕事を辞めて周りの人に無職といったとき見下されるんじゃないだろうかとか、親戚に早く就職しろよといわれるんじゃないのかという理由があげられる。

★仕事を辞めて給料が0になるのが怖いから会社を辞められない。

仕事を辞めたいと思っても給料が0になるのを恐れて辞められないという人が多い。そう思わないためにも、正社員時代に副業をしていつでも仕事を辞めれるようにしておくとか、プライドを捨ててバイトでもいいから働くと決意を決めておくといいだろう。何事もリスクヘッジは大切。

★肩書きがない自分は無価値だと思ってしまうからどんだけ仕事が辛くても会社を辞められない。

正社員という肩書きをもっているだけで、まじめな人、優秀な人、努力家という風に人に見てもらえる。この肩書きを失って無職になれば、世間から怠け者、甘えた人、ゴミ、産業廃棄物と見られることもすくなくない。誰しもが怠け者、甘えた人、ゴミ、産業廃棄物になりたくないから、どんだけ辛い労働環境だろうが、逃げ出さずに我慢して働いてしまうのだ。

スポンサーリンク



最後に、

正社員になると安定と周りからの評価を得ることができる。でも、安定の周りの評価にこだわりすぎると、嫌な仕事でも我慢して続けてしまい、メンタルが崩壊するというデメリットもある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク