大学を中退して起業する人生。

大学を中退して起業する人生。

大学には入ったけれど―大学中退をめぐる親子の壮絶バトル

自分自身は大学でしっかりと単位を取って大学を卒業した人間で、大学を中退して起業したいと思ったことはあるが、今では大学を中退しなくてよかったなあと本気で思っている。ということで大学を中退しなくてよかった理由について書いていく。

☆大卒であれば起業に失敗しても大卒以上の求人に応募できる。

起業してもほとんどの人が失敗するという厳しい現実がある。このような厳しい現実があるので、起業で失敗した後のリスクヘッジとして大学を卒業しておいたほうがいい。そうすれば、起業に失敗して再就職する際に大卒以上の求人に応募できて職種の幅が拡がる。

☆大学院に進学できる。

大学中退は高卒なので、大学院に入学できないという厳しい現実があるが、大卒であれば、試験さえ通れば、Fランク大学卒であっても大学院に進学できる。ということ大学院に進学するメリットについてかいていきたい。

1.学歴ロンダリングができる。

大学がFランク大学でも大学院で東大を卒業すれば、最終学歴が東大大学院卒になり、学歴コンプレックスを無くすことができる。

2.大学院に通えば、大学以上のレベルの学問を勉強でき、スキルアップにつながる。

大学院は本当に勉強したい人しか来ていないので、周りに触発されて本気で勉強することできる。本気で勉強した結果、スキルアップすること間違いなし。

3.自分のやりたい分野の勉強を思う存分できる。

せっかくこの世に生を受けたのだから、自分のやりたい勉強を悔いが残らないように頑張りたいよね。

☆就職したくなるかもしれない。

いきなりフリーランスになるのもいいけれど、会社を学校代わりに利用してスキルアップを目指すというのもあり。会社の場合、給料をもらえてスキルアップもできるし、学校で勉強するよりコスパが最高。

☆大学生活は楽しい。

大学で毎日おいしい学食を食べて、働かないで好きな勉強を好きなだけして、遊びたいときに好きなだけ遊べるのが大学生活。遊びも勉強も食事も満足できる生活を送れるのは大学生活だけなので、大学を中退しないで大学生活を満喫すべし。

☆新卒のプラチナ切符の威力がすごすぎる。

新卒のときにしか人生を充実させる可能性を秘めた企業に入社することができない。このような現実があるので、大学を中退せずに卒業して新卒で就職活動をするべき。

☆大学には部活やサークルでスポーツに本気で取り組むことができる。

大学は部活やサークルでスポーツに本気で取り組む環境があり、社会に出る前に精神力と肉体を鍛え上げることができる。部活やサークルで精神と肉体を鍛え上げることで、会社で働き始めて理不尽なことがあっても苦に思うことがなく、余裕で乗り越えられるようになる。

☆大学で友達ができる。

大学で知り合った優秀な友人が会社で出世すれば、コネを使って友人の会社で雇ってもらえるというメリットがある。

☆底辺を知ることができる。

大学生はいきなり正社員で働くわけではなく、バイトをしながら勉強するライフスタイル。バイトという単純労働で給料が糞安い社会の底辺を味わうことで、バイトで働き続けることがどれだけ給料に対するコストパフォーマンスが悪く、何もスキルが身につかないということを身を持ってしることができる。

☆大学で将来の結婚相手を見つける。

大学でサークルや部活に積極的に参加して運命の女性と知り合い、運命の女性と大学卒業後に結婚するのだ。大学で運命の女性と知り合うことで婚活パーティーや街コンにかかる費用を節約できるというメリットもある。

スポンサーリンク


最後に、

大学を中退するメリットが思い浮かばない。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク