努力しても無駄。

努力しても無駄。

超一流になるのは才能か努力か?

努力しても無駄ということについて書いていく。

★才能がないのに努力しても無駄。

どんな仕事、どんなスポーツでも一流になろうと思ったら才能がいる。才能がないのに一流になろうとするのは自由だけど、才能の壁に阻まれた時、人は絶望する。このように絶望しないためにも才能がないことでは努力しようとせずに、才能がある分野を見つけて才能がある分野で努力することが大切。

★夢は基本的にかなわない。

人間というのは基本的に自分の夢だと思い込んでいることに対する才能を持ち合わせていないことが多い。みんなが自分の夢を叶えられる才能を持っていれば世の中は夢が叶いましたハッピーという声であふれかえっているだろう。現実は夢を諦めてカラオケ店に就職しましたという声の方が多い。現実というものは自分が思っている以上に残酷である。

★努力したから夢が叶ったという超えに耳を傾けてはいけない。

努力したから夢が叶ったというスポーツ選手が多いが、明らかにフィジカルにも恵まれていたり、跳躍力がすさまじかったり、筋肉がつきやすい体だったりと、何かしら才能を持っている。。皆成功している人は才能持っているので、努力したからという言葉を正直に受け止めてはいけない。→どんな人でも才能を持っているので、努力自体を無駄と言っているのではなく、才能がないことで努力することは無駄。

★一番になりたいからではなく、好きだからやっているという意見。

才能がないけど好きなことだから努力して長いことをやっている意見。→趣味だったらその意見でいいけれど、好きなことを仕事にしていくなら才能がなければいけない。

★才能があるかは挑戦してみないとわからないけれど、才能がないと自分でわかったらやめるのも勇気。

長年続けていることこそが美徳という風潮が日本にはあるので、才能がないのに自堕落で何年もやっている人も多い。そういう自堕落でやっている人は、
才能がないということに早く気付いて才能がないことを さっさとやめて自分の得意そうな分野に挑戦したほうがいい。。得意そうだなと思うということは本能的に自分はこの分野に才能があると気付いている部分が多い。
スポンサーリンク


最後に

昔は何ごとも努力すれば成功できるという考え方を持っていたけれど、今では努力の仕方を間違えると成功できないということに気づいてしまったせいで、才能がないことを努力するだけ無駄という考えになってしまった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク