ブログ=ベーシックインカムは正しくもあり、間違いでもある。

ブログ=ベーシックインカムは正しくもあり、間違いでもある。

ベーシック・インカム - 国家は貧困問題を解決できるか (中公新書)

ブログは検索上位を維持していれば何もしなくてもお金が入ってくるが、ライバルたちが追記を重ね価値ある情報をブログに書き始めるとライバルブログに検索順位を抜かれてしまい、何もしなくてもお金が入ってくる状態があっという間に崩れる。このような現実があるため、ブロガーは死ぬまで追記して検索順位をあげるために必死になるので、ベーシックインカムとは程遠い生活になる。でも、そんなに稼がなくてもいいやと思うなら適当な記事書きてそこそこの検索順位を維持してそこそこの報酬でいいならベーシックインカムになりうる。

ブログ専業で生きている限りはベーシックインカムにならない。

★ブログの検索順位なんてものはグーグルの意思一つで上がったり下がったりするので、永遠に安定することもないし、きづいたらすごい順位が落ちていて笑えないということも少なくない。このような不安定なもので生きている限りは、死ぬまで検索順位を維持させるための施策を行ったりしていかなければいけない。。

★ブログというものはグーグルからペナルティーをくらい、アクセスが激減していきなり儲からなく可能性があるものなので、ブログ専業で生きている人はサイトが飛んだらどうしようという気持ちがあり、サイトが飛んだときのために新しいサイトを作っている人が多い。このように、サイトが飛んだらどうしようと思い、新しいサイトを作っていたら遊ぶ時間なんてほとんどない。

上記の二つの理由から、ブロガーは毎日記事を書いたり追記をしなければいけないので、ベーシックインカムのようになにもしないで金がもらえるわけではない。
スポンサーリンク



まとめ

★ブログ記事を毎日かいて広告収入を得るということは苦労して記事をかいて自分の時間を削って報酬を得るので、労働と大差ない。ベーシックインカムは毎日なにもしなくてもお金が入ってくることだと思うし、記事書いて苦労している時点で、楽ではないのでベーシックインカムとはかけ離れているよね。

★適当に一サイトつくってなんも更新しないで放置なら記事も書かないでつかれることも一切ないので、ベーシックインカムになりうるとは思う。結局、毎日、作業して記事を書けば労働だし、一度サイトを作ったきり、放置してなにもやらないて広告収入を得ればベーシックインカムになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク