ポケモンGO 盗撮問題。

ポケモンGO 盗撮問題。

ポケットモンスター オメガルビー

ポケモンGOをやりながら公園を散歩していたらいきなりドーベルマンをつれているおっさんに何やっているんだと絡まれた。

俺氏ポケモンゴーをやっていますと言ったら、盗撮されているかと思ったわといわれ、盗撮疑惑賭けられた。

すかさず俺氏カメラは切っているので盗撮はしていませんと答える。そのあと、ドーベルマンに吠えられてビビる。

おっさんは怖くなかったが、本当にドーベルマンはこわかった。。

と本題のポケモンGO盗撮問題触れていく。

ポケモンGOでスマホを普通にいじっている状態でモンスターボールを投げるとポケモンにあたらない。そこでいらいらしてスマホを縦にしてモンスターボールをなげると簡単にポケモンにあたり、ポケモンGET。

ここでいらいらしてスマホを縦にすると盗撮疑惑をかけられるので注意。ホントにプレイして30分で盗撮疑惑をかけられて、マジでビビったしびっくりしたと同時にポケモンGOはトラブルの元だなと感じたので、トラブらないためにはスマホを人には向けない、カメラは切ることを徹底すべきだときづけた。

アメリカでは盗撮だと勘違いされて、不審者だとも思われてしまい、命を落とす人も出てきているので本当に自分が思っている以上にポケモンGOは危険でトラブル誘発アプリだということを常にあたまに入れてプレイしていくべき。

電車の中とで縦でスマホをいじっても盗撮だと間違われて、お前何盗撮してんだよとトラブルが発生していしまうので、電車内でポケモンGOをやるべきではない。

一つ思ったのはおっさんをスマホで盗撮したい奴なんてこの世に一人もいないんだからおっさんは自意識過剰すぎるなと。でもそういう自意識過剰なおっさんに絡まれるのはやっかいなので、カメラオフ、スマホを人にむけないは徹底すべきだよね。
スポンサーリンク



最後に、

ポケモンGOはこれから盗撮問題が社会問題になると同時に、歩きスマホ、スマホ自転車などの問題も社会問題になっていくでしょう。深夜3時くらいも
ポケモンGOをやっていたけど、深夜にも関わらず、公園が人でにぎわっていて、みんなポケモンGOにはまりすぎでしょと思った。

一つよかったのは、盗撮してんじゃねえよとマジ切れされたり、スマホよこせと言われたりして脅されずに済んだので、今回はトラブルにならなくてよかったなと思い、これからはカメラ切りを徹底して、ひとにスマホを向けることをやめようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク