FXで損しているときの心情。

FXで損しているときの心情。

FXで大損ぶっこいたりして、天国も地獄も見ているのでその時の心情について書いていきたい。

★ユーロ円で低レバレッジで一円逆行しているときの心情。→まだ一円くらいで損も1万くらいで維持率も半端ないからいずれ戻ってくるから大丈夫だろう。

★ユーロ円で低レバレッジで二円逆行しているときの心情→まだ二円くらいで損も2万くらいだから。まだまだ耐えれる。余裕余裕。

★ユーロ円で低レバレッジで3円逆行しているときの心情→ついに三円も逆行した。損は3万円。もう戻ってこなのかなああ。。どうしよう。3万円もたった数日で失ってしまった。。このまま、もどってこなくて、一方通行相場がきたら損が10万に膨らみ、笑えないよ。やばい、吐き気がしてきた。

★ユーロの利下げで一日に5円動いたときに変動半ばの2円動いたときに逆張りショートをかまして即死したときの心情→つに俺の最強のショートがささったぜえええ。利益も一瞬だけど3000円のってる。。きてるよ。。。。5分後、パソコンの画面を見たら、あれ。3円うごいてるんだけど。。。300PIPSのマイナス。。。当然このときはハイレバレッジでやっていたので50PIPS動いたら0カットで、画面をみたら0という数字が並んでいた。

★雇用統計ギャンブルで大損したとき。→今回はにちゃんねらーも雇用統計でショートと言っていたからショートだろと思ってショートをぶち込んだら、見事に雇用統計の結果がいい結果になり、あっというまに40ピップス逆行されてポジションが真っ赤に。このときの衝撃はなんとも言えないものがあった。

★適当に高いから売ったNZドル円で80PIPS逆行。→適当にポジっても勝てるだろと適当にポジったっら見事に逆行して、全然戻ってくる感じがないのでマイナス80ピップスで逆行。たった一枚であったが一日で8000円を失うのは正直精神的に堪えるものがある。

★適当に高いから売ったユーロ円が一時マイナス40PIPSになったものの、戻ってきて+20ピップスになったときの心情→マイナス40ピップスの俺氏。やばい助けてええええ。マイナス20PIPSの俺氏、ようやく戻ってきたから何とかなりそう。マイナス10PIPSのオレ氏。はやくもどってきてくれえええええ。+20PIPSの俺氏。赤ポジだったことを忘れて天才かもしれん。。。

★FXをはじめて始めて適当にポジったらポジションが真っ赤に。→適当にユーロ円をポジって10PIPS逆行したときはマイナスになりたくないからもどってきてくれええといのったら見事戻ってきてくれて10PIPS勝利して1000円の儲け。このときはFXちょろいと思ったが、雇用統計で外しまくり、5万あった資金が4000円に減ったのは記憶に新しい。

★資金が10000円くらいに目減りし、クソおおお南アフリカランドドルしかポじれねえ。ということでランド円で勝負して最初は16PIPS勝利して資金を15000円まで増加させることに成功。しかし、次に予想を外しまくり資金が再び5000円に。そこで勝負を諦めて5000円を出金→このときの心情。ランドドルは指標もないので勝つのが難しすぎる。。そう考えるとドル円、ユーロ円はヌルゲーだわ。。
スポンサーリンク



最後に、

FXは恐ろしいものなので安易に手を出すのはやめましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク