FX 逆張りが大好き。

FX 逆張りが大好き。

超ど素人が極めるFX

FXは基本的に上がっているときは買って、下がっているときは売る順張りをすれば勝てるのについつい天井を狙って逆張りをして負けてしまうことがある。負けてしまうことがあるのになぜ逆張りをしてしまうのかについて書いていく。

★逆張りで天井をとることができれば、長期トレンド終焉の場合だと500PIPS以上を抜くことができて、短期でも30PIPSから300PIPSを抜くことができる。

一度逆張りで大きく勝ってしまうと順張りより逆張りのほうが儲かるから逆張りのほうがいいんじゃないかと思ってしまう。。冷静に考えると上がったら売ろうと思っている時点で上がることが確定しているのだから、素直に買えばいいんじゃないかと思う。そう思うのだけど、どうしても天井を取りたいという気持ちから順張りせずに逆張りをしてしまうのだ。。このように逆張りへのこだわりが強いと買うだけで簡単に利益が出るトレンド相場に参加することをしなくなり、損する可能性が高い逆張り手法でしかトレードをしなくなる。

★指標でどれだけ動くかを研究してスプレッドを下げれば逆張りでは基本的に勝てる。

大きな指標や大きな出来事が起きると400PIPS以上動くので、安易に200PIPS動いたところで逆張りしないことを徹底すれば0カットになったりロスカットになることはない。それか大きく動く指標があるときは相場に参加することを辞めると決めておくのも一考。。

基本的に危険度の高い日に相場に参加しないこととレバレッジを下げることの両方ができれば退場しないのがFX.でも、欲に目がくらんでハイレバレッジでトレードして退場していく人が多いのもFX.なにごとも欲を書かないことが大切。

★初心者はレンジの予想サイトの上限下限で逆張りをしたくなる。

僕もFXをはじめて1か月くらいの時は指標結果など一切みないでレンジの予想サイトの上限下限で逆張りをしまくっていた。トレード結果というと、予想サイトのレンジの上限近くが天井で落ちてこれば勝てるけれど、レンジの上限が天井ではなく、2円以上上に突っ走ると200PIPS以上逆行されて大赤字になってしまう。→ニートスズキ氏というFXで500万とかしたトレーダーも予想サイトのレンジの上限下限でポジションを取って逆行されて大損していたのは懐かしい思い出。ニート鈴木氏の場合はトレードがへたくそなのに枚数を多くとることが習慣化しているので、逆行して200ピップスもマイナスになったら一度に10万、20万は損していたような気がする。

★貯金三億円大先生も逆張りが大好き。

貯金三億円大先生も猛烈に下がっているときに買ってしまい、10000枚という大量に所有したポジションが真っ赤に染まり、3億溶かしたのは懐かしい思い出。普通に億の資産があれば、小さくポジションを取って逆張りすればいずれ戻ってくるので損することはないと思うのだけど、貯金三億円先生も資産を100億にしたいという欲望に勝てず大きくポジションをとってしまう。やっぱり、億マン長者になりたいさらに勝ち組になりたいという気持ちを持ってFXをやると常にハイレバレッジでポジションを取ってしまい、一度予想を外したら大損という事態を招くので、大欲は禁物。

★大きい流れで天井を取ったときの利益がやばい。。

ここ最近のドル円の天井は125円。125円で天井逆張りショートのポジションを持っている人は、今のドル円は99円なので、2600PIPSも
抜けているので、億万長者になっていること間違いなし。ということはこれは買われすぎだろと思ったときにある程度レバレッジを下げてトレードすれば、多少逆行しますが、退場することなく、大きな利益を上げることができるのではないでしょうか。
スポンサーリンク



最後に、
基本的に順張りは流れに乗るだけで簡単に利が乗るので、初心者は順張り一本でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク