大野将平選手金メダル獲得おめでとうございます。

大野将平選手金メダル獲得おめでとうございます。

f:id:akihiro5:20160818162401j:plain
過去に天理大学柔道部で1年生が練習中に水をのんだという理由で、上級生4名が1年生複数にビンタをして一名の1年生の鼓膜が破れてしまった傷害事件において大野将平選手は天理大学柔道部主将でありながら上級生4名のビンタ行動を止められなかったことが原因で停学処分になり、指定強化選手から外されてしまう苦難に立たされていた。しかしこの苦難を乗り越えて指定強化選手に復帰し、今回のリオデジャネイロオリンピックで柔道73キロ級金メダルを獲得。個人的には本当に大野将平選手金メダル獲得おめでとうございますと言いたい。

大野将平に関する柔道体罰事件と柔道の体罰について自分が思うこと。

個人的に大野将平選手が指定強化選手を外されたきっかけになったビンタ事件について思うのは、自分が子供時代に柔道をやっていた時にも練習中にみずを飲むなといわれて練習中に水を飲むことが柔道では御法度にされていたので、練習中に水を飲むなという規則を破ったらビンタくらいされてもおかしくないのかなと。。それくらい柔道の世界は練習中に水を飲むことは甘えという風習がある。後、柔道を習っていた時は先生にことあるごとにたわけええといわれてしごかれていたので、よく泣いた思い出しかない。

柔道の体罰問題。

柔道の練習中に水を飲んだら暴力をを振るわれるという一種のしごき行為が表に出たことで、天理大学は今後暴力沙汰事件を起こさないようにすると思うので 、ビンタ事件が世に出てよかったなと思うわけです。。天理大学のビンタ事件だけではなく、園田監督が女子強化指定選手にパワハラまがいのことをして告発されたりしているので、柔道界の体罰の闇は深い。

大野将平は過去に暴力行為をしていた。

最初は上級生4名がビンタをしている様子を見ていただけで自分はビンタしていないと大野将平選手は言っていましたが、天理大学の調査で大野将平選手が一年生部員に2回ビンタをしていることが判明。この時に自分が思ったのは、20そこそこの子供が年が3つくらいしか離れていない子供に体罰という名目でビンタする時点で調子のりすぎなんじゃないいの?ということ。もう一つ思ったのは、人を体罰で支配しようとするこの腐った性根を叩き直したほうがいいんじゃないの?ということ。このように柔道でいくら強くても人格が破綻している人間はたくさんいるので、武道で強いから人間的に立派とは別の話。
スポンサーリンク



最後に、
大野選手もボランティアをして人間的に改心したと思うので、今後暴力行為を二度としないでもらいたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク