一人で遊ぶメリット。

一人で遊ぶメリット。

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)

基本的に友達と遊ぶと、自分の自由な行動もとれないし、友達の相手をしなければいけないので、遊び先で、新しい人間関係を構築することもできない。その現実にきづいてから一人で遊ぶようになった。もともと友達はそんなに多くないので一人で遊ぶことが大半だったりする。ということで一人で遊んで得られたメリットについて書いていきたい。

★自分の好きなところにいって自分のペースで遊べる。
自分が今、やりたいことを他者に相談することなく自由にできるし、遊びに行く場所についても友人の意見を聞かなくてもいいので、自分の行きたい場所に行ける。

★友人を遊び先で作ることができる。
基本的に一人でクラブに遊びにいったり、ポケモンGOをプレイしに行くと一人だとさみしいなと思ってしまうことがある。そういう時に、自分とフィーリングが愛想な人を見極めて話しかけると大体会話が弾む。ということがあるので、新しい知り合いを増やそうと思うなら一人で遊びに行くに限る

★疲れただるいと思ったらすぐに家に帰宅できる。これが最大のメリット。遊びにいくときはテンションが高くても途中で疲れて帰りたくなることもある。友人がいたら疲れても相手が元気の場合、なかなか帰りたいと切り出しづらくなり、帰りたいという意思を伝えられず疲れたままあそびつづけてしまい、帰宅後は疲労感マックスでベッドに横たわる未来が待っている。

★友人からしたらくだらない遊びでも自由にできる。たとえば、今日は散歩したいとか、今日はダンスを道端で練習したいとか、今日は川の近くにいって自然で心をいやしたいとかは運動嫌いな人やダンスやっていない人や自然を楽しめない人からしたらなんにも面白くないことなので、一緒にやろうといっても拒否られてしまい、友人に合わせた遊びをするはめになり、自分の意思を捨てて遊ばなければいけなくなる。僕みたいに他者にあわせるのが苦手な人は自然と一人で遊ぶようになってしまうのだ。。

★時間に縛られない。 友達と遊ばなければ何時何分に待ち合わせすることもなく、自由な時間に遊びに行けるので自分の好きなときに遊べて好きな時間に帰れる。。これは待ち合わせに遅刻してはいけないというプレッシャーからの解放であり、ヒトの心を時間から解放してくれる。

★他人ともめない。 友人と遊べば意見の不一致でもめてしまい、険悪な空気になることもある。そして気分が悪いままいちいちを遊ぶ羽目になることも。一人で遊べばだれとももめることがないので、一日気分よく遊べてしまう。
スポンサーリンク


最後に、
一人で遊ぶのさみしいボッチの奴だという風に思うかもしれませんが、一人遊びにもそれなりにメリットがあるのでリア充の諸君もたまには一人で遊びましょう★。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク