多少は思考停止しているくらいがちょうどいい

多少は思考停止しているくらいがちょうどいい

ブログを運営していて思うことは多少は思考停止しているくらいがちょうどいいかなということ。なんだかんだ検索順位を気にしすぎると少し順位がおちるだけでブログを欠く意欲がそがれてしまう。このようにブログ更新意欲をそがれないためにも余計なことを一切考えずブログをこうしんするべきなのかなと思うわけです。ということで多少は思考停止したほうがいい理由について書いていきたい。

★思考停止してブログ記事を書かねばと自分に思い込ませると一記事2000文字×10記事も達成できる。

ブログ記事を書くことに意味を求めたり、なんでブログ記事を書いているんだろうと思っていると次第に更新意欲が薄れていってしまう。やっぱりね、ブログを更新することには何の意味もないし、銭をかせぐためにやっていると思いこんでひたすら記事を書きましょう。やりがいとか理念とか下らんことをぐだぐだ考えているとブログに理念もやりがいもないことに気づいてしまい、ブロガーから引退してしまいます。

★起業プランを立てるのは自由だけど、やりたいと思ったら即行動。

プランなんて適当で十分。とりあえず、じぶんがやりたいと思ったら自分の感情に従って即行動するのがベストだと思う。なんも考えずに行動に移したら失敗するという意見もあるが、失敗をすればどこが悪いのかがよくわかるので、失敗してから悪い部分を改善してからでも遅くないと思うんだよね。

★テクニックはテクニックでしかない。

ブロガーの場合もどれだけテクニックを持っていても一日2000文字しか書かなければ、中堅ブロガーくらいにしかなれない。このようにテクニックがあっても作業しなければなかなかアクセスが稼げないのがブロガーというものなので、時にはテクニックなんてもんに頼らず、朝から晩まで記事を書くのもいいのかなと思う。

★感情に逆らうのはダメ。

僕の場合も、趣味で新しいことに挑戦しようと思うときがある。でも、どうせやっても一番になれないし、おれは無能だから無駄無駄とおもってしまうことがある。冷静になって考えてみると、自分が感情でやりたいと思ったことをやらない人生ほどつまらないことはないんだから、どんどん感情に従ってやろうと思ったことをやるべきなんじゃないのかなって。一番大切なのは一番とかじゃなくて自分の感情に忠実になることだと思う。

★成功したいなら無心になること。

ほんとにこんなに頑張っても俺の才能じゃ無理とか思うと努力という作業を一切しなくなるので、才能がないというネガティブな考えは持つべきではない。逆に才能があると思うと慢心につながり努力しなくなるので、才能があるとも思ってはいけない。結局は無心になることこそが成功への近道なのかなっておもうわけですよ。

★失敗したときのことは考えない。

一つのことで成功したいと思って時間を使っていると思うのが、失敗したらいままでの時間が無駄になってしまうと思ってしまうこと。そう思えば思うほど、成功したいと自分が思っていることに全力を出すことができなくなる。だったら思考を停止させて余計なことを一切考えずにただがむしゃらに頑張るのみ。

最後に、

思考停止状態のときのほうが余計なことを考えすぎず、しっかりと頑張れると思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク